ピクシブ百科事典

メタナイトボーグ

めたないとぼーぐ

メタナイトボーグとは『星のカービィロボボプラネット』に登場するボスキャラクター。
目次[非表示]

概要

星のカービィロボボプラネット』の4面「ギガント グラウンド」に登場するボス。
秘書スージーが連れてきた最新型のセキュリティマシンであり、プロダクトNo.は「M-7110」。

その正体はマザーコンピューターによってサイボーグへ改造されたメタナイト
今まで自分の意志で敵対していた彼にとって2回目の洗脳状態(1回目は毛糸のカービィ)でカービィを襲う事になってしまう。
体にセキュリティマシンが取り付けられており、肩当てにはそれぞれ二つのミサイル発射口
仮面にはモノアイのようなパーツが追加され、剣に関しては展開した際の形状こそ似ているがエネルギー状になっている等の点で変化している。
仮面の形状や模様、靴の色なども変化し、翼に至っては翼を模した見た目のジェットパックのようになっている。
また、用途が一切不明な謎の赤いパーツが背中から体を覆うようについている。
戦闘は従来の剣やそこからの遠距離攻撃を使った技がメインだが、竜巻斬りやトルネイドアタックが電気属性に変異した「竜巻雷鳴」や「スパークトルネイドアタック」に加え、肩当てから撃ち出される「ショルダーランチャー」、モノアイの様な機械から発射される「アイビーム」、身体に電気を纏って歩き迫る「プラズマウォーク」等の機械的な攻撃パターンが追加されている。
この時点での戦闘では倒しても画面奥から落下するだけで、その後はハルトマンワークスカンパニーに回収される。
スージー曰く、この際になんとスクラップと呼べる程になっていたらしい。

メタナイトボーグ改

6面「アクシス アークス」のボスの一体として強化改造を施された状態で再戦することになる。
肩当てや靴を中心に赤を基調としたカラーリングに変化している他、あの謎の赤いパーツがややサイズアップしている。
勿論戦闘面は強化されており、ミサイルの弾数やビームのサイズアップに加え、ダークメタナイトが使用していたグライドソードや画面奥からの竜巻斬りの竜巻雷鳴バージョン、エネルギー状の剣を巨大化させて使う
メガビームソード」といった新たな行動パターンが追加されている。

スジメタボ


体力がある程度削られると画面奥に飛び去り、あの赤いパーツを展開、巨大なアーム「バックアームズ」に変化させる。
背中からバックアームズを生やしたメタナイトボーグはまるでサソリのような異形の姿となり、最早メタナイトとはかけ離れた戦闘マシンとなる。
アームを展開した後は、アームで殴りかかる「アームズパンチ」や「ラッシュパンチ」、アームで掴み激しく振り回す「アームズホールド」、アームで自らの体を持ち上げ、画面奥や手前に移動させた本体から剣ビームを撃つ「アームズグリップ」など、更に激しい攻撃パターンが追加される。

しかし、この形態になるとガードを一切しなくなる上にアーム全体にも当たり判定が存在するので攻撃を当てるのが容易になる。動きもよりパターン化されるため、バックアームズは大きな弱体化も伴ってしまう諸刃の剣と言える。

撃破すると自我を取り戻して去って行くのだが、その際に本編シリーズではドロッチェ団以来(リメイク・外伝作品も含めるとあつカビのミニゲーム「空中探検隊EOS」以来)、そして3Dモデリングでの出演作品では初の仮面割れが発生し、久々にメタナイトの素顔を見ることができる。
その後のメタナイトの姿を見る限り肉体への改造は行われていなかった模様(機械のパーツを被せたレベルだろうか)。

BGMは通常のボスBGMではなくSDX「メタナイトの逆襲」のVSメタナイト戦のアレンジBGM
毛糸のカービィ以来のアレンジとなる。
正式BGM名:己が精神の戦い


強化量産メタナイトボーグ

量産機


メタナイトが主役の隠しモードではメタナイトボーグ改をベースにした実用化すれば量産することを視野に入れたセキュリティマシンの試作型が登場。ベースのベースとも言えるメタナイトと戦うことになる。
量産化が検討される辺り、メタナイトボーグはカンパニーに気に入られたのだろうか。

灰色を基調としたカラーリングになっており、無印メタナイトボーグやメタナイトボーグ改では紫色だった剣は青色になっている。
攻撃パターンは改とほぼ同じであるが、より激しくなった攻撃もある反面、無印と同程度に弱体化した攻撃や完全にオミットされた攻撃も存在する
そのためメタナイトボーグ「改」の強化型とは言えないのが特徴である。

本編で無印が登場した4面「ギガント グラウンド」にボスとして登場する他、「真 かちぬきボスバトル」でも登場し、カービィとも戦うことになる。

余談

  • セキュリティマシンを搭載した事に依る重量増加の為か、戦闘時には彼本来の機敏な動きは生かされていない。また、ガード頻度の減少パターン化された動き、更には隙の増加巨大化する当たり判定など、実は様々な面が弱体化している。そういった弱体化を皮肉って、「メタボ」という不名誉な渾名で呼ばれることもある。ダメタといいガラクタやしいたけといい、ナイト系ボスにはろくな渾名がつかないものである。
  • メタナイトボーグ改のBGMが己が精神の戦いとなっていることから、一部では「改造後も洗脳に抵抗していたのでは」と推測する声もある。ゲーム内ではそのような描写は見られないが、毛糸のカービィで洗脳された時は洗脳に抵抗していたのであり得ない話ではないのかもしれない。
  • 1度ステージボスとして登場し、終盤で強化されて再登場、計2度戦うことになるというのは、鏡の大迷宮におけるダークメタナイトと共通する。
  • 上記の説明でも少し触れたが、実はメタナイトボーグの背中のパーツとメタナイトボーグ改(強化量産メタナイトボーグ)のとでは形状やサイズがやや異なる。アームを使わないメタナイトボーグのパーツは改や強化量産と比べると引っ込んだような形状になっている。ただ、アームの指の部分に当たるパーツはこの時点で付いており、この時点でアームを取り付ける準備工事をしていたのか、はたまたはよく似たプロテクターを着けていただけなのかは不明である。いずれにせよ、モデルの細かい所にまで差をつけるスタッフの拘りっぷりが窺える。


関連項目

星のカービィロボボプラネット メタナイト クローンデデデ ウィスピーボーグ

pixivに投稿された作品 pixivで「メタナイトボーグ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 30526

コメント