ピクシブ百科事典

ウィスピーウッズ

うぃすぴーうっず

ウィスピーウッズとは、星のカービィシリーズに登場するボスキャラである。
目次[非表示]

概要

の姿をしたキャラクターで、だいたいの作品では、ステージ1のボスとして登場している。
ただし、コロコロカービィだけは例外で別のレベルへワープさせてくれる役割を持った味方キャラとなってる。
親しみやすい外見から人気がありほとんどのシリーズに登場しており、ボスとして登場しない作品にも背景キャラ等で出ている。

基本的戦法としては、口から空気弾を出したり、頭上からリンゴを落としたりしてくる。
ただし、一部のシリーズではリンゴ以外にもナスやニンジン等のほかの植物や、ゴルドーなどの障害物や毛虫などを落としてくることも。
ほかにも、2体で出てくるツインウッズや、子供と思われるウィスピーJr等の派生キャラも多い。

ほとんどは1面ボス兼ボス戦の練習という立ち位置であるため非常に弱い。
例外はGB版の第1作目でのエクストラゲーム。
ハイペースで落下物を降らせ、その内容は1/2という高確率でゴルドー。
そのゴルドーは2発も命中すればカービィを死に至らしめる強さ。
そして、見て避ける事は不可能なスピードで吐き出される空気弾。
一方でカービィはまだコピー能力のシステムがなかったため、殺人鬼のようなゴルドーの雨の隙を縫ってリンゴを吸い込んで当てなければならない。
こんなのどうしろと···。

ちなみに、まだカービィがティンクル・ポポだったときは「バスターウドォ」と呼ばれており、「歩けない彼は退屈そのもの」とかかれているが、3では第二形態の時歩けるようになり、後述紹介する関係不明のアイツに至っては大ジャンプをする。

ロボボプラネットではハルトマンワークス社によってサイボーグ化された「ウィスピーボーグ」が登場。またミニゲーム「みんなで!カービィハンターズ」ではサイボーグ化されていない通常のウィスピーウッズがボスの一人として登場。画面奥から空気弾を発射したり、手前に向かって元気よく飛んで来てカービィを押しつぶそうとするなど後述のアイツのように木とは思えない跳躍を見せる。

アニメにおけるウィスピーウッズ

CV:細井治
プププランドのはずれに広がる森の王様の木(種類はリンゴ)。
彼の名前を取ってこの森は「ウィスピーウッズの森」と呼ばれている。
(森の存在を知っているのはフームやモソじいさんしかいない。)

初登場は第5話で、最初はカービィ達をデデデ大王の嘘によって自分の森を伐採しようとする敵だと思い、カービィと戦うことになるが、誤解が解決した後はカービィやフーム達に協力的な存在となり、カービィやフームたちの助けを借りながら森を守り続けている。
対して森の伐採に失敗したデデデ大王は懲りずに何度もゴルフ場を造ろうと森に魔獣を送り込んだりするが、全て失敗に終わる。

また、アコルという老木が登場するが、ウィスピーは彼の知り合いでもある

酷似したキャラクター

キングゴーレム

鏡の大迷宮1面ボスとして登場。レンガの体でウィスピーウッズと同じ顔をし、似た能力を持つ。

ウィスピーフラワーズ

トリプルデラックス1面ボスとして登場。浮遊大陸フロライドにある花がタランザの魔法で変身した姿。
ただしこちらのウィスピーフラワーズはキングゴーレムとは違ってウィスピーと同じく植物のキャラクターである。
・・・・・・・植物とは思えない跳躍をするが。

関連イラスト

VSういすぴーうっず



関連タグ

星のカービィ カービィ
ウィスピーフラワーズ キングゴーレム ウィスピーボーグ アコル
じんめんじゅ
人形の国のバレリーナ プリキュア映画作品、背景によく似た木が登場する

pixivに投稿された作品 pixivで「ウィスピーウッズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 275024

コメント