ピクシブ百科事典

ブライディ

ぶらいでぃ

ブライディとは、特撮番組『超人機メタルダー』に登場するネロス帝国の軍団員の一人。
目次[非表示]

概要

CV:渡部猛(~33話)、加世幸市(28話:人間態)、依田英助(34話)
ネロス帝国モンスター軍団豪将(副軍団長)で、蜘蛛の能力を兼ね備えたモンスター。俊敏な動きと鋭い爪と牙による肉弾戦を得意とし、更に爪から発射する光弾や、背中の蜘蛛の部分から吐きかける糸など、飛び道具も多く備える。

その本体は狼の背部に共生している蜘蛛の部分にあり、例え狼の身体が倒されても、蜘蛛の部分が生きている限り何度でも復活が可能。人間の姿にも変身でき、獰猛ながらも頭の回転の早さを活かし、スパイや暗殺任務を主に担当する。人間態ではカギ爪のみを変化させることも可能で、爪の部分を飛ばして攻撃するシーンも見られた。

モンスター軍団の凱聖ゲルドリングメタルダーとの直接対決を避ける分、軍団員を率いてメタルダーと激突する。

過去にゴッドネロスの命を受け、ネロス帝国の創設に加担しながらもその野望に恐れを抱き、彼のもとを去った後に伊集院財閥を興して財を成した伊集院宗孝とその関係者の抹殺に従事しており、ネロス帝国に押収された伊集院秘蔵のコレクションを狙う怪盗レッドパンサーが現れた際には、過去の任務に対する自負から彼女を捕える任務に名乗りを上げている。このことから寿命が短く設定されているモンスター軍団の中でもかなり永く帝国に所属していたことが伺える。

ゲルドリングがメタルダーに敗れた後はアメリカにスパイとして派遣され、古賀博士の足跡を追っていた仰木信吾の動向を監視、第34話にて彼が日本に帰国した際には娘の諸共誘拐しようとしたがメタルダーによって阻まれる(同話によれば長いこと追跡していたとのこと)。

自らの過去が露見するのを恐れたゴッドネロスはブライディに信吾の抹殺を命じ、流星と共に古賀博士の墓を訪れた彼を襲撃するも再び失敗。その後、戦中にシンガポールの刑務所に勤めていた警備員の草野から真相を伺うべく信吾らが訪れるのに先んじて草野を襲撃したヨロイ軍団の凱聖クールギンの撤退と共に現れメタルダーと交戦。レーザーアームを受けてあえなく倒されたかと思いきや背中から分離した蜘蛛によって蘇生。2対1の攻撃でメタルダーを翻弄するが、最終的に本体の蜘蛛がレーザーアームによって両断され、直後に狼の身体も力なく地面に倒れ伏せ消滅した。

余談

背中のクモ部分が分離する点も含め、当初は放送当時にバンダイより発売されていた「ゴーストバンクシリーズ」にてフィギュア化される想定でデザインが起こされていた(しかしながらモンスター軍団で発売されたのはゲルドリングのみに留まった)。

ゲルドリングがクールギンに嫌われていたのに対し、28話にではゲルドリングにではなくクールギンから指示を受けていた上に34話では共に作戦に従事し、15話にて爆闘士ガラドーウィズダム拉致に協力してもらい「ついでにお前達の恨みも晴らしてやる」とフォローしていたことからヨロイ軍団との関係は良好だったことが伺える。

第32話にてゲルドリングがクールギンの策略で一時退場になった時に暴魂バンコーラ共々いつの間にか姿を消していたので、ファンの間では「実力はゲルドリングより上だが、ゲルドリングの性格上面倒なので豪将に留まっており、実はクールギンと密約を交わしていたのでは?」という見解がなされている。(メタルダー相手に奮闘したヘドグロスがみそっかす扱いの下っ端で、シリーズ通して良いとこなしのダムネンザケムボーの方が地位が上な軍団だし)

雑誌『東映ヒーローMAX』内の記述によれば、第28話で倒されたのが初代、第33話まで登場したのが2代目、そして第34話に登場したのが3代目とされている。

関連タグ

超人機メタルダー ネロス帝国 モンスター軍団 豪将  蜘蛛

pixivに投稿された作品 pixivで「ブライディ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 105

コメント