ピクシブ百科事典

メタルダー

めたるだー

剣流星の体内に秘められた全エネルギーが感情の高まりと共に頂点に達した時、彼は超人機メタルダーに瞬転する!
目次[非表示]

「怒る!」

メタルダーとはメタルヒーローシリーズ『超人機メタルダー』の主人公にして剣流星の本当の姿である。

概要

メタルダーは人間と同じような思考ができる「自省回路」を持っている。これはメタルダーに内蔵されているもう一つのコンピューター「戦闘回路」と対を成すもので、メタルダーの心の成長によって自省回路がレベルアップすると釣り合いを保つため戦闘回路もレベルアップするようになっている。分かりやすく言えば、メタルダーは心が強くなると同時に戦闘力も強くなるのである。そのため、戦闘能力のみを追求する形で心が伴わない強化は不可能であり、一種の安全装置の側面を持っている。

また、銃や刀剣類などの武器は持っておらず、己の五体を武器にしている。超重力エネルギーを利用したG(グラビティ)キックや高速でスピンしながら両手でパンチを叩き込むメタルボンバーなど数々の技を持つが、中でも代表的なのが腕にエネルギーの刃を作り出して高速で振動させ、対象物を一刀両断する必殺技・レーザーアームである。

初期はエネルギーの刃を小指から肘にかけて発生させていたが、後の回ではエネルギーを前腕部全体に纏うようになった。また、第7話では両腕にレーザーアームを発生させ、連携攻撃を仕掛けるタグ兄弟と渡り合うシーンも見られた。第17話からは発動時に「レーザーアーム!」と叫ぶようになり、エフェクトも大幅に変更されている。この変化は心の成長によるものといえるだろう。

ボディは感情で性質が変化するといわれる特殊合金サイコメタル製で、動力源には古賀博士が発見した超重力エネルギーKOGA-Xを使用。ベルトの超重力制御装置でエネルギーをコントロールし、流星の姿の制御やメタルダーへの瞬転を司っている。

この装置が損傷すると超重力エネルギーが暴走を起こし、地球を吹き飛ばしかねない程の大爆発を起こしてしまう(超重力エネルギーは一種のブラックホールを封じ込めたものと言われているため、万一暴走すると地球を消滅させてしまう危険性がある)が、終盤でのゴッドネロスと戦いの最中に超重力制御装置を損傷したメタルダーは八荒に装置の破壊を頼み、その願いを聞き届けた八荒はクールギンの剣を装置に突き立てて破壊、メタルダーは自らの能力と流星の姿を引き換えに地球の破壊を防いだ。

容姿

金属男


赤い左半身と青い右半身のメタリックな質感のロボットで、右半身は機械や回路が剥き出しとなっている。アシンメトリーなデザインと自省回路の設定は『人造人間キカイダー』のオマージュである。
キカイダーが「人間とは一体何か?善と悪とは何か?」というテーマを追い求めたヒーローであったのに対し、メタルダーは「己とは一体何であるのか?生きるとは何か?」というテーマを追求したヒーローであると言えよう。

関連タグ

超人機メタルダー 剣流星 トップガンダー
人造人間キカイダー スーパーヒーロー作戦
イングラム・プリスケン  ヴィレッタ・プリスケン
待ちたまえ君たち

関連記事

親記事

超人機メタルダー ちょうじんきめたるだー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「メタルダー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 167226

コメント