ピクシブ百科事典

ゴッドネロス

ごっどねろす

ゴッドネロスとは、特撮番組『超人機メタルダー』に登場する悪の組織・ネロス帝国の首領。
目次[非表示]

概要

CV:渡部猛
世界最大の秘密組織ネロス帝国の頂点に君臨する闇の帝王。表向きは桐原コンツェルンの総帥・桐原剛造として社会的地位や名声を得ているが、秘書KSに「私を夜の闇に包め」と命じて周囲が暗くなると、醜悪なゴッドネロスの顔に変貌する。

その実態は世界的な死の商人であり、各国での紛争への軍団員の派遣・武器密売・テロ行為などで莫大な収益を獲得し、やがては世界を手中に収めんと目論んでいる。

冷酷無比だが、功績を上げた者は昇格させて自ら褒美を下賜するなど(もちろん失態を犯した者は降格)、信賞必罰には公正な態度で臨んでおり、これが軍団員のモチベーションとなって、厳格に格付けがなされた帝国の階級制度を支える基になっている。

もっとも、クロスランダーの言い訳を鵜呑みにしてゴブリットデデモスを降格させたり、ゲルドリングの讒言を確認もせずに信じ込むなど、全ての部下の裏の裏まで把握している訳ではなかった様子。

一方で組織を裏切った者に対しては容赦せず、直属の処刑人であるタグスキータグスロン兄弟を向かわせて抹殺させる。見せしめの為か、トップガンダーバーロックが裏切った時は、軍団総出での追撃部隊に後を追わせ、機甲軍団による容赦ない集中砲火で葬ろうとしていた。

正体

その正体は太平洋戦争にて旧日本陸軍の技術少佐を務めていた村木國夫という男であり、古賀博士の超人機計画にも助手として参加していた過去を持つ。

だが、連合軍の捕虜を使った非人道的な人体実験が明るみになり、それに気づいた古賀博士は彼を超人機計画から追放。BC級戦犯としてシンガポールの刑務所にて絞首刑に処されるが、関係者を買収し逃亡を図った。その後はアメリカに渡って世界最大の犯罪シンジケートの一員となり、自らの顔を整形して桐原剛三を名乗る。世界中の犯罪組織を取り込んで莫大な富を手にした彼は、それを元手に現代科学の粋を集めネロス帝国を築き上げたのだった。

関連タグ

超人機メタルダー ネロス帝国

pixivに投稿された作品 pixivで「ゴッドネロス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 404

コメント