ピクシブ百科事典

クロスランダー

くろすらんだー

『超人機メタルダー』に登場する戦闘ロボット軍団員。
目次[非表示]

概要

ネロス帝国戦闘ロボット軍団に所属するガンマン型ロボット。最初の階級は爆闘士だったが、南米で帝王ゴッドネロスの狙い通り暴動を引き起こして帰国、その手柄によりネロス帝国を抜けたトップガンダーと同じ暴魂に昇格し、新型銃も下賜される。

性格は卑怯。二丁拳銃を使うようになってから「どうやっても当てればいい」と主張するが、前からそうと思わすものがある。一撃必中が信条のトップガンダーを忌み嫌い、逆に彼からも「薄汚いドブネズミ」と呼ばれている。
部下であるゴブリットデデモスに失敗の罪を擦り付け、強闘士から軽闘士に格下げさせた上、失態をさらした際には執拗に叱責しているが、後述のように自分がメタルダーに敗れた時は恥も外聞もなく許しを請い、何とか命拾いするなど、器も小さく世渡りだけが上手な様子。

強化改造後は頭部に隠し銃を装備される。劇中では披露されなかったが、篭手は光線の弾道を変える反射鏡として利用できるという設定があった。

トップガンダーを庇う他の戦闘ロボット軍団員とも衝突しがちだが、一応軍団員としての自覚はあり、4軍団対抗の大運動会では軍団の勝利に貢献しようとしていた。

足跡

第16話で初登場。北八荒の意外な活躍もあってメタルダーに惨敗し、本来は処刑のところをトップガンダーへの憎悪を買われたのか、帝王ゴッドネロスへの見苦しい哀願が通り、隠し銃を備えた頭部に強化改造される(ただし、デザインは以前よりシンプルになった:メイン画像参照)

第33話では多数の軍団員とのもみ合いで消耗したトップガンダーをこの機会を待っていたと言わんばかりに捕らえ、メタルダーを誘い出す囮とされた彼を嬲っている。トップガンダーの偽者も使ってメタルダーを倒して一気に凱聖になろうとするが、レーザーアームの一閃に散る。

余談

性格は最悪と言う他ないが、バルスキーは部下達を思い返した際、彼についても手段を選ばぬ非情さとゴブリットとデデモスを使う手腕は評価しており、どのような部下であれ、客観的な評価を下せるバルスキーの理想の上司ぶりが窺える。

関連タグ

超人機メタルダー ネロス帝国 戦闘ロボット軍団 トップガンダー

pixivに投稿された作品 pixivで「クロスランダー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 822

コメント