ピクシブ百科事典

ヤミクモボーマ

やみくもぼーま

ヤミクモボーマとは、『高速戦隊ターボレンジャー』に登場する敵怪人で、流れ暴魔ヤミマルの配下の中では最後の暴魔獣である。
目次[非表示]

CV:丸山詠二

概要

暴魔獣の1体で、武蔵坊弁慶を思わせる風貌の蜘蛛と言うべき姿を持つ。

流れ暴魔ヤミマルの切り札的存在あり異空間に相手を引きずり込む他、蜘蛛の糸流星銃ヤミ鎌ヤミ弓と言った多彩な武器を操って戦う。

活躍

暴魔百族が108の暴魔獣を封じる大封印を解かんとしている中、人間と暴魔双方の支配を目論むヤミマルと彼に従うキリカの手で、ヤミクモとしての封印を解かれて復活する。

ヤミマル「ネオラゴーンなどに負けるものか!人と暴魔、2つの世界を支配するのは、流れ暴魔だという事を見せてやる!」

その後、大封印の在り処を探るズルテンとウー、そしてターボレンジャーの間にヤミマル達と共に割り込み、主が5人の説得を跳ね除けると同時に戦闘に突入。
戦いの最中、大封印の妖気の影響で5人の変身が解けると、キリカに駆け寄るに襲い掛かるも洋平達に阻まれて2人を逃がしてしまう。

やがて発生する地震と共にズルテンやウーラー兵達が大封印の場所に目星を付ける中、ヤミマルが力を一騎打ちの末に追い詰め、キリカに止めを刺させようとするも、彼女は既に力の説得によって迷いが生じ、戦意すら喪失していた。其処へ洋平達が駆け付けて来ると、例え1人になっても最後まで戦い抜かんとするヤミマルに呼ばれたヤミクモボーマは、改めて変身した5人と交戦。
自身の作り出した異空間にレッドを引きずり込んで追い詰めるも、結局はGTクラッシュを受けて撃破される。

直後にヤミマルの放った暴魔再生巨大化光線巨大化再生すると、ターボラガーを蜘蛛の糸やヤミ斧、流星銃と言った自前の武器でターボラガーを畳み掛ける。
だが、ヤミ鎌で襲い掛かった所へバトルボールを投げ付けられて怯み、逆にヤミ鎌を奪われ鎖で翻弄された末、止めのスクリューラガーキックを叩き込まれ爆散した。

だが、大封印の扉は既にズルテン達に発見されており、今まさに解かれる寸前であった……。

余談

本編でヤミマルが従えた最後の暴魔獣となった。

モチーフは土蜘蛛武蔵坊弁慶で、『百化繚乱上之巻]』によると元々はヤミマルに武器を渡すキャディ的立場の暴魔獣として考えられていたが、ゲスト怪人として出る事になった為に弁慶っぽさを強調して現在のデザインになったらしい。

声を演じた丸山氏は本編にて第2話のイワガミボーマ、第6話のペロペロボーマ、第11話のウーラーボーマ、第15話のダルマオトシボーマ、第38話のジゴクエボーマ、そして第42話のデビルボーマの声を兼任していた。次回作の『地球戦隊ファイブマン』ではモグラルギンの声を演じている。

関連タグ

高速戦隊ターボレンジャー 暴魔百族 暴魔獣
土蜘蛛 武蔵坊弁慶

ザ・マザラス:『超新星フラッシュマン』に登場した蜘蛛モチーフの先輩。同モチーフのヤミクモボーマが登場するまで3年のスパンを要した。

壊力坊:『星獣戦隊ギンガマン』に登場する弁慶繋がりの後輩。

関連記事

親記事

暴魔獣 ぼうまじゅう

兄弟記事

コメント