ピクシブ百科事典

ジャシンボーマ

じゃしんぼーま

映画『高速戦隊ターボレンジャー』に登場する怪人・暴魔獣の一体。(イラスト左)当項目ではその息子であるジャシンボーマJr(イラスト右)についても解説する。
目次[非表示]

「それでこそわが息子よ!2万年もの間、こんな所に封印された怨みを、晴らしてやるのだ!この地獄の炎でなぁぁっ・・・!」

「ジャシンボーマは不死身!」
CV: 依田英助
登場話:劇場版

概要

暴魔百族に属する魔獣・暴魔獣の一体にして、不死身にして無敵なる暴魔の守り神。
口から地獄の炎を発し、周囲を火炎地獄に変える。あまりの力ゆえ、妖精が死せる時に放たれる「命のオーラ」でなければ封印できない。
2万年前、ラキアの尽力と妖精フローラの犠牲によって、2本の神聖封印の下、鎖で幾重にも巻いた上で地下牢に厳重に封じ込められた。

復活の暁には、暴魔城に自身の炎を送り込んで一気に地上へと放ち、地球上全ての命を根絶やしにせんとした。

活躍

息子であるジャシンボーマJrの尽力によって2つの神聖封印が破壊されついに大復活を果たし、すぐさまターボレーザーすら受けつけぬ圧倒的耐久力と圧倒的火力を見せつけた。

その後は息子の指揮の下、暴魔城に自らの炎を送り込むが、自ら封印のため命を散らそうとするシーロンを犠牲にさせまいとターボレンジャーが駆け付け、幹部全員と共に彼らを迎撃。
イエロー・ブルーを触手で拘束してJrに斬らせるといったコンビネーション攻撃や、触手からの電撃、火炎放射でターボレンジャーを5人同時に苦しめた。
しかし奮戦する彼らのコンビネーションアタックを喰らい、レッドの太刀の前に負傷する。

そして、息子を生きたまま喰らうという衝撃的な方法で巨大化を果たす。
ターボロボを火炎放射で苦しめるも、最後はターボクラッシュの前に爆散した。

ジャシンボーマJr

「おお父上!偉大なるジャシンボーマよ!この刀の威力で、ジャシンボーマJr、命に代えても必ず出してご覧にいれまするぞ!」
CV: 広森信吾
登場話:劇場版

その名の通り、ジャシンボーマの息子。父の封印を解くべく暗躍し、動く眼のついた短剣を武器とする。

ウーラーと共に儀式を行って神聖封印を地上へ顕現させた上で破壊し、ついに父の復活に成功。父との連携攻撃でターボレンジャーを圧倒するも、最期は父に喰われるという衝撃の末路を辿った。

余談

映画版ということで気合の入ったデザインにすべく、ジャシンボーマは2人のアクターが入って操演を行う、重厚な造形となった。また、Jrは父と対照に、小さ目に造形された。

関連タグ

暴魔百族 暴魔獣

関連記事

親記事

暴魔獣 ぼうまじゅう

兄弟記事

コメント