ピクシブ百科事典

スモウボーマ

すもうぼーま

『高速戦隊ターボレンジャー』に登場する怪人・暴魔獣の一体。
目次[非表示]

「よぉし勝負だ!あドスコイ!あぁドスコイ!」
「横綱ターボロボ!ばんざ~い!!」

CV: 神山卓三

登場話:第21話「ドスコイ勝負」

概要

暴魔百族に属する魔獣・暴魔獣の一体で、相撲を得意とする暴魔百族一の力持ち。
元々は荒々しい性格でその怪力を武器に古代の人間達を相手に暴れ回っていたが、聖獣ラキアに敗れ『道』の一字が描かれた化粧廻しを授かってからは、純粋に相撲を楽しむ善良な性格となった。善玉怪人の一人である。

技・能力

服を脱がす光線

その大きな顔の中心、鼻のあたりから黄色い光線を発射する。後述のマワシ飛ばしの準備技。命中した人間は身に着けていた服が次々と脱げて飛んでいき、丸裸にされてしまう。

マワシ飛ばし

顔の両脇から多数の黒い廻しを発射。裸にした人間達に装着させ無理やり相撲取りにしてしまう。相撲の性質上、劇中では男性しか狙われなかったが、ターボレンジャーとの戦闘では他の四人と一緒にピンクターボもこの技の餌食になり、スカートの上からマワシを締めた格好を披露する事に。

奥の手

巨大化させられターボロボと戦った際に見せた文字通りの奥の手。巨大な顔面から中の人…もとい隠し腕が飛び出し強烈な張り手を見舞う。命中したターボロボを大きくよろめかせるなど威力も高い。

活躍

その怪力に目をつけられ、ジンバの手によって封印が解かれるが、本人は悪意のないままに武蔵野学園高校の男子運動部員達をフンドシ一丁にしては相撲勝負を挑んでいき、駆け付けたターボレンジャーをも相撲で圧倒。次なる取り組みの相手を求めて彷徨うが、その異形の姿ゆえに、そして現代人の裸になる事への恥ずかしさから皆に逃げられ、「もうこの世に相撲をとってくれる人はいないのか」と一人嘆いて黄昏れる(どこかの相撲部屋にでも行けばいいものを……)。

その後、成り行きで山形大地と相撲をとることになり、双方白熱の勝負の末に彼と心を通わせる。
「かつて自分は己が力を誇示したくて暴れていたが、ラキアに負かされて相撲の心を学んだ結果改心した」「力だけでなく心をもつ者が真の勇者であると気付かされた」と身の上を語り、大地たちと打ち解け互いに相撲を楽しもうと意気投合した矢先…。
スモウボーマを凶暴化させるべく現れたジンバによって化粧廻しを破壊され、ズルテンが放った暴魔再生巨大化光線により巨大化させられ、理性なき暴魔獣と化してしまう(暴走時には顔に赤い隈取が表れる)。
しかし、相撲に対する情熱は消え失せておらず、廻し姿のターボロボが太鼓の音と共に登場すると、それに引き寄せられるように土俵入り。
廻しを締め相撲の作法に則り勝負を挑むターボロボに応じ、強烈な張り手や奥の手を放って譲らぬ戦いを繰り広げるも、ターボロボの上手投げが決まり勝負あり。隈取が消えて元の人格を取り戻し、ターボロボを「横綱」として称えながら倒れて爆散。遺言通り綱を遺した。

余談

大相撲名古屋場所の真っただ中に放送された、時事ネタ回である。
またこの回で好角家である事が明らかになった山口美佐先生は終始ハイテンションでコミカルな存在感を放っていた。

関連タグ

暴魔百族 暴魔獣 相撲

スモートロン:およそ15年越しに登場した相撲怪人。こちらは凶器も八百長もアリという正反対のキャラである。

ジヒビキラン:こちらは力士型のウルトラ怪獣。同じく相撲を取れる相手を探していた。

関連記事

親記事

暴魔獣 ぼうまじゅう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「スモウボーマ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2767

コメント