ピクシブ百科事典

エアラクニッド

えあらくにっど

アニメ『トランスフォーマープライム』の登場人物。
目次[非表示]

概要

Airachnid


CV:/吹:柚木涼香
超ロボット生命体 トランスフォーマー プライム』に登場するディセプティコンの女追跡者。スペルは「Airachnid」。

一応ディセプティコンに属しているが基本的には単独で行動しており、地球にも本隊とは関係なく単身飛来。その後ウォーブレークダウンに連れられてディセプティコン本隊に復帰したが、エアラクニッド自身は不本意だったらしく、ディセプティコンはブサメンばかりと陰で罵っていた。
同じく女性でオートボット戦士のアーシーとは過去に因縁を持つライバル関係である。

能力

ロボットモードでは、背中から蜘蛛の脚が生えた人型と、アラクネのような下半身が蜘蛛型の姿に変身する。から粘着性の糸の塊を飛ばして相手の身体の自由を奪ったり、蜘蛛女時にはドリルのように高速回転させて地中に潜る事が可能。多彩な機能を活かしたトリッキーな戦闘を得意とし、相手を巧みに罠にかけていたぶる嗜虐趣味を持つ。趣味は仕留めた獲物の頭部を収集する事であり、自分の宇宙船(まだローンが残っていたらしいがジャックに爆破された)にはコレクションが展示されていた。

登場からしばらくの間はビークルモード無しで活動していたが、例のごとくファウラーの乗っていたヘリコプターをスキャンして空を飛べるようになる。元のヘリと随分形が違うが、気にしてはいけない。

人物像

本作ではスタスクの持病に罹患しており、メガトロン不在の隙にディセプティコンの乗っ取りを企んだが、メガトロンの忠臣・サウンドウェーブにぶちのめされ失敗。更にその不忠っぷりをチクられて33話にてメガトロンから抹殺されかかったが、刺客として送り込まれたウォーブレークダウンを返り討ちにして遁走。
その後インセクティコンを部下にして大攻勢へと打って出たものの、そこへ現れたアーシーと戦闘になり、戦闘中誤ってインセクティコンの休眠カプセルへと閉じ込められてしまった。その後オートボットの基地へとカプセルごと回収、保管されていたが・・・

虫に変形して声が加藤氏のトランスフォーマーを従えている点は『アニメイテッド』にも通じるところがある。
なお、わかりづらいが切れ長に見える紫色の目は昆虫のような複眼であり、他のキャラと違ってはない。を基調としたカラーリングは、前出のブラックウィドーのカラーリングともインセクトロンのカラーリングにもとれる辺り秀逸である。

担当声優

CVは当然の如く、ブラックウィドーブラックアラクニアでお馴染み柚木涼香女史。
その二名とは名前が異なるが、やはり蜘蛛のトランスフォーマーに縁があるらしい。

原語版の外道悪女キャラに加えて、日本語版では「語尾が『ッシャ』」「面食い」「独り言が多い」「自分を『ちゃん』付けするぶりっ子」「元ヒロインのヨゴレ」という強烈なキャラ付けがされており、デ軍のリアクション芸人と合わせてデ軍のネタ枠を賑やかしている。
若くて人間のボーイフレンド・ジャックが出来たアーシーに激しく嫉妬心を燃やすエアラクニッドちゃん。そのうちブチ撒けないか心配されている。

ビーストハンターズ

※以下、海外展開『ビーストハンターズ』のネタばれ注意※





オメガワン陥落後デ軍にカプセルを回収され戦艦ネメシスで保管されていたが、60話でテラーコンと化したサイラスブレークダウンがカプセルを壊したために復活。サイラスブレークダウンをまたもや返り討ちにするや持病を再発、艦内のインセクティコンを率いてクーデターを起こしたが、またしてもサウンドウェーブによってサイバトロン星のへとインセクティコンもろとも追っ払われてしまう。そういやどっかにいたな、そんな人・・・・。

しかもこの時サイラスに咬まれていた為、エアラクニッド自身もテラーコンと化しており、一緒に飛ばされたインセクティコンを文字通り貪り喰らうというショッキングな末路を迎える事になる。
なお、プライムシリーズ最終作となる『Predacon Rising』がテラーコンの根源ことユニクロン絡みという事で、ファンの間では再登場とアーシーとの決着が期待されていたが、結局実現しなかった。

また、プライムの続編のトランスフォーマーアドベンチャーでは彼女自身は登場していないが彼女と同じボディのディセプティコンがモブキャラで登場している。(マイクロンの章3話参照)

関連タグ

pixivに投稿された作品 pixivで「エアラクニッド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 58374

コメント