ピクシブ百科事典

スタースクリーム(プライム)

すたーすくりーむ

本記事では『超ロボット生命体トランスフォーマープライム』及び『トランスフォーマーアドベンチャー』にて登場するスタースクリームについて説明する。
目次[非表示]

概要

プライムスタスクの可愛さは異常


CV鶴岡聡。原語版は『Fall of Cybertron』でショックウェーブスィンドルなどを担当したスティーブン・ブルーム。

ディセプティコンナンバー2。自称ディセプティコンの新しいボスF-16風の戦闘機変形。性格はテンプレどおりのスタスクどころか、歴代でも類を見ないほどの愚か者である。

性格は狡賢く卑劣で典型的な小悪党。自分が有利な時は強気に出るが、不利になると途端に逃げ出し、手柄を巡って敵はおろか仲間の足さえも引っ張ろうとするゲスな根性の持ち主。この為人望は皆無であり、ニューリーダーになった時はビーコン兵士からも不安の声が漏れたほど。

日本語版・原語版共に大声で独り言をつぶやく癖があり、上記のようなゲスな思考が非常にわかりやすい、ある意味表情豊かなキャラクターである。

主な武装は両腕のブラスターミサイル、そして手のカギ爪であるが、本人曰く「最大の武器はこのオツム」と語る通り戦闘力はあまり高くなく、女性であるはずのアーシーにさえ不意打ちを使ったほどである。ただしビークルモードでの空中戦能力はかなり高く、ホイルジャックの駆るスターハンマーとのドッグファイトでは見事撃墜している。

スタースクリームは ふしぎなおどりを おどった!▼


/All Hail Starscream!\
例によってあの病を患っているが、メガトロン不在時にディセプティコンを仕切っていた時、日本語版では「ディセプティコンの新しいボス」と名乗っており、「新しいリーダー」という台詞はあるものの作中でニューリーダーと名乗る場面は一度もなかった。原語版では「Emperor Of Destruction(破壊大帝)」を名乗るシーンがある。

小物界の大物

危機察知能力は高く悪巧みにも長けているが図に乗りやすく、詰めが甘いので、自分の立てた策略が自分へと返ってくる場合が非常に多い。

ブーメランの例

  • 手柄を得ようとオートボットと繋がりのあるファウラー捜査官を拉致る→オートボットに救出され、しかも戦艦ネメシスのレーダーをぶっ壊されてメガトロンのテラーコン計画が危うくおじゃんになりかける。
  • メガトロン謀殺を目論む→サウンドウェーブにあっさり阻止され、更に復活したメガトロンにもバレてフルボッコ
  • ニューリーダー就任直後、ビーコン兵士達に「All Hail Starscream!(スタースクリーム様万歳!)」と言わせまくる→メガトロンに記憶を覗かれて大恥を曝す羽目に。
  • 新戦力としてスカイクエイクを蘇生させる→全く言う事を聞かず、オートボットとの戦闘で死なせてしまう。
  • ダークエネルゴンを使ってスカイクエイクをテラーコンに→スカイクエイクを部下にするどころか片腕を失い、しかも後にその事が原因でドレッドウィングに殺されかける。
  • 恩を売る為(日本語版では「褒美を貰う為」)、洞窟の崩落に巻き込まれたメガトロンを助けに行く→よせばいいのに欲をかいてバルクヘッドを生け捕りにしようとして失敗、自分が漬物にされてしまい、助けようとしたメガトロンから助けられる羽目に陥る。
  • エアラクニッドに見捨てられてオートボットの捕虜にされてしまい、デ軍を離反してオートボットへ加入しようとする→自らの失言で全て台無しに。それと同時にオートボットから不信感を買うことになる。
  • エネルゴンを目当てに秘密結社メックと手を組み、バンブルビーのトランスフォームコグを破壊する→メックに裏切られて自分自身のトランスフォームコグを失う。
  • 同じくデ軍を離脱したエアラクニッドへ、メガトロン打倒の為に手を組もうと提案→もちろん受け入れられるはずもなくインセクティコンを嗾けられて殺されかける。
  • メガトロンに対抗しようとクローン軍団を製作→たった一話で全滅(その内一体はバルクヘッドによって叩きのめされた)、しかもクローンの受けたダメージが全部自身へと返ってきてしまい、終始痛い目を見ただけというオチに。
  • オプティマスとドレッドウィングの争いのどさくさに紛れてエイペックスアーマーを入手→スモークスクリーンの活躍であっさり奪われる。
  • エイペックスアーマーと引き換えに手に入れたレッドエネルゴンの力でオートボット基地からオメガキーを奪う→調子に乗っていたところでレッドエネルゴンの効力が切れ、危うく撃たれそうになる。

ただし、上記のように散々な目に遭いながらもなんだかんだと生き延びている為、悪運の強さもピカイチと言えよう。一方で学習はおろか反省する気配はまったく持っていない。

他のキャラとの関係

メガトロンの前では遜り、忠実な部下っぷりを散々アピールするが、当然メガトロンに本心はバレており、ことある毎に釘を刺されている。とはいえ「敵にするよりはマシ」とシーズン2終盤での帰参も許されており、実力自体は認められている。実際、デ軍を離脱した後のスタースクリームは、

  • 記憶を失いディセプティコンに在籍していたオライオンパックスを発見し、メガトロンへの疑惑と自身の記憶を取り戻すきっかけを作る。
  • オートボットに対して自身のキズの修復との交換条件でスペースブリッジの在り処やインセクティコンの情報を喋る。
  • エイペックスアーマーを手に入れようとしたドレッドウィングの邪魔をする。
と、メガトロンの足を引っ張りまくっていた。

アーシーは相棒のクリフジャンパーをこいつに殺された上に最終的にメガトロンによってダークエネルゴンを植え付けられてテラーコンにされ、ドレッドウィングからは弟・スカイクエイクを起こしたがために結果としてオプティマス達と戦い死んでしまうどころかテラーコンにされて別の次元を延々とさまよい続ける原因になったため、かなり恨まれている。

メディックノックアウトとはかつては共にメガトロン謀殺を目論んだ間柄であり、愚痴ったり悪巧みに付き合ったりとよくつるんでいるが、決して仲がいいわけではない。日本未放映のシーズン3『ビーストハンターズ』では、メガトロンから失敗を咎められて責任をメディックノックアウトへなすりつけようとし、メディックノックアウトからも肝心なところで裏切られている。

ショックウェーブとは元々そりが合わなかったらしいが、研究所爆発に際してスタースクリームが我が身可愛さから真っ先に遁走してしまった為、『ビーストハンターズ』で再会した時は非常に険悪な間柄になっている。

日本版では

日本版では台詞が増やされており、ぼやきのようなメタ台詞や、変形時のやたらテンションの高い「トランスフォーム!」の掛け声などが特徴的。
メガトロン様公認のリアクション芸人であり、謀殺が露見して折檻されつつも殺されなかったのは「何度も失敗するのを見るのが面白かったから」との事。


  • 本人曰く、チビっこからの人気も上々らしく、変形時の掛け声を真似してもらっているのが自慢らしい。チビっこからもネタ的な意味で支持されているのだろう。国立市に母ちゃんがいるらしいが番組名をまったく覚えてもらえず、Web版予告編では度々電話をしては番組についてアピールしている。

  • アームズマイクロンのパートナーはイーグル型のグル。AM劇場においてはスタスクは絵師として活躍しており、しばしば手製のイラストが登場している。

ビーストハンターズでは

※以下、海外展開シリーズ『ビーストハンターズ』のネタばれ注意※

シーズン3『ビーストハンターズ』では、今までの行動が嘘だったのかと見紛うほどメガトロンに対して忠実になっている。

ただし、気合が空回りしてこれまで以上にヘマが増えたのも事実。
自らもアジトにしていたはずの輸送船ハーベンジャーを放置してオートボット再起のきっかけを作ってしまったり、プレダキングを作り出したショックウェーブへの対抗意識から、サイラスブレークダウンに合成エネルゴンとダークエネルゴンを投与してバイオハザード騒ぎを起こしてしまい、結果として休眠ポッドに幽閉されていたエアラクニッドの脱走、船内のインセクティコン全てと多数のビーコン兵士を失うという大失敗をやらかしている。せっかくメディックノックアウトが回収したエイペックスアーマーもミコに奪われてしまい、サウンドウェーブからの情報で位置を割り出したオートボット基地へ空襲を仕掛けた際も、簡単なトリックに引っ掛かって失敗してしまっている。

しかし、心を入れ替えて反省したのは本当だったらしい。ディセプティコン要塞ダークマウント陥落の際はメガトロンに撤退を助言して避難させたり、64話では反旗を翻したプレダキングに殺されそうになったメガトロンの援護射撃をして寸前のところで主君を救う場面があった。また、最終回でメガトロンが倒された時には激昂してオートボットへ襲いかかろうとするという、まったくらしくもない場面がある。

とはいえ、シーズン4の『プレダコンライジング』ではメガトロンがいなくなった後に自身がニューリーダーになろうとしており、なんだかんだで懲りない奴であった。ショックウェーブと共にプレダキングに代わるプレダコン、ダークスチールとスカイリンクスも作っていたりする。
ラストではその2人にも見捨てられ、日頃から見下してきたプレダコン3人によって…

日本オリジナル展開『参乗合体トランスフォーマーGo!』ではアニメにこそ未登場ではあるものの、プレダアーマーを装備してパワーアップを遂げたハンタースタースクリームの玩具(『ビーストハンターズ』版スタースクリームの色違い)が発売された。しかし、メガトロンへの反逆精神は変わっていないという設定となっている。

アドベンチャーでは

※以下、国内未放送『マイクロンの章-新たなる敵』のネタばれ注意※










RID: スタースクリーム


CV:平川大輔

『プレダコンライジング』のラストで遂に破滅したかに思われたスタースクリームであったが、なんと生きていたことが判明。『マイクロンの章』で再登場を果たした。

 報復で攻め込んできたプレダコンたちに対し、スタースクリームはダークマウントの武器庫で見つけた兵器で勇敢に立ち向かい、ダークスチールとスカイリンクスを撃退することに成功する(というのはあくまでスタースクリーム本人の弁によるもので実際は逃げ回った末に偶然起動させたセキュリティシステムで倒しただけである)。
 ダークマウントを家捜ししたスタースクリームは研究室に保管されていたハイパーマイクロン7体を発見。その力を利用してディセプティコンの解散を宣言して自分を見捨てたメガトロンヘの復讐と、宇宙の支配者になる野望を果たさんと活動を開始する。
 しかしハイパーマイクロン達には解放してすぐ逃げられてしまい、スタースクリームは傭兵3体を雇いその行方を追った。『マイクロンの章』16話にて傭兵の一人シェードロックがハイパーマイクロン達が地球にいることを突き止めたため、第17話にて部下たちを率いて地球に再来した。一足違いでハイパーマイクロン達には逃げられたものの、彼らを匿っていたスカベンジャーズが発見した主君メガトロンの魔剣ダークエネルゴンセイバーを奪い取った。その後、部下たちが勘違いして拉致したフィクシットジェットストームスリップストリームの口から、かつて死闘を繰り広げたバンブルビーも地球に再来していることを知り、彼ら3体を人質として彼を投降させた。
 第18話終盤で遂にトリケラショットを除く6体を捕縛し、19話でそのトリケラショットも捕らえ、自らの宇宙船に装備した装置で彼らのパワーをそのボディごと吸収し、銀色の装甲や翼を備えた「ハイパーサージスタースクリーム」へとパワーアップした。その圧倒的な力でオートボット達を蹂躙しようとするも、その調子に乗りやすい性格が仇となりサイドスワイプの策略でマイクロンの一人エアロボルトと分離させられてしまう。それでもなおハイパーサージモードを維持し続け、エアロボルトと合体したオプティマスとも互角に戦うが、最後はオートボット達の連携によって残る6体とも分離させられ、ついに力尽きた。戦闘後はオプティマスの宇宙船に傭兵3体とダークエネルゴンセイバーとともに乗せられ、先の大戦の戦犯としてサイバトロン星に連行された。

 『プライム』の頃とは容姿がまったく異なり、前日談となるゲーム『War for Cybertron』シリーズに似たデザインとなっているが、これはプレダコン撃退後に自らのボディを改造したため。バンブルビーも「昔風」とのこと。
 日本語版ではCVや演出が替わったこともあって雰囲気がかなり違うが、あの病気や姑息さ、詰めの甘さ、器の小ささ、部下への当たりの悪さ、そして独り言の多さとデカさなど、実はスタースクリーム本人の性格はあまり変わっていない。

 ディセプティコン本隊は壊滅している為、元オートボットのラフェッジ、隻眼の戦士シェードロック『プライム』とは体色もCVも異なるインセクティコンレーザーホーンを部下として雇っている。だがダークエネルゴンセイバーを手にした際に契約の打ち切りを申し出られるあたり、今回もやはり人望が無い。

武器は両腕のブラスターと鉤爪だが、劇中ではダークエネルゴンセイバーしか使用しなかった。そのダークエネルゴンセイバーも、メガトロンが製作時にプロテクトを掛けたのか不明だが、ハイパーサージモードになるまで使いこなすことが出来なかった。ビークルモードは劇中では披露されなかったものの、玩具では前進翼型のエイリアンジェットに変形する。

原語版CVは前作と同様ブルーム氏が続投しているが、日本語版では鶴岡氏に代わって『ギャラクシーフォース』でエクシリオンを演じた平川氏が担当。アドリブがなくなったため前述の通り雰囲気がかなり変わっており、台詞回しからかG1のスタスクを思い出したという声も多い。

 アドベンチャー作中では「あのスタースクリーム」などとやたら大物扱いされるが、前作『プライム』での醜態を知る視聴者には「あの」の部分が違って聞こえるのか、小物界の大物だの宇宙一の小悪党だのと云われている。

関連項目

トランスフォーマー プライム トランスフォーマーアドベンチャー 
ディセプティコン スタースクリーム

pixivに投稿された作品 pixivで「スタースクリーム(プライム)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12740

コメント