ピクシブ百科事典

Death_end_re;Quest

ですえんどりくえすと

「Death_end_re;Quest(デスエンドリクエスト)」とはコンパイルハート制作のRPG。対応機種はPS4。
目次[非表示]

作品概要

Death end re;Quest(デスエンドリクエスト)」とはコンパイルハートが制作および販売するPS4専用RPG。「フェアリーフェンサーエフ」「オメガクインテット」に続くガラパゴスRPG第3作目(「フェアリーフェンサーエフ ADVENT DARK FORCE」も含めると4作目)。略称は『デスリク』。発売日は2018年4月12日。後に、Steam2019年5月17日に、Switch2020年12月24日に発売された。

シナリオ担当はコープスパーティーのシナリオ制作を担当した祁答院慎

キャッチコピーは 99%の絶望に抗え

ストーリー

都心から少し離れた場所に位置する架空の都市「佐上市」に拠点を置くゲーム開発会社「エニグマゲームス」はVR世界でのRPG「ワールズ・オデッセイ」を開発していたがある日突然、ワールズ・オデッセイの開発に携わっていたゲームプログラマーである二ノ宮しいなが失踪。彼女の失踪を機にゲームは開発中止となってしまった。

それから一年後、しいなと同じくワールズ・オデッセイのプログラマーだった水梨新(みずなし あらた)の元に一通のメールが届く。差出人は一年前から行方知れずだった二ノ宮しいなからのものであり、そのメールには 存在しないはずのゲーム「ワールズ・オデッセイ」内には、二ノ宮しいながいる ことを示していた。

さらにネットワーク上には削除されたはずのプログラムが復元されており、新はプログラムの解析を行うが…プログラムは原型を留めないほどにまで書き換えられ、更に ゲーム上の世界でしいなが "プレイヤー" として存在している ことが判明。

新は彼女がゲームからログアウトできないことを知り、二人はゲームの"内"と"外"から攻略を進めながらゲームからログアウトする為の手掛かりを探し出す。心を持つゲーム内のNPCや現実にいるエニグマゲームスの同僚たちと共に、しいなは新と連携して現実世界に戻る方法を模索してゆく…。

登場人物

主要人物

にのみやさん


本作のヒロインでもう一人の主人公。エニグマゲームスに勤務する女性社員。ワールズ・オデッセイの元ディレクターであった。一年前に行方不明となっていたのだが何故かゲーム内からログアウトできないまま、現実世界へ戻ることができなくなっている。

本作における主人公。エニグマゲームスに勤務するゲームプログラマーで、黒縁の眼鏡をかけている。しいなと共に「ワールズ・オデッセイ」の開発に関わっていた。彼女の失踪により開発中止となったゲーム内にしいなが閉じ込められ、ゲームからログアウトできない彼女を見つけた。しいなを救出するべく「現実」からプログラムを改変しながら修正していく。

センシティブな作品


ワールズ・オデッセイ内の世界で、大国「ハーティス」の王女として存在していたNPC。NPCであるにも関わらず、本来持たないはずの感情と意識を持つ。

アル


駆け出しの獣人族の冒険者。リリィたちと同じNPCにも関わらず、本来ないはずの感情と意識を持つ。両親が行方不明になっているが、伝説の冒険家「セリカ・クレイトン」に憧れて旅しているシイナについてくる形で仲間になる。

オーガ族の行商人のNPC。リリィたちと同様NPCに存在しない感情と意識を持つ。シイナたちに高価なアイテムを売りつけようと一緒についてくる。その後、頼りのアイテムが不良品で手持ちのアイテムを全部使ってしまい、不良品を手渡した罪滅ぼしとしてシイナたちに同行する。

デスリクのルシル


ハーフエルフのNPC。リリィたちと同様NPCに存在しない感情と意識を持つ。鎖で繋がれているため自由には歩くことはできないが、自我を持つ椅子キマタに乗って移動できる。
ある事件をきっかけにシイナたちに同行する。


現実世界の人物


余談

  • RPGツクールMVで作られた本作の前日譚『END QUEST』が予約特典で付いている。
  • RPGツクールMVにコラボで本作のキャラクター20体が無料で配信されている。


関連タグ

コンパイルハート Death end re;Quest 2 ガラパゴスRPG

公式サイト

公式URL

関連記事

親記事

ガラパゴスRPG がらぱごすあーるぴーじー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「Death_end_re;Quest」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「Death_end_re;Quest」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 378630

コメント