ピクシブ百科事典

クモンガ

くもんが

クモンガとは、ゴジラシリーズに登場する巨大蜘蛛怪獣である。
目次[非表示]

概要

クモンガ 【ニコニコ動画用イラスト】


体長45m
体重8千t
『怪獣島の決戦 ゴジラ対ミニラ』に登場する巨大蜘蛛怪獣。
ゴジラシリーズに登場する怪獣は、大概が人間の愚行によって巨大化した生物であることが多いが、クモンガはモスラキングコングと同じく最初から巨大な生物だった。
口からは毒針を吐き、更に強力な糸を吐いて相手を捕える。

カマキラスミニラの戦闘の余波で目覚め、ゾルゲル島を徘徊して人間たちを襲う。途中でミニラとカマキラスを糸で捕まえ、カマキラスを貪り食うとミニラに食指を伸ばすが、怒ったゴジラに攻撃される。毒針で目を潰すなど善戦するが、最後はが降りしきる中、ゴジラとミニラのW熱線を受け倒された。

後に『怪獣総進撃』にもカマキラスを差し置いて別個体が出演。ゴジラをはじめとする地球怪獣連合の一員としての扱いであった(なお、ゴジラと共闘したのは後にも先にもこれっきりである)。キングギドラとの決戦では、モスラ幼虫と協力してキングギドラを糸で捕まえるなど、それなりに見せ場も多く、優遇された扱いを受けていたと言えよう。

カマキラス同様コイツも操演で動かされており、リアルな動きを出すために撮影現場は修羅場となったらしい。

FW

クモンガ(2004) 【ニコニコ動画用イラスト】


体長60m
体高35m
体重3万t
『ゴジラ FINAL WARS』にも出演。X星人の侵略用の手先として登場する。
カマキラスとの共闘はなかったが、吐く糸は網状に代わりパワーアップした(だから糸はケツから出せって)。
X星人に操られてアメリカアリゾナで暴れ回り、更にゴジラを迎撃するためニューギニアへと派遣される。ゴジラを糸で攻撃するが、逆に糸を掴まれてハンマー投げの要領でぶん回され、空の彼方へ投げ飛ばされた(死亡した描写はない)。

止めを刺されなかったのは『怪獣総進撃』でゴジラと共闘したからだと思われる。

関連項目

土蜘蛛

pixivに投稿された作品 pixivで「クモンガ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 27889

コメント