ピクシブ百科事典

Scylla(モンスターバース)

もんすたーばーすのすきゅら

ここでは映画『GODZILLA: KING OF THE MONSTERS』に登場する怪獣について解説する。
目次[非表示]

概要

PVでクモを思わせる足を出していた怪獣の正体。
日本東宝ゴジラシリーズのクモンガや『髑髏島の巨神』に出てきたバンプースパイダーを思わせる蜘蛛のような形態を持つ。

英名では『シラ』、学名では『タイタヌス・スキュラ』と呼ばれる。

一見すると節足動物のようだが、生物学的に見るとむしろイカに近い怪獣とされており、そのためか脚は六本で目も2つしかなく、口には牙の代わりに無数の触手を垂らしている。

水中でも活動可能な上に脚の可動範囲もかなりのものらしく、海中を進む際は姿勢を流線型にして実際のイカのように移動するらしい。

劇中では目立った能力は見せなかったが、設定によると南極の氷が解けるスピードを下げ海面レベルを安定させているらしく、冷凍系ではないかと推測されている。
またクトゥルフの原型と言われており、伝承通りならかなり高い知性を持つと思われる。

活躍

アメリカアリゾナ州油田奥部でMONARCHに発見され、周囲に第67前哨基地が建設、監視下に置かれた。

2019年に復活したキングギドラの咆哮により覚醒して暴れ回ったが、ゴジラがギドラとの戦いに打ち勝ち王座を奪還すると、ゴジラの下に現れて恭順の意を示した。

その後はエンドロールにて流れる記事でギリシャに拠点を変えるも、人間に追われて湖に姿を消したと報じられている。

余談

  • マイケル・ドハティ曰く「生態系を広げるために追加した怪獣」とのこと。
  • 名前の元ネタに当たるギリシャ神話ではテュポーンの娘だとされているが、移転先のギリシャでは同名の怪獣が暴れていたらしく、その関係性が注目されている。
  • 実はモスラと同じく数少ないの怪獣でもある。


関連項目

キング・オブ・モンスターズ

ゴジラ・ザ・シリーズゲゾラ…ゴジラ・ザ・シリーズ最初の巨大怪獣の敵の C-Rexは、陸上歩行し口元に触手を持つコウイカの怪獣である。また、クモ型の怪獣もゴジラと戦った。ゲゾラには、海水を冷却する能力がある。

関連記事

親記事

キング・オブ・モンスターズ きんぐおぶもんすたーず

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「Scylla(モンスターバース)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1751

コメント