ピクシブ百科事典

グモンス

ぐもんす

グモンスとは、ザ☆ウルトラマンに登場するヘラー軍団が初めて地球に送り込んだ侵略兵器用の宇宙怪獣の名称である。
目次[非表示]

データ

別名身長体重出身地
カプセル怪獣98m 7万9千t暗黒星雲


概要

ザ☆ウルトラマン』第37話「ウルトラの星U40の危機‼ウルトリアの謎?」、第38話「ウルトラ大戦争‼ 巨大戦闘艦ウルトリア出撃」に登場するヘラー軍団が一種の生物兵器として飼いならしている宇宙怪獣の一種。

地球ジグモに酷似した鎧竜に似た胴体を持っており、古代のU40人の遺産である巨大戦闘艦ウルトリアの捜索目的で地球の静止軌道上から投下された巨大怪獣が丁度一匹納まる程度の大きさのカプセル型宇宙船に乗せられ地球へと侵入した(よってウルトラセブン仲間である三匹のカプセル怪獣とは全く異なる)。

そしてそれとほぼ同じころにウルトリア捜索の為に地球の南極へと向かっていたアミアの飛行艇の先回りする形で南極に出現すると、その近くにあった南極基地を破壊した。

主な戦力はから吐き出す火炎怪力で、南極に到着したアミアの飛空艇に乗り合わせていたヒカリ超一郎=ウルトラマンジョーニアスとの戦いを展開する。

尻尾に採る打撃攻撃などでジョーニアスを追い詰めるが、アミアの飛空艇と駆けつけた科学警備隊のスーパーマードック号に邪魔された為に、火炎攻撃でスーパーマードック号を攻撃して不時着させる。

その後も一進一退の激しい攻防戦を繰り広げたが、最後はジョーニアスのを絞めていた際の一瞬の隙を突かれて上空へと蹴り飛ばされた所へ、ジョーニアスとの戦闘の最中にアミアが発見し起動させ地底から出現した巨大戦艦ウルトリアの『半陽子ビーム』で体を打ち抜かれて爆死した。

関連項目

カプセル怪獣 ザ☆ウルトラマン ヘラー軍団 ウルトラ怪獣
カペラドン→同族

コメント