ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

アトラク=ナクア

あとらくなくあ

アトラク=ナクアとは、クトゥルフ神話に登場する架空の神性。本記事では同名の作品やキャラクターについても記述する。
目次 [非表示]

曖昧さ回避

エンターテインメント作品やそれに登場するキャラクターの名前。本記事では判明している物を個別に記述する。


1.クトゥルフ神話に登場する怪物。

2.アリスソフトによるアダルトゲームのタイトル。⇒アトラク=ナクア(ゲーム)


ライトノベル『這いよれ!ニャル子さん』に登場する同じ元ネタのキャラに関しては『銀アト子』を参照のこと。



クトゥルフ神話の『アトラク=ナクア』

七つの呪い

巨大な蜘蛛の姿をした神性。『アトラック=ナチャ』『アトラク=ナカ』とも呼ばれている。

C・A・スミスの小説『七つの呪い(原題、七つのギアス)』によればツァトゥグアと共に深淵『ン・カイの地底湖』の奥底にて封印されており、無限の時を蜘蛛の巣を張り続けて過ごしている。

人間と同様の大きさで、真紅の目と丸太の如き足を持ち、金切声を上げて鳴くという。

一説によると、『これ』が蜘蛛の巣を完成させた時は世界が滅びる時だと言われている。


一心不乱に仕事に打ち込むワーカホリックで、『七つの呪い』ではツァトゥグァから貢ぎ物として寄越された主人公を見ても

「忙しくて缶詰を開けてる暇がないからいらん」

と言い、折角の貢ぎ物を別の知り合いにたらい回しにしている。


アトラク=ナクアによって選ばれた女性は毒蜘蛛に噛まれて死体となるが、毒から回復できた場合は体に痣が残り、時間をかけて巨大な蜘蛛に変貌。「偉大なる織り手」と呼ばれる奉仕種族「アトラク=ナクアの娘」になる。

この他にも、崇拝種族にレンの蜘蛛がいる。


ジョン・R・フルツの短編「深淵への降下」では、アトラク=ナクアの従者として「灰色の織り手」なるものが登場。その長チィトカアが妖術師ハオン=ドルに道を教える場面がある。



関連タグ

クトゥルフ神話 旧支配者 蜘蛛

関連記事

親記事

旧支配者 きゅうしはいしゃ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 731055

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました