ピクシブ百科事典

ツァトゥグァ

つぁとぅぐぁ

ツァトゥグァとは、クトゥルフ神話に登場する神性。旧支配者。
目次[非表示]

概要

クトゥルフ神話に登場する強大な神の一柱。
 人類以前に地上で繁栄していたヘビ人間や有史以前の亜人間たちに崇拝されていたとされる。古代の大陸ハイパーボリアや地下世界クン・ヤンに住む人間にも崇拝されていた。四大元素の中では、ナイアルラトホテップと同じく「地」に結びついた旧支配者の一柱と分類されている。
 他の旧支配者に分類される存在より、比較的危険度が少ない存在として描かれることが多い。スミスの『魔道士エイボン』では自らを信仰するエイボンが迫害から逃れるのを手助けしている。同じくスミスの手になる『七つの呪い』では、生け贄に捧げられた人間を「空腹ではない」という理由で、食さずにアトラク=ナクアの元へと送っている。
 だがこれは人類への感情が良好であるからといったことではなく、この神がただひたすらに怠惰であるからだろう。

 地球誕生直後に、サイクラノーシュ(土星)から地球に飛来した。スミスが執筆した古代の大陸であるハイパーボリアを舞台とする作品では、大陸西部にあるヴーアミタドレス山の地下洞窟に棲むと描写されていた。現代においては、地下世界ンカイに棲むとされる。
 このンカイはツァトゥグァが地球に到着した場所である。「ンカイよりやってきた」と魔術師に語られるとおり、時折地上に顔を出して知られているらしい。

 ツァトゥグァの家系は原初のアザトースまでさかのぼることができる。アザトースの直系の子孫であると言える。

 豊富な魔術の知識もあり、崇拝する人間に召喚術など様々な魔術を授けている。贄や信仰を捧げた相手には相応の恩恵を与えている。読者に「比較的に話が通じる相手」と認識されているのはこういった理由によるだろう。
 ナコト写本やネクロノミコンにて存在が言及されているようである。

容姿

 巨大な腹部とヒキガエルに似た頭部を持ち、口からは舌を突き出し、半ばまぶたが閉じられた眠たげな目をしている。体色は黒く、体表は短く柔らかな毛で覆われ、コウモリとナマケモノの両者の姿を連想させるとされる。 
 自由に体の形を変えることができるとも言われている。

 近年、ネットなどではトトロに例えられることもある。

能力

 対象の血管に硫酸を流すことができる。対象は体中に穴が開き、大やけどを負い大変な苦痛を受ける。

関係性

親族

・アザトース
 遠い祖。クグサクスクルスを分裂生殖で産み落とした。
・クグサクスクルス(サクサクルース)
 ツァトゥグァの祖父、あるいは祖母。両性具有。単独で子供を産める。ギズグスを一人で産んだ。人肉喰い(おそらく同族食いのこと)の習慣がある。
・ギズグス
 クグサクスクルスの息子。ツァトゥグァの父親。詳細は不明だが「宇宙ホームレス」などの別名があり、この神性も相当に怠惰な性格である。クグサクスクルスの同族食いの習慣を嫌って別れた。
・フジウルクォイグムンズハー
 ツァトゥグァの父方の叔父。ギズグスの兄弟。親であるクグサクスクルスの同族食いの習慣を好まず、幼少時にヤークシュ(海王星)に渡り、その後サイクラノーシュに移った。
 C・A・スミスの『魔導師エイボン(または『土星への扉』)』の劇中にも登場しており、土星に逃れてきたエイボンに託宣を賜った。
・イクナグンニスススズ
 ツァトゥグァの母方の祖父。暗黒星ゾスからやってきて、分裂生殖によりズスティルゼムグニを産んだ。
・ズスティルゼムグニ
 ツァトゥグァの母。ギズグスの妻。
・シャタク
 妻。
・オサダゴワ(ズヴィルポグア)
 息子。資料によっては不分明。下記参照。
・スファトリクルルプ
 孫娘。オサダゴワの娘。旧支配者。亜人間ヴーアミ族の一個体との間に子をなす。ヴーアミ族から「偉大なる母」「復讐者」と呼ばれる。
・クニガティンザウム
 玄孫。スファトリクルルプの子。亜人間ヴーアミ族の無法者。三度の斬首刑を受けながら三度とも復活する。

眷属

・無形の落とし子
 黒いタールのようなスライム状の種族。ツァトゥグアに奉仕するが、単なる奉仕種族なのかツァトゥグァの落とし子なのかは不明。名前がないため「無形の落とし子」と呼ばれる。
・ツァトゥグァの末裔
 像のような怪物達。末裔と呼ばれるが、本当に子供なのかはわからない。親であるツァトゥグアが崇拝されている洞窟や神殿に棲み、代わりに生け贄と崇拝を受ける。また、守護者としての役割もつとめる。このことからこの存在をツァトゥグアと勘違いしたまま書き記した資料もあるようだ。
 無形の落とし子とは協力関係にありツァトゥグアに仕えるが両者は全く異なる種族である。
 羽の生えた巨大なヒキガエルのような姿で一匹一匹が非常に年老いている。中には太古の人間に神として崇められていた者もいる。
 グレートオールドワンであるオサダゴワと何らかの関係があるとされる。
・オサダゴワ
 ズヴィルポグアとしても知られる。「ツァトゥグアの息子」「ツァトゥグアの初子」と書物で言及される。犠牲者を空中に連れ去り、血液を吸い尽くす。
 ツァトゥグアの末裔の中で、成長し力をつけた個体という推測もされている。

信仰

 ハイパーボリア大陸で広く信仰された。現代の魔術師にも信仰者は多く、さらに人間外の多くの種族にも崇められている。
 女神イホウンデーの信仰と対立し、結果として彼女の信仰を衰退させてしまった。

信仰者

エイボン
 ハイパーボリア大陸において最高と謳われた大賢者。当時大陸を席巻していたイホウンデーの神官からは邪悪な魔導師のレッテルを張られて狙われていたが、130歳のときにツァトゥグァから賜った特殊な金属の扉で土星へと逃れている。その後は地球に戻る事無く、余生を土星で過ごしたと言われている。

呪文など

 ツァトゥグァの儀式聖歌。知られているものはこの一つだけ。

 ウガア=クトゥン=ユフ! クトゥアトゥル グプ ルフブ=グフグ ルフ トク!
 グル=ヤ、ツァトゥグァ! イクン、ツァトゥグァ! 来たれり! 敬愛する主ツァトゥグァよ、夜の父よ! 栄光あれ、太古のものよ、外なるものの最初に生まれしものよ! ハイル、汝、星が大いなるクトゥルフを生み出す前の記憶の果ての太古からありしものよ! 菌にまみれしムーの偉大な旧き這うものよ! イア イア グノス=ユタッガ=ハ! イア イア ツァトゥグァ!

別名など

聖なるヒキガエル
ゾタクア(Zhothaqqua)
サドグイ(Sadogui)

関連タグ

クトゥルフ神話旧支配者

pixivに投稿された作品 pixivで「ツァトゥグァ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 48678

コメント