ピクシブ百科事典

サソリモドキ

さそりもどき

鋏角亜門・クモ綱・サソリモドキ目に所属する節足動物の総称。
目次[非表示]

概要

サソリモドキ目に属するクモ綱節足動物の総称。
別名ビネガロンムチサソリ

名前の通りに一目ではサソリに連想しやすい姿を持っているが、実際にはサソリよりもクモ、特にウデムシヤイトムシに類縁するクモ綱動物であり、細部の特徴はウデムシとヤイトムシに共通している所が多い。

特徴は三つの爪を持つ太いハサミ(触肢)と腹部の後端に付いている紐のような尾(尾節)。ウデムシのように、やや長い第一脚は感覚器官として役を果たす。外見は体を縦に伸ばし、尾を持ったウデムシとも言えるでしょう。

同じく日本において「世界三大奇虫」と呼ばれ、海外だけに分布するウデムシヒヨケムシと違い、サソリモドキは日本にも分布する種類がある(アマミサソリモドキとタイワンサソリモドキの2種が確認されている)。

生態

夜行性の捕食者・貧弱な視力・触角のような第一脚・婚姻ダンスや子孫を保護する行為など、ウデムシとの類似点は多い。
触肢の付け根に歯車型の棘があり、それを使って確保した獲物を握り潰す。

毒は無く、危険を感知すると尾節の付け根からの匂いがする液体を噴出する防御手段が知られている。ビネガロン(vinegaroon)という英名はその匂いに由来する(vinegar=)。

人間との関わり

人間とはさほど馴染みのない動物である。基本的には大人しくて無害なであるが、上記の噴出物は一応目に有害の刺激性を持ち、いざ遭遇した場合はなるべく彼らをパニックさせないように注意すべきである。
その奇妙な姿が注目されており、稀にペットとして流通することもある。

関連項目

節足動物 鋏角類 クモ綱  
ヤイトムシ ウデムシ 蜘蛛  ヒヨケムシ

pixivに投稿された作品 pixivで「サソリモドキ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5791

コメント