2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

ピクミンシリーズに登場するクモのような生物。
現在確認されている種類は全部でダマグモダマグモキャノンゾウノアシケダマグモの4種類のみ。
サイボーグ化しているダマグモキャノンを除いて、画面に映らないほど高い場所に巣を張っているという設定のため、マップ上空から突如降ってくる。クモといいつつ糸を吐いてきたりせず、キャノンを除きピクミンを足で踏みつぶす攻撃しかしない。攻撃とはいえ積極的にピクミンを狙っているわけでもないようで(キャノンを除く)、歩きかたはかなり気まぐれである。どの種類も目や口がどこにあるのかもわからない球体状の胴体を4本の脚から吊り下げているという容姿で、現実のクモとは明らかに別物でどちらかと言えばザトウムシを彷彿とさせる。
なお、外見ではわかりにくいがどの種類にも体の向きはきちんとあるようで、よく見ると足を動かす順番や向きにパターンがある。
また、どの種類も脚にダメージ判定はなく、球体の部分を攻撃しないとダメージを与えられない。
オリマーのメモの記述からは、ダマグモ科にはこれといった天敵もなく、本来はおとなしい種であることが窺える。
ちなみにダマグモ科は倒すと身体が崩壊し死体が残らない。

ダマグモは1作目では相当な強さを発揮していたが2で弱体化された。2ではクモの根城に登場する他、特定条件で「まどいの水源」に降ってくる。
ダマグモキャノンは機械とダマグモが融合した個体で、踏みつけ攻撃ができない代わりにレーザーで狙いをさだめてマシンガンのようなものを撃ってくる。移動速度もダマグモより断然速い。みんなのトラウマ。2の「地下の秘密基地」に現れる。
ゾウノアシは本体の上に毛玉のようなものがついている。ダマグモにくらべ足が大きく、その大きな足で大量にピクミンをつぶされたプレイヤーも多いだろう。2の「百戦練磨の穴」に登場する。
ケダマグモはまさに貞子であり、体の至る所に毛が生えている。毛をすべて抜くとハゲて本体にダメージが通るようになる。ピクミン3に登場し、最初のステージ「始まりの森」と第3のステージ「迷いの雪原」に現れる。後者は色が白い。

1作目ではダマグモのみ登場し、樹海のヘソのボス扱いで専用BGMがある。
ピクミン2ではダマグモ、ダマグモキャノン、ゾウノアシが登場、ピクミン3ではケダマグモのみ登場する。

また、2作目からはショイグモと呼ばれる生物も登場するが、生態や分類は全く異なる。逆に3作目に登場するマリグモは小型でありながらくす玉のように開く胴体などの類似点が見られ、分類的にも近縁(コダマグモ科)であるようだ。

関連イラスト

モンスターダマグモキャノン
ダマグモキャノン


逃げて超逃げて


フワライド



関連タグ

任天堂 ピクミンシリーズ ピクミン2 ピクミン3
ピクミンシリーズの原生生物一覧

関連記事

親記事

ピクミンシリーズの原生生物一覧 ぴくみんしりーずのげんせいせいぶついちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ダマグモ科」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 92538

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました