ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

分類編集

通称ケダマグモ
和名オグシツユハライ
学名Pseudoarachnia capillum
科目ダマグモ科

解説編集

ピクミン3』に登場するダマグモ科の原生生物。

ピクミン3ではダマグモ自体は登場せず、このケダマグモしか出てこない。


胴体部分や脚の関節部分に名前通り「毛」が生えていて、ピクミンからの直接攻撃を防いでいる。特にロングヘアーに本体が覆われた様子はまるで貞子である。


しかしケチャッピー同様に毛穴は緩いようで、各脚に2つずつある関節にある毛をすべてピクミンにむしり取らせると本体の毛も抜けてダメージを与えることが出来るようになる。(ちなみに脚を登っていけるのは他のダマグモ科と異なり甲殻表面から蝋が分泌されていないためであり、それにより独特の模様もない)


普段は木の上でじっとしているが、地上の縄張りを侵すと上から降ってきて地面を踏み鳴らして威嚇を行う。生態や襲い掛かる理由が不明瞭なダマグモ科としては珍しく、細かな生態が明かされている。

なお、「始まりの森」に出てくる個体は毛の色が黒く、「迷いの雪原」に出てくる個体は毛の色が白いが、これらは単なる地域特性であり違いは特にない。しかし前者は間欠炎のあるエリアで、後者は半分が水に沈んだエリアでの戦いになる為、踏みつけを無効化できる岩ピクミンや高さを無視できる羽ピクミンでも危険であり、上述の防御力もあって苦労させられる相手である。


倒すと他のダマグモ科同様、球状の胴体が二つに割れ、中身を吐き出した後解けるように消滅する。ただし他のダマグモ達と違い、左右にではなく下半分が外れるように割れる。


『ピクミン3デラックス』で追加されたサイドストーリー「オリマーの冒険ふたたび」では全身が黄金に輝く個体(ケダマとハゲダマの2体。前者は通常個体よりも足が大きく幅広い)がラスボスとして登場する。

そのカラーリングから、おそらくコイツらもアメニュウドウの細胞から作られた偽物の可能性が高いが、死亡時の演出は通常ダマグモ種と同じくボロボロになって崩れていくタイプ。

もしかしたら哀しき獣の塔でアメニュウドウに影響を受けた突然変異種なのかもしれない。


ちなみに、踏みつけはフタクチドックリなどと同じく他の原生生物を倒すのにも使える。

とはいえ出現エリアには他の原生生物がいること自体極めてまれなケースの為、狙って活用できる機会は少ない。


ハゲダマグモ編集

通称ハゲダマグモ
和名ハダカオグシツユハライ
学名Pseudoarachnia calvitium
科目ダマグモ科

その名の通りケダマグモのハゲ状態で、毛が抜け落ちると二度と生えてこないことがあるため区別されている。ピクミン3ではミッションモードにのみこの名で登場する。

最初から体毛を纏っていないため、ピクミンを直接纏わりつかせ比較的容易に倒すことができる…つまり2までの普通のダマグモとほぼ同じ

DX版ではケダマグモの毛を全てむしって倒すとこちらも図鑑に登録される。


ピクミン4では何故かコイツのみ登場

本作では足踏みのテンポと振り払いからの足踏みに戻るスピードが若干ながら強化されているが、基本的には前作と同じく黄ピクミンや羽ピクミンが有効。

また登場はシリーズでも遅く、順当に進めればヘビガラスの方が先に登場する。

本作の中ボス格の例に漏れず専用BGMも存在している。


夜モードでも巨人のかまどから登場、夜モードの原生生物は目が赤く光るが、コイツの場合は球体の真ん中の部分の割れ目が光る。実際に検索してみてほしい。

なお夜モードで登場する原生生物はドドロを除き全員ヒカリピクミンの捕食の為にヒカリヅカを狙うのだがコイツのみヒカリヅカを狙う理由が不明となっている、ヒカリミツを摂取しているのだろうか?


スペックは日中の時とあまり変わらないがヒカリピクミンは攻撃力が低めな上フラッシュバーストを浴びせても何故か足に向かってしまう為イマイチ有効打になりにくい。

(胴体真下で使えばほぼ胴体に集中し、ゲキカラ状態かつ50匹前後の頭数がいればそのまま瞬殺可能。腕に覚えのある方はお試しあれ)

一番有効なのはしびれサンダーとゲキカラエキスのコンボ・・・だがしびれサンダーはカイハツコストが重いためあまり撃ちたくない代物、その上ハゲダマグモが登場するステージにはクマチャッピーにドドロ、ダイオウデメマダラなどよりサンダーを使いたい相手が多いので非常に厄介な敵となっている、一応その存在感と足の大きさの割に進軍スピードは非常に遅い部類なのでオトリヅカを放棄したりオッチンに時間を稼いでもらうのも選択肢としてある。


王の穴では15階のボスとして登場。積み木で組まれた要塞で我が物顔で足踏みしているが、床は水浸し・泥浸しで周囲には水の噴出口も何点か配置されている水責めエリア。

よってもし振り払われても溺れずに済む青ピクミン・・・よりも水のあるエリアで足踏みをしているため、水場ごと凍らせてしまえば手っ取り早い。そんなわけで王の穴の中でも最弱扱いされている。


オリマー遭難記でも花ふぶきの楽園で出現。空から急に落ちてくる個体と違い最初から出現しているので驚かされることはないが、宇宙船パーツである「ほうしゃせんキャノピー」を所持しているのでスルーすることはできない。早めに倒して回収しておこう。

ちなみにタマゴムシも一緒に降ってくるため注意。


ルーイメモは毛が生えていようと無かろうと食べられないと一蹴


関連タグ編集

ピクミン3 ピクミンシリーズ

ピクミンシリーズの原生生物一覧 ダマグモ科

関連記事

親記事

ダマグモ科 だまぐもか

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 46545

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました