ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

初めに

フタクチドックリは成虫と幼虫が存在する。

ピクミン1』では成虫個体のみが、『ピクミン2』と『ピクミン3』では幼虫個体のみが登場している。

成虫と幼虫とあるが厳密には別種であり、和名、学名も異なる。(例として同じイシツツミ科の幼虫であるユキフタクチとその成虫であると明言されているオオユキカブトは和名、学名共に同じ)

ピクミン4』では成虫がフタクチカブトという別種として名称が変更された。

本稿の成虫の項目で記載されているのは、『1』でフタクチドックリとされていた頃の情報。(ただし、区別の為に成虫の名称はフタクチカブトと表記している)


分類

フタクチカブト(成虫)

和名クロガネオオイシツツミ
学名Granitus ferrous
科目イシツツミ科

フタクチドックリ(幼虫)

和名ヤマトイシツツミ
学名Granitus chukkulinae (larva)
科目イシツツミ科

解説

フタクチカブト(成虫)

フタクチドックリ

黒光りする強固な甲殻を持ち、名前の通り頭部に上下2つの口を持つ。鉱物を主食とするのでピクミンを襲って食べるということはないが、縄張り意識が強く、自分のテリトリーを侵されると非常に攻撃的になる。なお、上の口(吸気口)があるのはオスで、メスは成虫になると吸気口が閉じ、岩を吐くことはなくなるという(つまり作中で遭遇するフタクチカブトはすべてオス)。

まず吸気口から空気を吸い込み、そして下の口から岩を吐き出すという攻撃方法をとる。この岩は打ち出された方向に一直線に転がっていく。吐き出された岩はオリマーパンチで壊すことができるほど脆い。


空気を吸い込んでいる時にピクミンを投げ入れると窒息し、背中の殻を広げて暴れまわる。この晒された部位に攻撃するとダメージを与えられる。

背中は煙が上がるほど真っ赤に発熱しているが、意外にも赤以外のピクミンを投げつけても発火することはない。


希望の森大水源におり、いずれもパーツが関係しているが、前者は所持している訳ではなく近くにいるだけなのでうまく立ち回ればスルー可能。しかし向きなどによっては岩に巻き込まれて大変なことになる為、安全に運ぶにはさっさと倒すかオリマーによる視線誘導などが必要である。


真エンディングの生物紹介には「大陸から飛来した外来種が帰化した種」であることが示唆されている。


長らく『1』のみの登場で以降はフタクチドックリの幼虫に出番を譲っていたが、前述の通り『4』でフタクチカブトという名称に変わって久々に復帰を果たした。更にフタクチドックリの幼虫の方も登場しており、シリーズで初めて同じ作品に登場することになった。『4』以降の情報はそちらの記事を参照。


フタクチドックリ(幼虫)

フタクチドックリ(幼虫)

探索地域の在来種「ヤマトイシツツミ」幼虫

鮮やかな緑色をしており、口はラッパや大砲のようにみえる。幼虫なので甲殻はなく、大型の外敵からの捕食を避けるため体側に目玉のような紋様がある。また、幼虫時は雌雄の区別がほとんどつかない。

岩石を主な餌とする鉱物食で、オオガネモチなどの鉱虫の体内など特殊な環境下でしか存在できないメタバクテリアの力でエサの鉱物を消化吸収をしている。孵化直後の幼虫はバクテリアを持っていないため、フタクチドックリの成虫が吐き出したメタバクテリアが分解中の岩石を餌とすることで、確実に体内にメタバクテリアを取り入れている。

外敵への攻撃として口から吐き出す岩は、消化吸収されて老廃物となったものである。吐き出す際はフタクチカブト同様に上部の口から空気を吸い込んだのち正面の口から吐き出されるが、『4』以外では明確に描写されていない。


動き回るタイプと動かない砲台タイプの2種類が存在し、後者は近くを通りかかると地中から這い出てくる。また、動き回るタイプには紫ピクミンによる硬直が有効だが、砲台タイプにはこれが効かないため少し厄介。


フタクチカブトと違って直接攻撃できるかわりに、ピクミンが張り付くと前方に振り払おうとする。さらに、弱点を突かれると無防備になる成虫と違って、これといった弱点もないため急いで呼び寄せないとそのまま岩を吐かれて潰される・・・という悲劇が起きる。これを防ぐには、岩を吐きだすモーション中にフタクチドックリの側面・後ろから攻撃をしかけ、岩攻撃の直後に回収。これを繰り返せば難なく倒せる。

また、吐き出す岩はパンチで破壊することが不可能となった。


『4』では大幅に強化されて正面に張り付くと岩を吐き出す際の衝撃で前に吹き飛ばしつつ岩で潰すという荒技を身に付けており、相変わらずフタクチカブト以上の強敵。


成虫と思われたフタクチカブトの解説から、こちらは本来の成虫と共に絶滅の危機追いやられており、フタクチドックリ(ヤマトイシツツミ)の成虫を目にする機会は激減してしまっている。

一方でフタクチドックリ自体の登場する頻度はかなり高く、本当に絶滅の危機に瀕しているのかは疑わしいところ。(『4』以前のオリマーメモでも、「成虫が確認できず、死滅してしまったのではないかと思われたが、幼虫が確認できたことでその心配はなくなった」と記載されている)


ルーイメモによると、よく砂を吐かせてから殻を剥いて、生食やフライにするとうまいらしい。


余談

『1』のフタクチカブトは、データ上では小型の原生生物に岩をぶつけると一撃でそれを倒すことができ、しかもその死骸はぺちゃんこのまま残るという仕様になっている。

しかし、ゲーム中ではフタクチカブトの周りに小型の原生生物がいない為、フタクチカブトの元に連れて行ったり、バグなどの非正規の手段を取るなどしなければ再現はできない。

また、開発段階では吸気口は製品版よりも大きかったという。


関連タグ

ピクミン1 ピクミン2 ピクミン3 ピクミン4

ピクミンシリーズの原生生物一覧

ミヤビフタクチ ユキフタクチ オオユキカブト ヒフキドックリ

ブタドックリ・・・同じ「トックリ」の名を冠する原生生物だが、こちらはひょうたんのような姿のブタドックリ科という別種であり大きく異なる。


塊のミゾーグ・・・似た能力を持つ戦隊怪人

関連記事

親記事

ピクミンシリーズの原生生物一覧 ぴくみんしりーずのげんせいせいぶついちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3606

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました