ピクシブ百科事典

クモ怪人(仮面ライダーEVE)

にんぎょうつかいのじょろうぐも

ここでは、小説『仮面ライダーEVE』に登場するクモ怪人について解説する。

「何故アノ人ヲ殺シタノ‼」

概要

蜘蛛の能力を持った改造人間で、小説『仮面ライダーEVE』に登場する13体のショッカー残党怪人の1人。
仮面ライダーZO』のクモ女のように下半身が蜘蛛状に改造されている。

天井などに張り付いて死角から蜘蛛の糸を使い人間を文字通り操り人形のように操作して敵を襲撃する。
また鋭いを使って敵のを刺し貫く。

女性怪人にして漫画『仮面ライダー』の蛇姫メドウサに当たる人物でもあり、物語の冒頭でに殺されたカマキリ怪人恋人で、純に殺された彼の復讐の為に純の母親を利用して殺害しようとした。

病院で純の母親がいる病室に潜伏し、やって来た純を襲撃するが失敗。
更にその際に純を庇った母親を殺害したことで彼の逆鱗に触れてしまい、最後はガイボーグへと変身した純の攻撃を受け消し墨となり絶命した。

関連項目

ショッカー怪人 蛇姫メドウサ 蜘蛛 仮面ライダーEVE

コメント