ピクシブ百科事典

ガイボーグ

がいぼーぐ

ガイボーグとは、小説『仮面ライダーEVE』の主人公・門脇純が真の仮面ライダーに覚醒する前に変身する怪人の名称である。※メインイラスト下の怪人。
  1. 小説『仮面ライダーEVE』の主人公・門脇純が真の仮面ライダーに覚醒する前に変身する怪人の名称。本稿で記述
  2. 七星闘神ガイファード』の用語。いわゆるサイボーグであり、敵の上級戦闘員と言った所。


概要

門脇純が、まだ真の仮面ライダーとして覚醒する前の姿。
まで裂けたクラッシャー状の、鋭いや逆立ったの毛など、その容姿は仮面ライダーというよりも仮面ライダーシンと同じく怪人然とした醜い風貌をしている。

仮面ライダーと同等の性能を持ち、植物に影響を及ぼす、などの天候などの自然現象を操る能力を持つ。特に雷は必殺技として多くの怪人を倒している。

また、に巻かれたマフラーは30年ぶりに(父親を除く)家族に再会した時に首に怪我をしていた時、が巻いてくれた包帯で、その赤い色はクモ怪人の攻撃から自分を護ろうとして命を散らしたの血。

かつての後輩、秋元佳代の亭主が遺したスーパーマシンクルセイダーが愛車。

他のショッカー怪人たちとは違い、に装着されたバックルには赤い(イラストではなぜか色になっている)が、実は重大な秘密が隠されていた。

関連項目

仮面ライダーEVE 仮面ライダーガイア 門脇純

以下ネタバレ




























その実態はショッカー首領大首領の本体である種子を収める為に製作された改造人間であり、ガイボーグという名称の真の意味は自然の力を操るサイボーグではなく“ショッカー首領を護るとしての役割を持ったサイボーグ”という意味で、いわばショッカー首領の器として生み出された改造人間たちの総称である(ちなみに首領に寄生された個体は鉢『EIGHT』、鉢の上という意味で7『SEVEN』と隠語で呼ばれていたらしい)。

また、厄介なことにショッカー首領の種子が無ければその肉体を維持することが出来ない仕様となっているため、後に登場する量産機たちは数分で肉体の維持が出来なくなり、肉体が溶け落ちて絶命してしまっている。

最終局面で彼もまた、諸事情でショッカー首領の種子を失い命の危機に瀕するが10大ライダーたちのエネルギーを受けとり仮面ライダーガイアとして生れ変わった結果、一命を取り留める事ができた。

ネタバレ関連
仮面ライダーZX…コミカライズ 仮面ライダーspecialでの大首領の器として生まれた180度ベクトルが異なる改造人間。

関連記事

親記事

門脇純 かどわきじゅん

子記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ガイボーグ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1885

コメント