2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

ブルマイスターツヤクワガタ

ぶるまいすたーつやくわがた

鞘翅目(コウチュウ目)・コガネムシ上科・クワガタムシ科・クワガタムシ亜科・ツヤクワガタ属の昆虫。
目次[非表示]

概要

飼育下にて体長109.9mmの個体が記録されている、世界最大級のツヤクワガタ
野外での最大記録は105.0mmでインターメディアツヤクワガタ(野外最大記録107.0mm)に準ずる。
インド南部、タミルナドゥ州のニルギリ高原に分布する。
学名はOdontolabis burmeisteri

成虫の上翅は明るい白黃色(この色は死ぬとオレンジ色になる)の下地に合わせ目の黒い二等辺三角形の美しい模様を持つ。
オスの大アゴはさまざまな形状・大きさの変化を見せ、小型や中型個体では左右非対称になる場合がある。

世界文化社の『外国産クワガタ・カブトムシ飼育大図鑑』では標高700〜800mの降水量の多い熱帯雨林に生息し、雨季が終わった9〜10月頃にクリプトテロニアという種類の木に集まるとされている。
ちなみに本種の生息する熱帯雨林にはトラが生息するため採集に行くのは危険が伴う。

ツヤクワガタの例に漏れず気性はオオヒラタクワガタフタマタクワガタほどではないが荒い。

ダールマンツヤクワガタアルケスツヤクワガタなどと並びツヤクワガタの入門とされる種。
ツヤクワガタの中では産卵や幼虫飼育も容易なため人気は高いが、ラコダールツヤクワガタや前述のダールマンツヤクワガタといったインドネシアから大量に輸入されてくる種より流通量は少なく、それらの種よりも値段も高額。

甲虫王者ムシキングシリーズ

2004ファーストより登場。肩書きは「華麗なる巨人兵」。
強さ180のバランスタイプ。必殺わざはチョキ技の「クロスダイブ」。

森の民の伝説

セアカフタマタクワガタと共にチョークの使う甲虫として登場。

ザックの冒険編

ライバルキャラのブルックスとして登場。

新甲虫王者ムシキング

2016 1stに登場。SR。
登場当時はチョキ+パー+パーというお助け相性を持つチョキの甲虫がいなかった(現在は激闘編・超神化編のSRセアカフタマタクワガタ超神化編で覚醒したSSRセアカフタマタクワガタ、GRインペリアリスツヤクワガタがいる)ため、SR甲虫の中では公式大会で使用される機会が多かった。超神化3弾で再録されたムシとしては珍しく性能の変化がほとんど見られなかったムシ。
肩書きと必殺わざ名は旧作と同じだが、必殺わざはかなりアレンジされている(新ムシキングではよくあることである)。
旧作では早期に参戦しており強さ180かつオドントラビス属最強甲虫として人気の高いムシだったが、新ムシキングでは覚醒、ゴッドフォーム、赤目のいずれも与えられずマルスゾウカブト共々地味な立ち位置になってしまっている。
また、新ムシキングでは階級SSR(旧作の強さ200相当)のインターメディアツヤクワガタや覚醒アルケスツヤクワガタの登場により、オドントラビス属最強甲虫の座を失ってしまった。
加えて、超神化3弾では同じチョキ属性・SRのヘルマンミヤマクワガタ、超神化4弾ではお助け相性や能力バランスの酷似したセアカフタマタクワガタが覚醒しており、惜しいところで覚醒の機会を逃している点も悔やまれる。

関連タグ

クワガタムシ
オドントラビス属

マンディブラリスフタマタクワガタ…旧ムシキングでの必殺技が同じ(変更前)
グランディスオオクワガタオウゴンオニクワガタマルスゾウカブトパラワンオオヒラタクワガタブルマイスターツヤクワガタコーカサスオオカブトサタンオオカブト:旧ムシキングで強さ180(銀レア)だった甲虫たち。もっとも、マルス、パラワンヒラタ、コーカサスは現実世界では頭一つ抜けた実力の持ち主だと思うが。

関連記事

親記事

オドントラビス属 おどんとらびすぞく

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ブルマイスターツヤクワガタ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ブルマイスターツヤクワガタ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 25788

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました