ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

マレーシアインドネシアに生息する小型のクワガタムシ
ツヤクワガタ属(Odontolabis)の基準種とされている。
野外レコードとして記録されている個体でも53mmと本属に属するクワガタのなかではで小型の種となる。
また、性質も比較的温和である。

スイカのような縞模様があるのが最大の特徴で、明るい茶色の細かい毛が生えて作り出されている。この細かい毛は、胸部、頭部にもまばらに生えている。
その模様からボルネオ島では「ハリマウ()」と呼ばれたり、スジブトツヤクワガタという別名を持つ。

ボルネオ島(マレーシア領)のトゥルスマディ山では、標高600〜1200mのノボタンアカネの仲間の木の細枝によく止まっているとの記録がある。

幼虫はシロアリが食べた後の泥状となった赤腐れした朽木を食べるとされ、飼育でも同じ赤腐れした朽木を粉砕した「赤枯れマット」が必要となる。
ちなみにマルバネクワガタの仲間の幼虫も似た食性をしている。

よく似た外見のケファロテスツヤクワガタという種がいる。

甲虫王者ムシキングでのストリアータツヤクワガタ

2007ファーストから参戦。強さ100、ディフェンスタイプ。肩書きは「アジアンタイフーン」。必殺技はチョキ、「(スーパー)プロペラダイブクラッシュ」。

新甲虫王者ムシキングでの階級はN。肩書きや必殺技などは旧作と同じ。

関連タグ

クワガタムシ オドントラビス属 甲虫王者ムシキング 新甲虫王者ムシキング
縞模様 スイカ

外部リンク

http://fanblogs.jp/anotherstagbeetlesofworld/archive/520/0

関連記事

親記事

オドントラビス属 おどんとらびすぞく

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ストリアータツヤクワガタ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 342

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました