ピクシブ百科事典

マキシムスマルバネクワガタ

まきしむすまるばねくわがた

クワガタムシの一種。マルバネクワガタ属の代表種。
目次[非表示]

概要

中国台湾インドシナ半島インドなど、アジアの広い範囲に分布しているクワガタムシ
マルバネクワガタと呼ばれるグループの代表種・世界最大種。
後述の甲虫王者ムシキングでは「オスでも大アゴが短い」と説明されているが、そこまで極端に短いわけではない。というかぶっちゃけそもそもオスの大アゴがあまり大きく伸びないマルバネクワガタの仲間としては普通かちょっと短い程度である

マルバネクワガタはツヤクワガタ属に近い仲間とされており、生態面でも共通点が見られる。

マルバネクワガタとしては飼育しやすい方だと言われている。ただしマルバネクワガタ自体がクワガタムシ全体で見るとオオクワガタヒラタクワガタノコギリクワガタといった大型人気種の影に隠れるため、あまり流通数が多くない。

日本にも奄美群島沖縄などにアマミマルバネクワガタオキナワマルバネクワガタなど近縁の固有種が生息している。
その中には種の保存法に基づく国内希少野生動植物種に指定されているものもいるため、本種の特定外来生物の指定が検討されており、近い将来国内での販売・飼育が禁止される可能性がある
ペットは責任を持って飼いましょう。本来その地域にいない生き物は逃がしたりしてはいけません。


甲虫王者ムシキングでのマキシムスマルバネクワガタ

2004ファースト拡張パックで初登場。強さ120、アタックタイプ。肩書きは「短くも恐ろしき大アゴ」。必殺技はグー、「(スーパー)ハヤテ」。

新甲虫王者ムシキングにも参戦。階級はR。必殺技は旧作と同じ。

関連タグ

コメント