ピクシブ百科事典

カステルナウツヤクワガタ

かすてるなうつやくわがた

東南アジアのマレー半島、スマトラ島、ボルネオ島に生息するクワガタムシ。オドントラビス属(ツヤクワガタ属)。カステルナウディツヤクワガタともいう。

概要

東南アジアマレー半島スマトラ島ボルネオ島に生息するクワガタムシカステルナウディツヤクワガタともいう。オドントラビス属(ツヤクワガタ属)。
は薄いオレンジ色をしている。ブルマイスターツヤクワガタラコダールツヤクワガタと並ぶ、に色が付くタイプのツヤクワガタの人気種である。
オスの体長が90mmを超えることもある大型種。

大型になると、体の幅も広くなり、迫力のある姿をしている。複眼の後ろに突起が発達する。

多くのクワガタと違って体長に関係なく短歯型と長歯型が生じ、大型の短歯型は同じツヤクワガタであるフェモラリスツヤクワガタタランドゥスツヤクワガタアルキデスヒラタクワガタと並び、最も挟む力が強いクワガタと言われている。
その力は戦った他のカブトムシやクワガタの足や角をへし折ってしまうほど。

また、オドントラビス属の例に漏れず、性格は攻撃的である。

オドントラビス属の中でも人気の高い種であるが、残念ながらゲーム甲虫王者ムシキング』シリーズには参戦していない。

関連タグ

クワガタムシ オドントラビス属

関連記事

親記事

オドントラビス属 おどんとらびすぞく

子記事

兄弟記事

コメント