ピクシブ百科事典

ダールマンツヤクワガタ

だーるまんつやくわがた

東南アジアに分布するクワガタムシの一種。オドントラビス属(ツヤクワガタ属)。

概要

東南アジアマレー半島スマトラ島ボルネオ島等に分布するクワガタムシオドントラビス属(ツヤクワガタ属)。
体が黒いタイプのツヤクワガタで、オスの体長は40mm~80mm程度。
前翅にはミヤマクワガタのような金色微毛が生えており、別名、キンケツヤクワガタとも呼ばれる。
標高1000m以上の高山熱帯雨林に生息している。飛行能力が高く、しばしば街灯に集まる。

原名亜種(キンケツヤクワガタ)を含めて10亜種に分類される。その内のインターメディアツヤクワガタは知名度が高く、オドントラビス属の最大級の種でもある。
ただし、インターメディアには前翅に毛が生えておらず、大アゴの形状も原名亜種と異なることから、独立種とする学者もいる。

ちなみに、原名亜種は甲虫王者ムシキングシリーズには参戦していない。(インターメディアツヤクワガタ新甲虫王者ムシキングに参戦している。)

関連タグ

コメント