ピクシブ百科事典

森の民の伝説

もりのたみのでんせつ

アーケード昆虫格闘ゲーム『甲虫王者ムシキング』を原作としたアニメ。
目次[非表示]

概要

『甲虫王者ムシキング 森の民の伝説』は2005年から2006年までテレビ東京系列にて放送されたTVアニメである。原作同様に外来昆虫と国産昆虫の戦いを描いているが、コロポックルのようなサイズの「森の民」と呼ばれる種族が主人公として登場する。
キャラクターデザインはが大きく、可愛らしいものになっている。これはキャラデザ担当の馬越嘉彦によるもので、『おジャ魔女どれみ』『ハートキャッチプリキュア!』『聖闘士星矢Ω』など数多くの子供向けアニメを手掛けている彼らしい仕上がりになっている。
話は結構暗いが、実はムシキング自体がそういうものだったりする。
OPであるkiroroの『生きてこそ』は初見で絶対に昆虫プロレスアニメの主題歌とは思えない程穏やかな曲調と歌詞であり、今なお名曲として語り継がれている。

あらすじ

森の民の少年ポポは、平和に異変が起きた原因を調べるため旅立ったペレの帰りを待ちわびていた。しかし森の異変は、ポポのピアまで変えてしまう。父ならば、母を助ける手がかりが分かるかもしれない。ポポは父に託されたドングリ型のペンダント「守護者の証」を胸に、父を追って旅立つ。
旅の途中、ポポが持つ「守護者の証」を狙って、森の破滅を願うアダーと手下たちが、赤い目の甲虫を操りポポを襲撃するが、そのたびに何処からともなく巨大なカブトムシ「ムシキング」が現れポポを護る。

関連イラスト

ムシキング
ぽぽそまー



関連項目

コナミ 小学館 ザックの冒険
カブトムシ クワガタ

pixivに投稿された作品 pixivで「森の民の伝説」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 29103

コメント