ピクシブ百科事典

タランドゥスツヤクワガタ

たらんどぅすつやくわがた

タランドゥスオオツヤクワガタの別表記。ここでは主に甲虫王者ムシキングシリーズにおけるタランドゥスツヤクワガタについて記述。
目次[非表示]

概要

タランドゥスオオツヤクワガタの別表記。
東南アジアに分布するツヤクワガタ属(Odontolabis属)と区別するためにあちらが正式和名とされるが、一部の図鑑や甲虫王者ムシキングではこちらの表記が採用されている。

甲虫王者ムシキングでのタランドゥスツヤクワガタ

2003年秋に参戦。強さは200。性格はアタックタイプ。必殺わざはグー。肩書きは「アフリカの宝石」。
ちなみにグーが必殺技のムシの中で最高値である110を唯一所持しているムシ。

「2005年夏限定」で一旦排出を終了したが、「フォレストグリーン」で新技(後述)を引っ提げ、復活。

超必殺技

ヒャクレツケン
旧超必殺技。
ケンシロウの「北斗百裂拳」の如く、相手に無数の連打を叩きつけた後、とどめにもう一発打撃を与える。

バッファロークラッシュ
新超必殺技。
相手に突進して真上に弾き飛ばした後、折り返して落ちてきた相手を再度大アゴでぶつけ、回転を与えて吹っ飛ばす。説明を見れば分かるが、内容は某元悪魔超人必殺技そのもの。

合虫ガッツではアクティオンゾウカブトを差し置いて、ギラファノコギリクワガタヘルクレスオオカブトと共に第1弾のオリジン甲虫として参戦。
このシリーズに置いては、名前が正式和名「タランドゥスオオツヤクワガタ」となっている。

新甲虫王者ムシキングでのタランドゥスツヤクワガタ

2016ファーストから参戦。レアリティはSSR。
超大型イラストは合虫ガッツの使い回しだが、こちらでは再び「タランドゥスツヤクワガタ」表記に戻っている他、肩書きが「アフリカの黒い宝石」と微妙に変更されており、性格がディフェンスになっている(ただし、現状新ムシキングにおいて性格がどのような役割になるのかは不明)などの変更点がある。

ステータスは体力が特に高く、超大型標準値で当時全ムシ中最大(現在は「赤目のジュダイクスミヤマクワガタ」、SGRニジイロクワガタの150、「赤目のサタンオオカブト」、覚醒ニジイロクワガタの140、SGRタランドゥスツヤクワガタ、激闘タランドゥスツヤクワガタ、激闘サタンオオカブト、覚醒アンタエウスオオクワガタ、覚醒ゴホンヅノカブト、激闘ニジイロクワガタメキシコゾウカブトの130に次ぐ4位タイ)の120を誇る。

2016サードのイベントでマスターブラックが使う、旧ムシキングのアダーコレクションよろしく赤い目のタランドゥスツヤクワガタが登場し、マスターブラックに勝利することでほかのステージボスの甲虫同様(極低確率で)カード化することができた。ステータスは通常のタランドゥスと同じ。

激闘編では正式な収録はされなかったが、「Vガジェ&カードセット 雷」に封入される形で新ステータスで登場し、自慢の体力は130に強化。
その他激闘5弾においてはビンゴタイムにおいて2016ファーストのステータスのものが収録、排出された。

超神化1弾では新レアリティ「SGR」が登場。肩書きは「奈落ハーデス」、必殺技は「サバキノメイフ」。紫色の紋章をまとう。イスルギのパートナーであり、名前や肩書きの読み上げもイスルギが担当する。
イベントバトル限定のシークレット枠である。前述の新ステータスに攻撃のみ+30という珍しい伸び方をする。

レギウスツヤクワガタ

激闘5弾で亜種レギウスが「レギウスツヤクワガタ」としてSSRとして参戦。必殺技はチョキの「R.G.ブレイド」。肩書きは「漆黒の皇帝」。
ギラファケイスケレッド、激闘編青メタリフェルホソアカクワガタに並ぶテクニック130とチョキ一色ではないおたすけ相性を持つ。素の体力もケイスケレッドより高い。

超神化3弾でSGRが登場。肩書きは「星海イシス」。必殺技は「ホシウミオト」。

関連タグ

甲虫王者ムシキング/新甲虫王者ムシキング
オウゴンオニクワガタ:旧ムシキングでの必殺技が同じ(変更前)
ケンタウルスオオカブト:アフリカ最大のカブトムシ

pixivに投稿された作品 pixivで「タランドゥスツヤクワガタ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 366

コメント