2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

インドネシアスマトラ島に生息する大型のヒラタクワガタ
学名はDorcus alcides
種小名の由来は、ギリシャ神話ヘラクレスの幼名から。
単にアルキデスヒラタクワガタとも。
昔の図鑑ではフトヒラタクワガタオオズヒラタクワガタと載せられていることもある。
オスの体長は10cm近くなり、野外では最大104mmの個体が記録されている。
体の横幅が広いのが最大の特徴で、愛好家の間では体長よりも横幅が重要視される

オスの大アゴには長いもの(長歯型)、短く内歯が発達したもの(短歯型)、その中間(中歯型)があり、短歯型は、カステルナウツヤクワガタフェモラリスツヤクワガタの短歯型と並び最も挟む力が強いクワガタと言われている。
噛む力が非常に強力な上に、ヒラタクワガタの大型種の例に漏れず非常に攻撃的な性格である。
そのため、餌変えなどの際には噛まれないように、最新の注意が必要である。

一方で必ずしも好戦的とは言い切れない一面もある。例えば自分より明らかに格上と分かっている相手に対しては(追い詰められない限り)こちらからは一切攻撃しないという頭の良さも持ち合わせている。

なお、多くのクワガタムシでは体が大きいほど大アゴも長くなるのが普通だが、本種は大型個体でも短歯型が生まれることがある。
この変化は幼虫時代の生息環境によるものだと思われているが、詳しいことはわかっていない。
なお、一般的には低温で幼虫を飼育すると長歯型になりやすいと言われる。

自然界ではオスは複数のメスを従え樹木の幹にできた亀裂や絡んだの間、うろ、根本に潜んでいるとされる。
また、幼虫はまだ硬い朽木や切り株、倒木から見つかっている。
同じスマトラ島に生息するスマトラオオヒラタクワガタとは標高の高さで住み分けており、本種の方が標高の高い地域に生息している。
そのためスマトラやパラワンといったオオヒラタクワガタよりも暑さに弱いとされる。
飼育方法は他のオオヒラタクワガタと概ね同じで、大アゴやメス殺しに加えて温度管理に注意する必要がある。

本種はスマトラ島の固有種だが、ジャワ島にはユーリケファルスオオヒラタクワガタ(D eurycephalus)ボルネオ島にはトラキクスオオヒラタクワガタ(D thoracicus)という近縁種(代置種)が生息している。

甲虫王者ムシキングでのアルキデスオオヒラタクワガタ

2004セカンドから登場。CGモデルは短歯型。つよさ160のスーパーアタックタイプ。肩書きは「ハーレムプリンス」。必殺技はグー、「コンプリートスマッシュ」。
短歯型でありながら、長歯型並みの体長100㎜の規格外

ムシキングチーム公式レフェリーの「ジャッジマスター・フクチー」が愛用。
2006セカンドおよびダイヤモンドブルーではアダーコレクションが排出されていた。
アダー完結編で究極必殺技を得た。

新甲虫王者ムシキングには旧作のヘルクレススパイラルを流用した一部イラストにて登場しているものの、最後まで参戦には至らなかった。究極必殺わざを使えるのがアダー完結編になってからだったという理由もあるのかもしれないが…

  • 公式サイトのカード一覧では「アダー完結編のカードは説明文が記載されておらず、カード写真は小さくて説明文が読めたものではない」という理由で登場させられなかった可能性はある。ただし、「ネット通販でカードやDVDを買い戻す」という手段は使えなかったのかという疑問もあるが。

関連タグ

ヒラタクワガタ
甲虫王者ムシキング

外部リンク

アルキデスヒラタクワガタ - Wikipedia

関連記事

親記事

ヒラタクワガタ亜属 ひらたくわがたあぞく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 894

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました