ピクシブ百科事典

リボルバグスター

りぼるばぐすたー

仮面ライダーエグゼイドに登場するバグスター怪人の1人。
目次[非表示]

「お前のストレスがピークに達した時、お前は消滅し、自分は完全な存在となる!!」

CV/稲田徹

データ

  • 身長:222.0cm
  • 体重:166.1kg
  • 特色/力:射撃攻撃、集団戦闘


概要

仮面ライダーエグゼイド』第3話「BANしたあいつがやってくる!」に登場。
あまりの難易度で開発が中止となり、お蔵入りしていたガンシューティングゲーム“バンバンシューティング”のデータを取り込んで実体化した戦闘のプロフェッショナルにして、好戦的な性格バグスター怪人

“バンバンシューティング”に登場する敵部隊長・リボルの姿をモチーフとしており、全身が手榴弾などの重火器で構成されたかのような姿をしている。
バグスターユニオン時の姿は巨大リボルバーで、高い爆発力を持つ光弾を発射する。

全身をロケット砲ガトリングなどの重火器で重武装しており、戦闘時には右手に装備された万能重火器『リボルアーム』や自身の率いるバグスターウイルスたちの突撃部隊に的確な指示を飛ばして戦闘に臨む。

また、リボル自身及び戦闘部隊のバグスターウイルスたちは時間経過と共に戦闘能力が向上して行き、戦闘部隊の方は最終的にリボルと同じ姿と能力をも獲得してしまう為、戦闘員が大軍かつ遠距離攻撃を得意としているのも相まって、指揮官であるリボルを早々に撲滅しなければゲーム病の治療完了及び患者の救出が非常に難しくなってしまう難敵でもある。

更に同じ姿になった部下を自身の影武者として仕立て上げ、奥の手であるステルス能力で姿を消しての不意打ちを行って敵を葬りさる必勝法を好んで使用する策略家の一面を持つ。

劇中での活動

劇中では、医者嫌いの少年である北見勇樹に感染した後に勇樹の医者へのストレスを栄養に発症。巨大なリボルバー形態はスナイプレベル1に早急に破壊されたが、バグスター怪人とバグスターウイルス軍団に分かれた後は、バグスターを相手にする仮面ライダーが全員医者(1人闇医者だが)である事で勇樹のストレスがどんどん蓄積されて行き軍団員が次々と補充されていった事で、上記の特性も相まって、3人の仮面ライダーを追い詰め、エグセイドのライダーゲージをわずかにした。

しかし、優樹が危機に瀕しても命を守ろうとしたエグセイドの姿を見て、医者のことを信じることに決めた事でストレスが無くなり、バグスターウイルスを増援できなくなってしまう。一度はエグゼイドの『マイティクリティカルフィニッシュ』で部下と共に倒されたかに見えたが、実際に倒されたのはリボル化したバグスターウイルスの方で、リボル自身は姿を消し不意打ちでエグゼイドを斃そうと目論んでいたが、最後はそれに気づいたスナイプの『バンバンクリティカルフィニッシュ』を受け爆散、死滅した。

Lv5

「防衛作戦開始!」

身長:222.0cm 体重:167.6kg

第15話にて登場。上記の個体の強化復活個体。
テレビ朝日公式サイト曰く、「頭部に追加された戦術支援装置の効果により、指揮能力と射撃能力が高められている」らしい。新たに得たのか以前は使っていなかったのかは不明だが、「友軍と認識した相手の攻撃を無効化する」能力を披露している。
劇中では西馬ニコに感染し、エグゼイド・ブレイブ・スナイプを襲撃する。また、何故かエグゼイドの攻撃が彼には通じなかった。しかし、劇中では戦闘員であるバグスターウイルスを召喚こそしたものの、エグゼイドレベルXXの出現に動揺して部隊の指揮すら取れない混乱状態に陥ってしまった。
結局その場はゲンムの撤退に合わせて無事に戦線を離脱したが、その後もライダー達の内紛に付け込んで彼らを襲撃しようとした所をパラドに鎖で雁字搦めにされて空中に吊り下げられると言った散々な扱いを受けた(ちなみに、このシーンで高所恐怖症である事が発覚した)。

第16話にて、エグゼイドの攻撃が通じないのは「永夢をゲームに勝利させる事で、西馬ニコにストレスを与える為」である事が判明した(リボル曰く「味方に攻撃が効かないのは当然」。劇中では徹底してエグゼイドを無視していた為、恐らくリボルの攻撃も永夢には効かないと思われる)。
しかしエグゼイドとスナイプがゲンムとパラドクスによって追い詰められた際は、ニコにストレスを与える為には永夢を倒されては困ると判断し、永夢を追い詰めていたパラドクスの背中を狙撃するも、楽しみの邪魔をされた事に怒りを露わにしたパラドクスファイターゲーマーレベル50の『ノックアウトクリティカルスマッシュ』で逆に始末されてしまった(その後、彼のデータもゲンムのガシャコンバグヴァイザーで回収されている)。

後の第18話ではパラド檀黎斗に対し、ゲームクリアを遂げて倒す必要がないにも関わらずバガモンバグスターを消した事や、モータスバグスターを囮として利用した挙句排除した事を詰め寄った際にリボルの件を持ち出されるも、パラド自身は「ゲームのルールに則って真剣に遊んだ結果」と答えた(実際にリボル撃破時にはゲームクリアの文字が表示されている)。

その後

なお、第24話ではパラドの手によって他のバグスター逹と共に再度復活を遂げており、『仮面ライダークロニクル』のプレイヤーとしてエントリーした。

レベルは不明だが、第27話では遊園地にて手下のバグスターウイルス達と共にライドプレイヤーに変身した女性と戦っており、そこに駆けつけた西馬ニコが変身したライドプレイヤーとも対決する……が、手下のバグスターウイルス達をまとめて倒される、撃った砲弾が『反射』のエナジーアイテムで跳ね返される、弱点である高所恐怖症を利用した風船による戦法で押されるなど一方的に追い詰められてしまい、最後は『ニコクリティカルキック』で呆気なく撃破されてしまった。ちなみに彼が全国で初めてライドプレイヤーに倒されたバグスターとなり、相手が悪かったとはいえ本来のプレイヤーであるバグスターとしてはかなり不名誉な称号を得る事となってしまった。

第25話でのソルティの発言から、復活の可能性は大いにある。
しかしニコが既に倒してしまっており、彼女のゲームクリアにはもはや関係ない存在であることから、今後はライドプレイヤーを痛めつけたりCRのライダーたちを妨害したりといった地味な活躍しか期待できないと思われる。

本編以外での登場

仮面戦隊ゴライダー』では、黒幕が開発したゲームの影響で復活を果たしたバグスターの一体として登場。
いくら倒しても復活を繰り返し、他のバグスターと共にブレイブスナイプを追い詰めていくが、ゲームの世界が消滅した事で復活出来なくなり、消滅した。

余談

第3話のステージにある廃車は日産・スカイライン(9代目)。
ライダーゲージが切れかけたエグゼイドとブレイブが防弾壁として背後に逃げ込んだ。そこからエグゼイドが飛び出す際ウイルス達の銃撃を受けているが、何と無傷で耐えている。

関連項目

バグスター 仮面ライダーエグゼイド
ソード・ロイミュード→同じく時間経過で強化されて行く能力を持つ。

pixivに投稿された作品 pixivで「リボルバグスター」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3819

コメント