ピクシブ百科事典

バンバンシューティングガシャット

ばんばんしゅーてぃんぐがしゃっと

特撮ドラマ『仮面ライダーエグゼイド』に登場するアイテム(メイン画像の人物の得物)。
目次[非表示]

「ババンバン!バンババン!バンバンシューティング!」

信じるのは我が身ひとつ 禁じられたエリアを開放せよ!

概要

仮面ライダーエグゼイド』に登場する変身アイテム・ライダーガシャットの内の1つ。

ゲーマドライバーに装填することで、装着者をシューティングゲーマーに変身させる。
ベースカラーは紺色で、モチーフのゲームジャンルはシューティングゲーム。ただし、ここで言うシューティングとはガンシューティングのことなので注意(戦闘機に乗るゲームはジェットコンバットガシャットが別に存在する)。
所有者は花家大我

ガシャットのラベルには仮面ライダースナイプに似たガンマンが、端子部にはスナイプのレベル2の姿が描かれている。
スナイプも、『バンバンシューティング』のガシャットのラベルに描かれたキャラがモチーフのライダーと思われる。

ゲームエリアで生成されるアイテムボックスはドラム缶。
ガシャコンウェポンとしてガシャコンマグナムが登録されている。

本編

第2話終盤にて、「新しいゲーム開発費の援助」と称した大金と引き換えにゲーマドライバーと共に花家大我檀黎斗から貰い受けた。

ゲームの内容

宝生永夢によると開発中止になったゲームで、隊長を倒さない限りは敵兵を倒してもパワーアップして蘇生し続けるというハードすぎる難易度になる予定だったらしい。

レベルアップ時の演出から近未来の都市を舞台にしたガンシューティングであると予想される。

最終話で社長室にポスターが張られていた事から、最終的に新社長下での幻夢コーポレーションの立て直しの為に開発が再開され、正規の商品として発売される事になった事が仄めかされている。

プロトバンバンシューティング

「ババンバン!バンババン!バンバンバンバンシューティング!」
第3話の回想シーンにて本体が黒く、ラベルがモノクロのバンバンシューティングガシャットが登場している。かつてCRに所属していた大我はこれを用いて変身していた
上記の音声は玩具版をゲーマドライバーで使用した際の音声。
なお、当時は劇中とバグスターウイルスの特性が異なったため、レベルアップはしていない。

関連タグ

仮面ライダーエグゼイド ライダーガシャット
花家大我 仮面ライダースナイプ

シューティングゲーム/ガンシューティング

pixivに投稿された作品 pixivで「バンバンシューティングガシャット」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15817

コメント