ピクシブ百科事典

TV版プリキュアオールスターズ

てれびばんぷりきゅあおーるすたーず

プリキュア15周年で実現した奇跡の大集合!
目次[非表示]

「全員集合!プリキュアオールスターズ!」

概要

プリキュアシリーズの2018年放映作『HUGっと!プリキュア』はプリキュア15周年記念作を銘打っており、初代プリキュアであるキュアブラックキュアホワイトとのコラボが数多く行われた。例えば秋映画ではハグプリチームと初代チームがW主人公として共演したり、TV本編でも第21・22話においてブラックとホワイトがゲストとして登場したりという具合である(→そのときぶっちゃけありえない事が起こった

そして、第36〜37話ではブラックとホワイト以外の歴代プリキュアもついに参戦。プリキュアシリーズでは史上初となるTVシリーズでのプリキュアオールスターズ総登場が実現した。
2話に渡って描かれたそのエピソードは、映画「プリキュアオールスターズ」にひけを全くとらないほどにお祭り感が高いものであり、まさに「TV版プリキュアオールスターズ」にふさわしいものとなっている。

プリキュアオールスターズメモリーズ



あらすじ

「永遠な楽園」を作り出すため、世界の時間を止めて未来をなくすことを目論むクライアス社
そこに所属するドクター・トラウムはついに限定的な範囲の時間を止める装置を完成させた。
そして、その力で歴代プリキュアが救った町々を襲い、現地の時間を停止する侵略計画を開始。
しかし、魔法つかいプリキュアの3人とキラキラ☆プリキュアアラモードの6人は故郷の時間を停止させられながらもからくも逃げ出し、クライアス社と戦うHUGっとプリキュアの5人と合流。
トラウムの野望をくじくためにまだ無事な他のプリキュア達とも合流しようと、二手に分かれて探索行を開始。ほまれチームは四つ葉町で桃園ラブ/キュアピーチを見つけ出し、はなチームはサンクルミエール学園の周辺で夢原のぞみ/キュアドリームを見つけ出す。
だが、そこに本気を出したトラウムが攻めてきて大ピンチに! そこに颯爽と天から舞い降りてきたのはキュアブラックとキュアホワイト、そしてシャイニールミナスの3人だった。心強い先輩の加入に俄然盛り返すプリキュアたち。19人の力を合わせてトラウムを追い詰めるが、自暴自棄になったトラウムは自らの体内に限界を超えるトゲパワワを取り込み暴走状態に。19人のプリキュア達の時間はついに止められてしまう。だが、止まった時間の中でも諦めない心を持ち続けた19人がその思いを爆発させた時に、奇跡が起こる。
友達の危機を助けるために戦友たちが… 残りのプリキュアオールスターズが次元を超えてやってきたのである。
一方、トラウムも負けじとプリキュアたちがかつて戦ってきた歴代な怪物たちのコピーを作り出すなど、恐るべき物量作戦人海戦術に打って出て、プリキュアたちに宣戦布告を告げた。そして55人のプリキュアと数千体の闇の怪物軍団との世紀の大合戦が映画館のスクリーン…ではなく、お茶の間のテレビを舞台に始まったのである。

戦況の詳細、ワンフォーオールオールフォーワン

ふたりはプリキュア

「全員集合!プリキュアオールスターズ!」の掛け声が上がり、戦いの火蓋が切って落とされた。
頭数でもプリキュアたちを圧倒的にリードしているにもかかわらず、各々の心が全くテンデンバラバラで、連携チームワークも相変わらず全く駆使しない敵構成員や怪物たちとは対照的に、まず無数な怪物たち相手に先陣を真っ先に切ったのが、キュアブラックキュアホワイトふたりはプリキュア

すべてのはじまり


ブリザード青キュア

次に水と氷の合わせ技で浄化したのが、キュアアクアキュアマーメイドキュアダイヤモンドキュアマリンキュアジェラートブリザード青キュアクインテット

sapphire arrow
キュアマーメイド


キュアマリンめっちゃ偉そうにしてた
キュアジェラート
✼TwinkleDiamond✼


ツンデレ天体キュア

次に星と光の合わせ技で浄化したのが、キュアミューズキュアトゥインクルキュアエトワールキュアフォーチュンツンデレ天体キュアカルテット

キュアミューズ
星のプリキュア


あざとイエロー

次に怪物相手にあざとさっぷりを思う存分発揮したのが、キュアレモネードキュアパインキュアピースキュアカスタードあざとイエローカルテット(あざとさを単に振り撒きにやって来たと言えばそれまでだが、一体何しに来たのか全くわからない様相であった。怪物を一体も浄化できなかったのは、結局この子たち4人であった)。

私達もいきましょう
あざとイエローの系譜


剣キュア

次にそのあざとイエローを助けるために、ベリーソードは囮よ!作戦であっさりと浄化したのが、キュアベリーキュアビューティーキュアソード剣キュアトリオ

ほら!あたしって完璧だし♪
プリンセスビューティ
キュアソード


イケメン桃キュア

次にナケワメーケを絶妙な連携で浄化したのが、キュアハートキュアメロディキュアピーチイケメン桃キュアトリオ

キュアハート誕生日イラスト
ピーチ&メロディ


イケメン球技キュア

次にヴァレーボールサッカーフットサルの応用合わせ技で蹴散らしたのが、キュアサニーキュアルージュキュアマーチイケメン球技キュアトリオ

サニーファイヤー!!!
【NS】夢のツインシュート!


盾キュア

次にデザートデビルの攻撃を堅固なバリアで防御したのが、シャイニールミナスキュアサンシャインキュアロゼッタキュアミントキュアアンジュ盾キュアクインテット

わたしはひかり
キュアロゼッタ
♡ミントさん♡
キュアアンジュ
キュアサンシャイン


川村敏江桃キュア

次にその盾キュアの援護から反撃に転じて、デザートデビルを浄化したのが、キュアドリームキュアハッピーキュアエール川村敏江桃キュアトリオ

ピンクプリキュア集合!


ほ~む♡めいどキュア

次にソレワターセの動きを拘束したのが、キュアホイップキュアリズムキュアハニーほ~む♡めいどキュアトリオ

ホイップ
プリキュアワンドロまとめ ピンク系
キュアハニー


花キュア

次にホイップたちの拘束技を破ったソレワターセを花霞技で浄化したのが、キュアフローラキュアブロッサム花キュアコンビ

花キュア


お姉様キュア

次に無数の怪物を全く寄せ付けず無双ぶりを披露し、「なんか……あそこだけオーラが違うわね……(汗)」シエルを戦々恐々とさせたのが、キュアショコラキュアエースキュアマカロンキュアムーンライトお姉様キュアカルテット

すごいパワーです キュアムーンライト
オーラの違う方々
プリアラまとめ8


妖精キュア

次にそのお姉様たちに圧倒されつつも、怪物を一網打尽にしたのが、ミルキーローズキュアフェリーチェキュアパルフェ妖精キュアトリオ

3/24~3/30お題
無題


フォームチェンジキュア

次にハイパーアカンベェを息が合ったコンビネーション攻撃で浄化したのが、キュアブルーム&キュアイーグレットキュアラブリー&キュアプリンセスキュアミラクル&キュアマジカル3組のフォームチェンジキュアコンビ

初描き。
幸せハピネス!フルチャージ!!
ルビー!


弦楽器キュア

次に桃キュア13人を力強くフォローしつつ、怪物を弦楽器技で浄化したのが、キュアパッションキュアビートキュアスカーレットキュアアムール光堕ちキュアキュアマシェリ弦楽器キュアクインテット

キュアマシェリ
弦楽器組


桃キュア13

そして、ブラックのストレイトブロー、ブルームのリフティング、ドリームとミラクルのドロップキック、ピーチとフローラの単独必殺技、ブロッサムとハッピーの落下体当たり、メロディとホイップの拘束技、ラブリーのパンチングパンチ、ハートのサマーソルトキック、エールの会心の一撃などの息もつかさぬ連続攻撃でトラウムを圧倒し、どのプリキュアも個性とチームワークをミックスしたプリキュアらしい戦い方を披露し、無数の怪物をすべて浄化した。

ありがとうがいっぱい



最終形態化したトラウム

しかし、トラウムは自身の暴走形態からトゲパワワでさらなるパワーアップを果たし、最終形態とも言える姿へと変貌を遂げてしまった。トラウムとしての自我は最早残っておらず、プリキュアたちに対する憎悪しか残っていない。その姿はフュージョンボトムブラックホールといった歴代映画オールスターズシリーズの初期に登場した黒幕的存在たちを彷彿とさせる闇なエナジーの集合体ともいうべき姿をしている。 今までの形態とは比較にならないほどの強化を果たしており、それは地球そのものをすべて丸呑みするほどの規模であり、彼の暴走形態を圧したプリキュアオールスターズすら圧倒するパワーを得ている。

信は力なり、プリキュアオールフォーユー

エールを擁するハグプリ5人もこれには動揺をさすがに隠し切れず、すっかり怯えきってしまった。ここまで決して諦めることなく、むしろ先輩たちの背中を押してきたエールたちハグプリ勢も「こんなの……いったいどうすれば………」と絶望に陥りかけた。
だが、「大丈夫!自分を信じて、仲間を信じて!」とブラックはエールに静かに力強く語りかけて、歩み寄る。「そうだよ!わたしたちはプリキュアだもん!」と怯えたエールは勇気を再び取り戻し、「こんな時、わたしたちは絶対に諦めない!」とホワイトも続く。

オールスターズメモリーズ


それらに呼応するように、歴代プリキュアたちもそれぞれの守りたい想いをハグプリ勢に伝えていく……………。

ホイップ「そう、笑顔を作る大好きな気持ち!

スマプリ!
大好きが一番のmust item


ミラクル「手を取り合って奏でる思い!

魔法つかいプリキュア!
まかせて★スプラッシュ☆スター★
笑顔が生まれるハーモニー!


ピーチ「愛する心と幸せな花!

♦♥A♠♣ラブリンク!
はぴちゃ
フレッシュプリキュア!
ハートキャッチプリキュア!Blu-ray BOX 発売決定!


ドリーム・フローラ「夢に向かって羽ばたく強さ!

5ごーごー
♥ありがとう!プリンセスプリキュア♥


シャイニールミナス「そして、希望!

ふたりはプリキュアMaxHeart



そして、エールたちハグプリ勢は自分たちの守りたい想いが何かを自覚する。

ブラック・ホワイト・エール「プリキュアの美しき魂が! 邪悪な心を打ち砕く! そして、輝く未来を切り開く!」

プリキュアオールスターズメモリーズ



歴代プリキュアたちの熱き想いを受けとったハグプリ勢がそれを自分の想いと共感させることができたその瞬間、彼女たちの腕にはめていたブレスレットがアスパワワの輝きによってプリキュアミライブレスへと変化し、ハグプリ勢「繋がる絆!わたしたちの未来!プリキュアオールフォーユー!」と宇宙空間に漂っているトラウムに向かって発動した。

なんでもできる!なんでもなれる!



元気玉要員

エクストラプリキュアたち

全プリキュアの力が結集したプリキュアオールフォーユーに呼応するように、キュアペコリンキュアモフルンロイヤルキャンディキュアフラワーキュアテンダーキュアサンセットキュアウェーブキュアエコーといったエクストラプリキュアたち

ドーナツ🍩
くる💛もふ
Aloha Precure!
キュアエコー☆
キュアテンダー
キュアフラワー


元敵構成員たち

霧生満霧生薫リオウエスターサウラーレジーナビブリーといった元敵構成員たち。

際立つ白さ!
ピカリオ
満と薫
想いの力でオール・フォー・ユー!


理解者&協力者たち

七瀬ゆい調辺音吉魔法学校の校長といったプリキュアたちに今まで関わってきた協力者たち心をひとつにしてプリキュアのパワーアップに進んで協力し、必殺合体技は輝きと力強さを限りなく増した

わたしの夢
音楽は誰も拒まない
KOCHO!!!



そして、ノーサイド

「わたしたちの想い、全部持っていって!」 というブラックとホワイトの掛け声と共に放たれた、全プリキュアと協力者たちの想いが込められたプリキュアオールフォーユーは、暴走を止められぬトラウムをついに浄化するまでに至った。
そして戦いはプリキュアたちに軍配が挙がった。
これぞ正に、ワンフォーオール、オールフォーワン」と「信は力なり」を言葉通りに実践したプリキュアの、プリキュアによる、プリキュアらしい戦い方と勝ち方の集大成であった
この全プリキュアたちを打ち破れる邪悪な集団がいるのなら、是非お目にかかりたいものである。

プリキュアオールスターズ
プリキュア15周年超オールスターズメモリーズ!!★ギネスに挑戦♪



登場キャラ

声ありのキャラ

同年の秋映画『オールスターズメモリーズ』ではプリキュア オールスターズ全員声あり出演が実現しているが、さすがにTV版では半分以上のプリキュアは声なし出演となってしまった。しかしブラックとホワイト以外はあくまでゲスト扱いだった秋映画と違い、このTV版では声ありで出演したプリキュア達にも結構な出番が用意されている。そして何よりプリキュア以外のサブキャラにも声付きで出番が用意された。


※:キュアモフルンは権利の都合上、下半身しか映らなかった。余談も参照のこと。

モブキャラ

正規のプリキュアオールスターズではない歴代作品の番外戦士やサブキャラも声なしのモブとして画面に登場している。


余談

  • 55人のプリキュアが登場した37話を担当した作画監督は映画「プリキュアオールスターズ」で作画監督を務めてきた青山充である。
  • 同年の秋映画『オールスターズメモリーズ』でも55人のプリキュアオールスターズが勢ぞろいしているが、映画の方ではオールスターズが作品ごとのチーム単位で戦闘していたのに対して、このTV版の方では別作品のプリキュア達が似た属性ごとに独自のチームを組んで戦闘しており(上述した「戦況の詳細」を参考)、映画との差別化が図られている。
  • 終盤でモフルンが変身したキュアモフルンの姿が足だけ登場している。これはキュアモフルンが100年に一度の変身という設定だったのでいくらお祭りと言ってもモロに出すのは憚られたと考えられるが、もう1つの大きな理由としてキュアモフルンがいわゆる「映画限定プリキュア」であることが原因とも言われている。プリキュアの映画は製作委員会方式であるため権利関係がややこしく、映画オリジナルキャラはTVに気軽に登場させられないという理屈である。
    • 一方、同じく映画限定プリキュアであるキュアエコーがモブキャラ扱いとはいえちゃんと登場したことは快挙でもある。キュアモフルンがだめだったのにキュアエコーがOKだった理由については、エコーが登場した映画『プリキュアオールスターズNewStage』から時間がたったこともあり、エコーの権利関係に変化が生じたのではと言われている。
  • 声ありで出演したメンバーの選抜基準については公式で何か言われたわけではないが、一応の基準は伺える。少なくとも「これらのプリキュアは他のプリキュアよりも人気や知名度がある」で選抜したわけではないとは思われる。
  • 『スーパースターズ!』で共演したメンバーは既に知り合い同士であるため、時間軸的にはスーパースターズの後の話のように思われるが、一方で『魔法つかい』と『アラモード』のメンバーはそれぞれ大人の姿で最初は登場しており、視聴者に衝撃を与えた(大人まほプリ大人プリアラも参照)。つまりこれはそれぞれの作品の最終回のエピローグよりも後の時間軸でもあるのだ。そして彼女たちはトラウムの時間操作技術によって中学生の頃まで時間を戻されてしまうのである。それが今回の話の始まりとなる。
    • なので『スーパースターズ!』と厳密につながっていると仮定すると、『スーパースターズ!』で彼女たちが中学生の姿になっていたことはどういう理由なのかという謎が出てくるので、このあたりはある種のパラレルワールド的に扱った方が無難だろう。
    • また、大人プリアラを前提として考えた場合、第37話終盤のシーンではキュアペコリンどころか、白い戦闘コスチューム(半公式的にキュアワッフルと言われているあれ)のリオも登場しており、これも視聴者を驚かせることになった。というのも物語的にはルミエルの力を借り受けての一時的に変身した物だった為である。しかし『アラモード』での設定上プリキュアの性別を問わないことを考えると、リオも自身の成長に応じてプリキュアやそれに準じた力に覚醒したとも考えられるだろう。
    • さらに言えば、『魔法つかい』と『アラモード』を境にしてオールスターズから『ドリームスターズ!』『スーパースターズ!』といった直近3作品クロスオーバーに切り替わったという事情もあったりする。このためオールスターズ初登場となる『アラモード』『HUGっと』は自分たちが出会った以外の他のプリキュアを知らないという描写がなされている。
  • プリキュアオールスターズをTVに登場させるということは、実は2016年の『魔法つかい』で行う計画があった。これは企画部長である鷲尾天のアイデアで、「1月に最終決戦になるプリキュアはいつも年始がシリアスな展開になる。新年らしいお祭り感ある構成にできないだろうか」という発想からはじまったもの。本編ストーリーを12月に完結させて、翌年1月はプリキュアオールスターズが登場する特別編としてまさに「お祭り」な展開にしようと考えたわけだ。しかしプロデューサーである内藤圭祐が現場の負担を考えて反対したため幻の企画となってしまった。これについての詳細は映画「プリキュアオールスターズ」の項目も参照。
    • ちなみに、今回の『HUGっと』のプロデューサーも内藤であり、因縁を感じさせる。


関連サイト

歴代プリキュア55人+αが勢ぞろい HUGプリ第37話「奇跡なBパート」で何が起きたのか

関連タグ

HUGっと!プリキュア プリキュアオールスターズ ワンフォーオール、オールフォーワン

はなチーム … 36話で別れた2チームのうち、はなと一緒に行動した側のタグ
ほまれチーム … 36話で別れた2チームのうち、ほまれと一緒に行動した側のタグ
そのときぶっちゃけありえない事が起こった … キュアブラックとキュアホワイトが先行して登場した21〜22話に関するタグ

pixivに投稿された作品 pixivで「TV版プリキュアオールスターズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12560

コメント