ピクシブ百科事典

雪城ほのか

ゆきしろほのか

『ふたりはプリキュア』・『ふたりはプリキュア MaxHeart』の主人公の一人。そして、偉大なる初代プリキュアの一人である。
目次[非表示]

CV:ゆかな

概要

主人公の一人でキュアホワイトに変身する。パートナーはミップル
大きな日本家屋で祖母のさなえ及び飼い犬の忠太郎とともに暮らしている。
両親は海外でアートディーラーをしており、家族一同が揃う機会はあまりない。

初登場時はベローネ学院女子中等部2年桜組で、『MaxHeart』で「3年桜組」に進級。
クラス委員を務める。部活動は科学部に所属し、独創的な実験を積極的に行っている。
当初は実験の度に小規模な爆発事故を起こしていたが、それなりに成果は上げている模様。
3年に進級後は部長を務め、慣れない役回りに右往左往しながらも部員たちをまとめ上げる。
物理学者のブレキストン博士(風貌がどことなくアインシュタインに似ている)を尊敬し、
手本としていることから、彼女の将来の目標は学者のようである。

外見・性格

長い黒髪を一部上頭部で束ねている。お嬢様育ちのおっとりした性格で礼儀正しい。
整った容姿と品が普通に高い性格ゆえに男子からの人気は高く、月に一・二通はラブレターをもらっているらしい。身長はなぎさより少し高い。

一人称は「わたし」、二人称は「あなた」。呼称は年上は勿論、ある程度親しい相手や同い年以下にも苗字に「さん」付けで呼ぶ。
ストーリー当初こそ美墨なぎさを「美墨さん」と呼んだが、懇ろになったなぎさと妖精・敵キャラには呼び捨てで呼び、ひかりには「さん」付けで呼ぶ。また、家族に対しては「お父さま・お母さま・おばあちゃま」と呼ぶが、両親や祖父母を「さま」付けしたのは彼女が意外にも最初である。

中性口調で話す今時な女子中学生らしいなぎさとは対照的に、清楚で可憐なほのかは女性語を常用する。なお、ほのかのこの女性語は白キュア寒色キュアの伝統として、後のお嬢様キャラクターやお姉様キャラクターも踏襲することになる存在する)。

学業では学年トップの成績を常に修めており、理数系学問を特に好んでいる。
(なぎさが勉強を教えてもらいに彼女の家をよく訪れている)
薀蓄女王(うんちくじょおう)」とあだ名されるほど博学かつ好奇心旺盛で
不思議なことには首を率先して突っ込むため、なぎさを困惑させることがある。
反面、なぎさの大胆な行動に振り回されることも多いので、これはお互いさまなのかもしれない。
運動神経も良い方で、特にスキーやスケートといったウィンタースポーツはかなりな腕前を誇る。

やや天然ボケな一面もあるが悪事を悪いとはっきり言える芯の強さを持ち合わせ、両親の仕事先に押し入ってきた強盗に怯えるどころか説教をして改心させたことすらあり、傲慢なドツクゾーンの構成員相手にも毅然とした態度を取る。
精神的には気丈でタフなほのかは、意外とナイーブな面を持つなぎさを時に励まし支えるが、
逆にほのかの心が弱った際には、なぎさが支える側に立つ。そんな二人は強い友情で結ばれている。

余談

上北ふたごのコミカライズ版「ふたりはプリキュア」では、タコカフェ店主の頼れる姉御アカネが、なぎさとほのかの仲の良さを評して
「アンタたちすっかり親友ってカンジね。ってゆうのか、姉妹、親子、熟年夫婦みたいね」(抜粋)
などと揶揄している。……百合キュアというジャンルが生まれたのも、さもありなん、である。

関連イラスト

黒縁めがね
無印
ふたりは…!



関連タグ

プリキュア ふたりはプリキュア キュアホワイト ミップル 白キュア
美墨なぎさ 九条ひかり 雪城さなえ 太眉 
なぎほの キリほの 藤ほの
メズール:『仮面ライダーOOO』の悪役。怪人態の中の人がゆかな、加えて人間態の外の人の名が「ほのか」という狙ったかのような一致振り。
双子座のパラドクス/双子座のインテグラニチアサ繋がり且つ中の人繋がり
ぽのか - 似ているが関係は無い別キャラ···のはず

pixivに投稿された作品 pixivで「雪城ほのか」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5359998

コメント