ピクシブ百科事典

大人まほプリ

おとなまほぷり

『魔法つかいプリキュア!』のキャラクターが大人に成長した姿を描くタグ。
目次[非表示]

概要

魔法つかいプリキュア!』は最終話の1話前に当たる第49話Aパートでラスボスを倒してしまったため、同話Bパートからはなんと数年後の時代が舞台となった。
当然、プリキュアやその仲間達が立派に成長した姿が描かれている。

大人みらいさん美人でしたね♪


女子大生になった。魔法界への留学経験から、自分の知らない国のことをもっと知りたいという気持ちが強くなり、大学ではいろんな国のことを勉強している。母親が海外へ仕入れに行く時もすでに同行しており、国際人として着々と歩みつつある。

魔法つかいプリキュア!大人のリコ。


魔法学校の新任先生になった。もう魔法を失敗することもなく生徒たちからは普通に尊敬されている。上昇志向の高いリコらしく、将来は魔法学校の校長になるという野望を秘めている。しかも魔法の水晶も「新たな校長が生まれる予兆」を感じ取っており、遠からぬ将来に現実になる模様。

何処までも、行こう


宇宙の概念的なものになった彼女は、普段は魔法界とナシマホウ界の向こう側のそのまた向こう側に座しており、あまねく生命が笑顔になるように祈りを捧げ続けているとのこと。
時間の流れでの成長や加齢はしないため、未来の世界でも中学二年生の姿のままでみらい達の前に現れた。そしていたずら心でみらいとリコも同じように中学二年生の姿に戻してしまったことから最終回の50話の物語が始まる。

意外にも・・・

実はプリキュアシリーズでは「プリキュア達が成長した姿」を明確に描くことは避けられていた。
映画『プリキュアオールスターズNewStage3』で描かれた「夢の世界」で、夢原のぞみ未来の可能性世界を描いたことがあるが、それは夢の中だからという理由で外見だけは中学生のままであった。
また、同じく「夢」をテーマにする前年の『Go!プリンセスプリキュア』のエピローグでは、作品のテーマ的に主人公達が夢を叶えて成長した姿を描ざるを得なかったが、それぞれのキャラクターごとにわずか数秒しか描かれておらず、さらに顔ははっきり写していなかった。
そう考えると、主人公達が成長した姿をちゃんと露出し、しかも彼女達の日常の様子にまで触れたのは意外であるとさえ言えるだろう。
ただし、その本作でさえも、最終回ではことはの魔法で中学生時代の姿に戻されており、成長した姿をあまり強調するのを避けていることはわかる(ただし、この最終回でも見た目が中学生なだけで、精神的成長を果たしていることはちゃんと強調されている)。
大人になった様子を描くのを避けているのには様々な事情があるだろうが、キャラクターを大人にさせてしまったらメインターゲットの女児達が感情移入しにくくなるという面が一番大きいとは思われる。

また、ファンの間で囁かれているものに「プリキュアオールスターズの映画に毎年出演する都合上、視聴者に成長を意識させるわけにいかなかった」という説がある(いわゆるサザエさん時空の理屈)。
そして、『魔法つかいプリキュア!』が放映された2016年でプリキュア全員が出演するという意味でのオールスターズ映画は完結した。プリキュアシリーズのクロスオーバー映画自体は続くようだが、毎年必ず出演という縛りはもうなくなると思われる。プリキュア達も成長していくということをそこまで避けなくてもよくなったため、みらい達が大人になった姿も描けることもできたのではないかという理屈だ。
(映画との兼ね合いの話を考えると、下記している「宇佐美いちかとの年齢差の問題」が新たに発生するのではあるが・・・)

なお、小説版などのスピンオフ展開ではキャラクター達が大人になった姿を描くことにはタブーがないようであり、小説スマイルプリキュア!ではなんと24歳になったみゆき達が描かれている。
ただし、この小説スマプリはある仕組みが取られている。というのもこの小説スマプリを執筆した小林雄次がトークショーなどにおいて明かしている事なのだが、小説版においても東映アニメーション側(正確には執筆の話を持ちかけた、該当作プロデューサーの梅澤淳稔)から「成長した姿を書いてはならない」と明確に告げられている。その理由はもちろん、上述のようにオールスターズという展開がある関係、となっている。そのため小林がまだ原稿を書いていたときに『Go!プリンセス』のエピローグを見て驚いたりもしたという。しかし、小林はこの制約をあえて逆手に取った。ネタバレに関わる事だが、「では、こういうオチで実はこうだったという展開ならいいんですね?」と梅澤に話し、許可を得たことで、その結末が前提となって大人の姿を描くことが出来たのである。

余談

  • 『魔法つかいプリキュア! オフィシャルコンプリートブック』によれば、「変身後に頭身が上がるんだから、最後にはみらいたちが大きくなった姿を見せたい」として、制作の当初から予定していたことが明かされている
  • 大人になったみらい達が正確に何歳なのかは不明なのだが、中学二年生だったみらいが大学生になっているので、最終決戦(中学二年生の1月)から最低(大学一年生の4月)でも4年と3ヶ月は経っているのは確かである(公式LINEアカウントでも4年経ったと明言されている)。浪人や留年の可能性を排除すれば、満19歳〜22歳の間ということになる。また、いままでの作中で教育実習生だったリズが19歳という設定だったのと、リコが「この春から先生になった」と語っていることから比較からすると、今のリコは当時のリズよりも少しだけ上の年齢なのではないかと推測される。
  • 最終話となる第50話も同じく数年後の世界が舞台となっているが、そこで次回作の主人公宇佐美いちかと遭遇している。この回ではみらいとリコは中学時代の姿になっていたので、いちかも3人にタメ口で接していたが、実際は大学生の年齢の為、みらい・リコといちかとの年齢差は5歳以上離れている計算になる。
    • 最終回から2ヶ月後の2017年3月に上映された『映画プリキュアドリームスターズ!』でも『まほプリ』と『プリアラ』は共演しているが、こちらでは初対面扱いで年齢差もない。『魔法つかいプリキュアオフィシャルコンプリートブック』のスタッフインタビューではこの最終回と映画はパラレルワールドで考えてほしいとしている。ちなみに『プリアラ』の映画版でもみらい・リコ・ことはの3人がゲスト出演しているのだが、こちらは『映画ドリームスターズ!』ですでに知り合っているという扱いである。
    • この最終回でみらい達といちかが出会った場所は『プリアラ』に登場する移動店舗「キラキラパティスリー」(キラパティ)なのだが、この時キラパティにはいちか一人しかいない。実は『プリアラ』ではキラパティはプリキュア達みんなのお店ということが重視されており、いちか一人しかいない状況は『プリアラ』の最終回およびそれ以降の時間軸に限られる。この『プリアラ』の方の最終回は本編終了の1年後以降が描かれるのだが、その時点でいちか以外の仲間たちは自分の夢のためにキラパティから卒業し、ペコリンも別途店を構えたたため、いちかが一人でキラパティを切り盛りしているのである。さらにいちかは「キラパティをいちご坂以外にもあらゆる場所で開いて世界を笑顔でつなげたい」という目標を持つようになっている。『まほプリ』最終回で登場したのはいちかのみであったことと、いちご坂ではなくみらい達の街の近所にキラパティが現れていることから、「『まほプリ』最終回は『プリアラ』の本編終了1年後以降の話だったのでは」と言う考察もファンの間で生まれている。「本編終了1年後以降」ということは『プリアラ』第1話時点から満2年たってからさらに後ということ。この推察が当たっているとなると、両チームの年齢差はもう少し縮まる可能性もある。
    • なお、実質の最終回の後の特別編で、新旧主人公が顔合わせをするという流れはプリキュアシリーズでは今回が初。翌年も同じような顔合わせがあり定番化が期待されている。
コラボに定評のある破壊者


  • HUGっと!プリキュア』第36〜37話で『魔法つかい』のメンバーが客演しているが、最初に登場した時は大人の姿であり視聴者を驚かせた。その後にドクター・トラウムの時間操作ビームを浴びて肉体の時間が巻き戻り中学生の姿になってしまうという流れ。
    • ちなみに同話ではプリアラも大人出演している。上記の小説スマプリの逸話のことを考えると、数年で現場の流れが大きく変わったことに本当にびっくりである。
    • なお、この話では『ハグプリ』の初期メンバー3人と『魔法つかい』のメンバーは面識はあるが、『ハグプリ』の追加メンバー2人とは初対面という設定になっており、このことから同年の春映画『映画プリキュアスーパースターズ!』の後日談という流れになっていると思われる。(ただしそうなると『映画スーパースターズ!』での『魔法つかい』のメンバーの実年齢は大学生以上で、はーちゃんの魔法で中学生のコスプレしてたのだろーかという疑惑が・・・)

伝説は続くよどこまでも!



関連タグ

大人みらい 大学生みらい 大人リコ - 表記揺れ
魔法つかいプリキュア! 大人化

大人はるはる前作の衝撃的なエンディング
ヤングプリキュア

pixivに投稿された作品 pixivで「大人まほプリ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 414905

コメント