ピクシブ百科事典

梅澤淳稔

うめざわあつとし

梅澤淳稔は日本のアニメーションディレクター、プロデューサーである。
目次[非表示]

概要

1960年生まれの東京都出身。
演出を経て東映アニメーションで「GS美神」「ご近所物語」「神風怪盗ジャンヌ」などのテレビアニメのシリーズディレクター(東映アニメーション製作のTVアニメでは「監督」をこう呼ぶ)、「遠山桜宇宙帖 奴の名はゴールド」「GS美神 極楽大作戦!!」などの劇場版映画の監督を務めた。
2003年からプロデューサーに転身。テレビアニメでは「ONEPIECEプリキュアシリーズ、劇場版映画では 「ONEPIECE THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島」(2005年 細田守監督)、「虹色ほたる~永遠の夏休み~」(2012年 宇田鋼之介監督)など数々の作品を手がける。2013年よりテレビアニメ「聖闘士星矢Ω」を担当(若林豪と共同)。その後テレビ企画部長代理を経て、2015年6月より制作管理部長。
異動に伴い、2015年7月の美少女戦士セーラームーンCrystal最終話の仕上げをもってプロデューサーからは退くこととなった。

プリキュア「シリーズ」の父

梅澤はプリキュアシリーズでは2代目にあたるプロデューサーであり、2007年の劇場版『映画 Yes!プリキュア5 鏡の国のミラクル大冒険!』で初担当。プリキュア映画でおなじみになったミラクルライトはこの時に彼が考案したものである。
その後、TVシリーズにおいても2009年の「フレッシュプリキュア!(第6作目)」から2012年の「スマイルプリキュア!(第9作目)」までを担当した。TVシリーズから離れた後も映画「プリキュアオールスターズ」のNewStage三部作の企画としてシリーズに関わっている(2012年〜2014年)。

梅澤はプリキュアのTVシリーズにおいて「毎年の世代交代」を根付かせた功労者でもある。
彼が担当する前の初期プリキュアシリーズは作品知名度があったにも関わらず玩具販売実績が年度年期によって不安定であり、スポンサーや玩具市場からは扱いの難しいコンテンツとしても見られていた。
そして玩具販売実績が低迷するとリセットして世代交代を繰り返していたが、この点については「子供達は慣れ親しんだ同じメンバーをずっと見たがっているのだから人気があるなら2年や3年は同じ主人公で続くのが当たり前、世代交代はテコ入れであり褒められたものじゃない」として市場の反応は厳しめだった。
そんな中でプロデューサーとなった梅澤は4年の任期の間はスーパー戦隊シリーズのように1年ごとに完結する作品として作ることを徹底した。プリキュアを毎年世代交代するシリーズへシフトさせること自体は上層部の意向でもあったのだが、梅澤が任期を担当した最初の頃(特に『フレッシュプリキュア』の頃)は「どうせ2年目は作らないんだから、人気が出なければそもそも交代なんてせずにプリキュアは終わらせればいい」という圧力も様々なところから来ていたという。
それでも梅澤は4年の間は前年作品のキャラクターがどれだけ子供たちの人気を集めていようが翌年は別のキャラクターによる新しいプリキュアを楽しんでもらう立場を貫いた。そして「プリキュアの世代交代」は子供達と親御さんの間にポジティブなものとして受け入れられるようになり、その結果を市場も歓迎。そして梅澤が現場から離れてもプリキュアシリーズは毎年世代交代する形で続いていくことになる。

プリキュアシリーズのコンセプトや思想的な側面に最も大きな影響を与えたのは「プリキュアの父」と呼ばれる初代プロデューサーの鷲尾天であるが、梅澤はいわば「プリキュアシリーズの父」となるだろう。

芝田浩樹とは同期入社組で、梅澤が関わったプリキュアシリーズ全4作には、芝田が各話演出として参加している。

関連タグ

プロデュース作品 

ONEPIECE フレッシュプリキュア ハートキャッチプリキュア スイートプリキュア スマイルプリキュア 聖闘士星矢Ω
美少女戦士セーラームーンCrystal 黄金魂

その他

ミラクルライト

pixivに投稿された作品 pixivで「梅澤淳稔」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1767

コメント