ピクシブ百科事典

大人はぐプリ

おとなはぐぷり

『HUGっと!プリキュア』のキャラクターが大人に成長した姿を描くタグ

概要

HUGっと!プリキュア』の最終回は大ボスを倒した後の前半パートが2019年、全体のエピローグにあたる後半パートはそれから11年後の2030年の様子が描かれている(いずれも初放送日である2019年1月27日時点のもの)。
本作では敵組織のクライアス社が未来からやってきた存在であったが、この最終回エピローグで描かれたのはそれとは歴史の流れが変わった未来でもある。

アカルイアス社なる会社を起業し、そこの社長をしている。(→はな社長
元気でお茶目な性格は変わっておらず超テンション社長Yes!を地で行っている。職種は明言されていない。
身長はかなり伸びていて大人のお姉さんらしさは出ている。髪はロングに伸ばしているが前髪についてはそのまま。もちろんあえてそうしている。
既婚かつ身重であり、最終話でははなの娘が誕生する日の出来事を描いている。リアリズムを重視した出産シーンは大きく話題にもなった。(ちなみに夫が誰かは最後まで明示されなかったので、考察の捗るところである)

輝く未来を抱きしめて



夢を叶えて女医。「さあや先生」タグが現実になった。しかも憧れのマキ先生と同じく、はぐくみ市総合病院に産婦人科医として勤めている。
はなの担当医でもあり、彼女の出産に立ち会った。
シニヨンはそのままだが髪はセミロングになっている。

さあや先生



フィギュアスケーターとして世界中を回っている。
ほまれはこの時26歳。この年齢は女子のフィギュアスケーターとしては引退を考えていく時期になるが、世界のトップレベルの座を維持しているようで、約束していた金メダルを持ってはなの出産に駆けつけてきた。
さあやとは逆に髪を腰まで伸ばしている。

自分が作られた未来に帰ったルールー。だが、その未来は「クライアス社によって蹂躙された過去がある未来」である。本編の物語ではそのクライアス社を壊滅させたため、「ルールーが作られた未来」とはパラレルワールドの関係になった。
そしてルールーはクライアス社が作ったアンドロイドである以上、最終回で描かれた11年後の世界線では我々が知る「ルールー・アムール」が作られることは決してない。
一方、大人になったえみるは愛崎財閥の財力を使い、この世界線のドクター・トラウム(当然、クライアス社とは無関係)のアンドロイド研究に投資をしていた。そうして完成したのが心と体を成長させるアンドロイド「ルールー」。
何も知らない幼女のようなルールーに、1つずつ大切なことを教えていくえみる。このルールーはもちろん、えみると友情を結んだルールーとは全く異なる個体。
えみるがこの「ルールー」をかつての「ルールー」とどこまで重ねてしまうかはこれからの付き合い方次第だろうが、かつての製作者は「ルールーを失われたものの代用品にしてはならない」という思いを常に持ち続けていた。その辺の事情をえみるが把握しているかはさておき、大切にしていたギターを「(庇うためダメージを受けそうになった)ルールーの代わりはいない」からと突き飛ばしたことすらある彼女なら大丈夫だろう。

ツインラブ


ただ、「本編のルールー」とえみるの再会を望んでいた者が多いのもまた事実。
向こうの未来でトラウムが奮闘すれば、世界線を越えた再会も実現できるかもしれないが……視聴者の想像にお任せ、ということかもしれない。

はぐたんがハリハム・ハリーと共に帰っていったのはルールーと同じく「クライアス社によって蹂躙された過去がある未来」。そこは上述の通り今となってはパラレルワールド。
こちらの未来のはぐくみ市で、キュアトゥモローの姿に戻ったはぐたんが人間態のハリーとともにのびのびタワーの上で佇んでいるシーンが描かれる。街の様子は描かれなかったが、タワーの上では太陽の光が照らし柔らかな風も吹いていた。クライアス社の壊滅により時間が再び動き出したのだ。
この時にトゥモローは何かを祈るように天を仰ぎ「ママ…」とつぶやいており、そして場面は暗転。その祈りが通じたかのようにはなは「はぐみ」を出産した。そしてはなは自分の娘に「よろしくね、はぐたん」とはじめましての挨拶をして本編の物語は終わった。
キュアトゥモローがいる未来では、ジョージ・クライが滅びの運命を予言していた。クライアス社がいなくても、人類の欲望が生み出すトゲパワワによって世界の時間はいずれ止まるのだと……。その災厄は回避できたのだろうか? それはわからないが、この世界にもキュアトゥモローというプリキュアがいる限り、未来を諦めることはないだろう。

はぐみちゃん



  • その他のサブキャラ達
    • 百井あき十倉じゅんな : コンビを組んでタレントに。TV番組で漫才をしていた。
    • 阿万野ひなせ : 学生時代の夢を叶えたらしいが、何を叶えたかはあえて明言されず。少なくともトランペットは続けている。
    • 千瀬ふみと : はなの秘書をしているが、旧友とはいえ社長に一切物怖じせず説教するなかなかの態度を見せた。
    • 若宮アンリ : 振付師としてフィギュア界に貢献している様子。正人やその家族との交流は健在。(その中には娯楽に疎かった総帥の姿も)
    • 庵野たんぽぽ : ヨネさんとともにいまだ健在。元気にたんぽぽ堂をやっている。
    • 野乃ことり : 学校の教師になった。チアリーディング部の顧問もしているようだ。チア服のデザインから察するにシャインヒル学園ではない模様(漫画的お約束だとラヴェニール学園か?)
    • 野乃森太郎:歳月は重なっても筋骨隆々の身体は衰えておらず、妻と共に長女の出産に駆けつける。
    • 野乃すみれ:歳月が重なったが、元気に暮らしている。夫と共に長女の出産に駆けつけた。

パラレルワールドの未来に帰ったクライアス社の社員達がどうなっているかは描かれなかったが、代わりに「こちらの世界における同一人物たち」の姿が描かれている。もちろん彼らはクライアス社とは無関係な存在として生きている。
全員とも十年以上若いので、クライアス社の本社があった時代は2040〜50年あたりであったと推測できる。
    • チャラリートジェロスジンジン・タクミ : 全員同学年の小学生。ジェロスは大人になったらアカルイアス社みたいな会社を立ち上げるとチャラリートに夢を語っていた。
    • ダイガン : なんと看護士をしている。はなの出産の担当医になったさあやをサポートしていた。
    • パップル : 空港でほまれとすれ違う。何をしているかはわからないが、国際的なビジネスをしているようだ。
    • ドクター・トラウム : 上述の通り、愛崎財閥の支援を受けてアンドロイド研究をしている。こちらの世界では飄々とした感じの口調や態度は薄め。看板をよく見ると、研究所はアカルイアス社の一部門だったりする。
    • ハリー、リストルビシン : もぐもぐとりりーが仲良く一緒にいるシーンの傍らに3匹の小動物が映っており、どうやらこれが「あちらの世界」でのハリハリ族の3人にあたるようだ。ハリーの鎖はもちろん、リストルのマントも着いていない。このカットから、2030年時点でビシンは赤子同然の幼さだと判明。
    • ジョージ・クライ : 作中では直接は出てこず。顔が映らなかった「はなの夫」がこちらの世界でのジョージではないかとの声もある(はなに贈るために用意した花がクラスペディアだった)。

関連タグ

HUGっと!プリキュア 大人化
アナザーはな:歴史の流れが変わらなかった場合の野乃はなの未来の姿。

大人はるはる3作前の数年後(コンプリートブックによれば10年後)のエピローグのタグ
大人まほプリ2作前の数年後(5年ほど後)のエピローグのタグ
大人プリアラ前作の数年後(絵コンテ段階では本編より6年後)のエピローグのタグ
ヤングプリキュア

関連記事

親記事

HUGっと!プリキュア はぐっとぷりきゅあ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「大人はぐプリ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 586323

コメント