ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

シャインヒル学園

しゃいんひるがくえん

「HUGっと!プリキュア」の主人公・野乃はなが中学1年時に1年間だけ在籍していた中学校。
目次 [非表示]

概要

HUGっと!プリキュアの主人公である野乃はなが、ラヴェニール学園への転校前に在籍していた中学校。


名前の初出は第2話で、さあやの回想シーンで一瞬映ったはなの転入届をよく見ると「転入前学校名」の記入欄に「シャインヒル学園」と記されている。


プリキュアシリーズで転校生キュアは結構多いが、転校前のことが話題になることは少ないので、はなの転校以前のことも視聴者からは特に気にされていなかった。しかし第23話で、はなの回想シーンにおいてシャインヒル学園在籍時代の様子が僅かにに描かれ、その内容が視聴者に大きな衝撃を与えた。


はなは部活仲間からイジメを受けていた親友の女の子・エリを庇ったことがあるのだが、その結果、逆にはなが嫌がらせを受けるようになったのである。しかも今度は誰も自分を庇ってくれずにクラス内で孤立してしまった(当のエリも助けようとしたが、「また元に戻りたいの?」と部員達に脅されたため、結果的に彼女を助ける事が出来なかった)。

はなが経験したことは、素行不良な一部の学生がはなをイジメのターゲットとしてつけ狙ったというだけの話ではない。クラスメートも教員も含めた校内の全員がはなの苦境を「見て見ぬ振り」をし続けたということでもある。

放映当時のイジメ問題を抉るような描写でもあるが、「学校」という閉鎖空間を子供を害する可能性があるものとして描いたのはプリキュアでは類を見ないことでもある。


はなにとって何より最悪だったのは、助けてあげたエリまでもが、はながイジメのターゲットになった途端に自分と距離をとるようになったことである。

当時のエリの心情については第31話で明らかになるが(詳細は当該項目を参照)、はなにとっては自分が一番苦しい時に親友同然だったエリが離れたことはとてつもないショックであり、「自分が正しいことと思ってエリを庇ったのは余計なことで、何が悪かったかはわからないが嫌われてしまった」と思い込み、自分の中にある善意や優しさに自信を持てなくなってしまう。

気持ちが弱っていたところに毎日のイジメの辛さが覆い被さりはなの心はボロボロに苛まれ、最終的にはひきこもりになりかねない状態にまで追い詰められていたようだ。

はなにとってのシャインヒル学園時代は、まさに黒歴史トラウマに彩られた学園生活の象徴だったのである。


そんなはなを救ったのは母親のすみれからの「はなは間違ってない。だから、もう我慢しなくていい」という励ましと肯定の言葉であり、それ以降母親のようなイケてる大人の女性に憧れるようになった。また、母親のように誰かを励ませる人間になりたいという思いがはなの「応援」の根源となっている。

この直後にはなは転校する。転校の理由は作中で明示されていないが、「もう我慢しなくていい」という母の言葉は、転校の目的がはなの環境を改善させるためだったことを示唆しているともとれる。

(親の仕事の都合という可能性もあり、あるいはその両方かもしれない)


早い話がこの時の出来事が現在のはなの大きな起点となったわけだが、その当時の出来事は彼女の心に深いトラウマとなって残り続けていた。

第1話で「元気でお茶目な自分」から卒業しようとしたのも、単なる転校デビューや「イケてる大人のお姉さんへの第1歩」だけでなく「もう同じ失敗をしたくない」という割と後ろ暗い動機もあったようだ。だが、転校早々に新しく友達になった薬師寺さあや輝木ほまれがはなの「元気でお茶目」なところを「イケてる」とお世辞抜きで認めてくれたから、そんな自分のあり方を無理に変えることはやめたのである。

しかし、自分を認めてくれたさあややほまれに対しても、自分の過去について正面から話すことは(原因となったと思っている自身の性格を口にすることはあるが)長い間ためらっていた。

24話ではプレジデント・クライの言葉が頭によぎり、はな自身が恐怖に怯える弱さも見られた事から、他者に嫌われる事を恐れてナイーブになる描写も多々あった。

君の夢を見せて


それでも、内心では過去と向き合って前に進みたいと願ってはいたのも確かである。

そしてついに第31話にて、はなのトラウマの中心にいる元同級生・エリが登場。2人が過去のしがらみを乗り越えることができるかが問われることになる。

詳細は「エリ」の項及び「野乃はな」項の各話ネタ第31話にて。


制服

はなの回想シーン及び第31話の描写から、女子はリボンとスカートが紺色のセーラー服であったことが判明している。

ダブルはな


余談

名前の元ネタは、東映アニメーションが2014年4月から2018年1月までの間、大泉スタジオの建て替え工事のために仮設スタジオとして設営された「光が丘スタジオ」からだと思われる。

2018年1月に大泉スタジオの建て替えが完了し、機能はそちらに戻された。つまり本作の開始直前にスタジオの引っ越しがあったわけで、「はながシャインヒル学園から転校してきた」というタイミングから本作が始まるのはそういう意味合いもあるかも知れない。


光が丘スタジオで作られたプリキュアは『ハピプリ』『Goプリ』『まほプリ』『プリアラ』の4作となる。ちなみに、光が丘モチーフのネーミングは『ハピネスチャージプリキュア!』のぴかりが丘が登場済み。こちらは光が丘スタジオで作られた最初のプリキュアとなる。


読み

「シャインヒル学園(しゃいんひるがくえん)」を読み替えると「社員昼が食えん」とも読める。


関連項目

散髪前はな いじめ 黒歴史

東堂いづみにおけるみんなのトラウマ一覧


白嶺学園:漫画作品『ストラテジックラバーズ』に登場する学園。こちらはいじめが日常的に蔓延しており、教師と生徒たちがグルになっている。


アカデミーゲーム作品ポケモンSVに登場する学園。かつてはシャインヒル学園同様、特定の生徒へのいじめが横行しておりそれを教員が見て見ぬふりをしていた。

関連記事

親記事

野乃はな ののはな

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 117046

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました