ピクシブ百科事典

キラキラプリキュアアラモード

きらきらぷりきゅああらもーど

「キラキラ☆プリキュアアラモード 」の表記揺れ。この記事では「キラキラ☆プリキュアアラモード」のプリキュアチームの解説をする
目次[非表示]

作品全体の概要についてはキラキラ☆プリキュアアラモードを参照。

概要

「キラキラ☆プリキュアアラモード」に登場するプリキュアチーム。
正式名称として名乗ったのは8話が初。

本作のプリキュアは、いちご山に伝わる「伝説のパティシエ」である。

現代でプリキュアに変身するのは、「伝説のパティシエ」になるべく奮闘するスイーツ好きの6人の少女達である。
プリキュアに変身するのは以下の6名。


このうちキュアパルフェは、第23話にて覚醒した追加キュアかつ妖精キュアである。プリキュア5と並んで、史上最多タイの6人チームとなった(もっともプリキュア5の場合は、6人目のミルキィローズが本来はプリキュアではないため1チームでのプリキュアの人数では最多になる)。

本作のプリキュア達には、キラキラルを狙う悪い妖精をはじめとするキラキラルをうばう存在と戦いスイーツを守ることのほか、キラキラパティスリーにてアニマルスイーツを振る舞う活動も独自に行っている。但しパティスリーはいちかの発案で自発的に始めたものであり、使命感に基づく感情は存在しない。

初期5人組のプリキュアとしては、プリキュア5スマイルプリキュアに続く3チーム目に当たる。過去の5人組プリキュアは人数が多い分、見た目の統一感を重視しコスチュームデザインを似たようなものにしていたが、今回は5人の個性と価値観の違いを際立たせるため、ある程度の統一感は持たせつつも5人ともバラバラの見た目をしている。そして追加キュアに属するキュアパルフェは、初期5人と一線を画すべく更に際立って異なるデザインになっている

プリキュアの資格条件について

いちご山の妖精達の間では「伝説のパティシエ・プリキュア」の伝説が語り継がれており、ペコリンキラリンは自分もいつかはプリキュアに選ばれたいと思いながらスイーツの修行に精を出していた。つまり妖精たちの間では、プリキュアと言うのはスイーツ作りを極めた者に与えられる称号なのだと言う認識である。
ところが、実際にプリキュアに選ばれた初期メンバーの5人は覚醒時点で必ずしもスイーツづくりが得意だったわけではない。
過去作で「伝説の戦士プリキュア」に選ばれた少女達が別に変身前に戦いが得意だった訳ではないように、本作においてもスイーツづくりの技術自体はプリキュアの資格には無関係だったのである。
さすがにスイーツに対する興味や関心が多少はなくてはならないようだが、本作のプリキュア達は個性派揃いであることも相まって、それぞれがもつスイーツへの思いはバラバラである。シエルのようにスイーツ作りに人生の夢をかけている者もいれば、あおいのように単純に楽しいからという軽い気持ちの者もいる。
そのため、プリキュアに必要な資格条件は非常に曖昧になっているのだが、本編で何度も重ねて強調されるテーマに「スイーツで相手に思いを伝える」と言うことがある。スイーツにそのような力があると信じられるかどうかがプリキュアの資格条件の一つになっているのは間違いないだろう。

また本作では「女の子でないとプリキュアに変身できない」とは劇中の誰も考えていないことも注目に値する。
上述したように本作のプリキュアの衣装は統一感が薄い。なので、仮に男がプリキュアに選ばれたら男に似合う衣装になる(女装するわけではない)という考え方が普通にされている。
事実、ボーイッシュなあきらが変身するキュアショコラは変身後も中性的な見た目である。そして実際に、変身した後でも男性と間違われていた
また、男の子の妖精であるピカリオが当たり前のようにプリキュアを目指していた例もある。
長年ネタ枠でしかなかった「男性プリキュア」が、ある意味一番現実になりやすい世界観であるといえる。

いにしえのプリキュア

過去に活動していたとされる、本作の先代プリキュア。

プリアラまんが


本編ではたまにその存在が言及される程度だったが、第22話で彼女を祀った祭壇が発見されてからは、彼女がキラキラルを通じてプリキュアたちに干渉してくるようになる。

詳細は個別記事参照。

関連タグ

プリキュア
キラキラル キラキラパティスリー

pixivに投稿された作品 pixivで「キラキラプリキュアアラモード」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1116561

コメント