ピクシブ百科事典

坂上あゆみ

さかがみあゆみ

『プリキュアオールスターズNewStage』に登場する映画オリジナルキャラクター。
目次[非表示]

人物

つい最近になって横浜に引っ越してきた中学生の少女。
みなとみらいフュージョンプリキュアオールスターズが戦っていた様子をTVのニュースで見て以来、プリキュアに淡い憧れの気持ちを持っている。
担当声優能登麻美子

近年のプリキュアの主要キャラには珍しい、茶色っぽい髪の毛という、至って普通の外見を意識したような女の子。
性格面でもここで文章化できるほど特徴的な部分はなく、普通というか地味な子。
家では体感型のゲームをやっているなど、遊び方は結構今時。

少し引っ込み思案なところがあるが、人付き合いが苦手というわけではない。むしろ、転校してきたばかりで寂しいから早く友達を作りたいと感じている。ただ、見知らぬ他人に積極的に声をかけるほどには社交性が強くはないので、キッカケがなかなか掴めないでいる。そして残念ながらあゆみの周りには、転校生にお節介してすぐ友達になってくれるプリキュアのような女の子はいなかった。
しかしその代わりに、あゆみはひょんなことから人間ではないものと友達になる。
それこそが、フュージョンの欠片であるフーちゃんであった。

誰にも内緒でフーちゃんとの交流を続けていくあゆみだが、新しい学校で同級生たちに上手く溶け込めない不安な気持ちや、厳しめな教育方針の母親との折り合いが悪くなったことで生まれた不満の気持ちが、フーちゃんに破壊衝動を植え付けるキッカケになってしまう。
あゆみが自分の思い通りにならないこの世界に対して生きづらさを感じているならば、こんな世界は壊してしまえばいいのだ。そう思ったフーちゃんは大切なあゆみとの友情ゆえに世界の破壊者へと変貌することになる。

プリキュア変身者として

誤解を恐れずに言えば、あゆみは「TVの各プリキュア作品で、モブキャラとして出てくる名無しのクラスメイト」のようなキャラ造形となっている。

だが、そんなあゆみがこの映画でのオリジナルプリキュア・キュアエコーに変身することになる。
暴走して破壊の使者と化したフーちゃんを止めれるのは伝説の戦士プリキュアだけだ。しかしプリキュアは戦士である以上、フーちゃんと戦うことは避けられない。
あゆみはどうにかしてこの悲劇を止めたいと心から願った時、その思いの力で奇跡が起き、あゆみはキュアエコーへと変身したのである。対話のプリキュアであるエコーは戦う力を守らない代わりに、自分の本当の思いを伝えることができる。暴走の果てに誰の聞く耳を持たなかったフーちゃんにエコーは自分のフーちゃんへの友情の思いを伝え、フーちゃんをその破壊衝動の海から救い出すこととなる。

あゆみは他のTVシリーズのプリキュアのように、妖精なり変身アイテムなりに「選ばれた」存在ではない。アイテムもパートナー妖精も持たずに、ただプリキュアになりたいという思いだけでプリキュアになった。
この「あゆみは誰にも選ばれていないのにプリキュアになれた」というのは大きな特徴である。すなわちこれは女の子は誰でもプリキュアになれるという本映画のキャッチコピーを体現しているのだ。
あゆみがプリキュア変身者らしくない地味なキャラ付けになっているのも意図的なものだ。

作中ではミラクルライトの応援に対して「ありがとう!」と返事を返す、従来のオールスターズ映画では最も新人のプリキュアが担当していた役割を担うなど、映画の主人公といえるべき存在だった。

なお、あゆみとキュアエコーの存在は公開直前まで伏せられており、ネット上のイリーガルなネタバレでも確定情報が出てくるのは結構遅めだった。そのおかげでキュアユニオン星空いくえなどのガセネタも出てきていた。

翌年のオールスターズ映画第5弾NewStage2ではモブ出演のみ。プリキュア教科書に載っていなかったためプリキュアパーティには呼ばれず、物語の本筋に関わる事はなかった……(ただしそのせいで水晶化を免れたことも否めないが)。
オールスターズ映画第6弾NewStage3ではモブではなく重要な役どころが与えられたキャラクターとして再登場する。

だが、オールスターズ映画第7弾春のカーニバルでは、ハルモニアのお祭りに呼ばれずにまたまた本編に参加できなかった。しかし今回もモブとしては登場している。(見方によっては、シリーズ皆勤とも言えるのかもしれない。)

しかし、2016年公開の奇跡の魔法!でははっきりとポスターに描かれており、本編でもしっかりと登場して魔法つかいプリキュアキュアマジカルを激励するなど存在感を見せている。

キュアエコー

*キュアエコー*


詳しくは当該記事にて。

関連イラスト

坂上あゆみ
1/18 プリキュア ワンドロ



関連タグ

プリキュアオールスターズNewStage 
ダークプリキュア5 キュアアンジェ…両者とも映画限定プリキュアであり、特に(元々は敵ながら)前者はその元祖
桃園あゆみ 相田あゆみ名前繋がり

個別タグ

死神あゆみ黒化タグ
キュアエコー 女の子は誰でもプリキュアになれる
あゆみは不憫

別ジャンルのオリジナル戦士

アカレッド

pixivに投稿された作品 pixivで「坂上あゆみ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1316933

コメント