ピクシブ百科事典

マアム(プリキュア)

まあむ

映画「プリキュアオールスターズNewStage3 永遠のともだち」に登場する妖精にして、同作における事件の元凶。
目次[非表示]

CV:平野文

説明

妖精ユメタの母親で、悪夢を吸い取るの能力者。尻尾を掃除機のようなに変化させて悪夢を吸い取ったり、逆に吸い取った悪夢を悪夢獣として使役することもでき、夢の世界を人間の希望通りに彩ったりもできる。
また眠って夢の世界にいる人間にそのまま甘い夢を見せ続けることで夢の世界に止めておくことすら可能(現実世界にいる人間本体は眠ったままの状態になる)など、能力的には非常に高い。

しかし息子を溺愛しており、友達がいない息子ユメタのために、子供を捕まえて夢の世界に送り込みユメタの友達にしようとした。
それを邪魔するプリキュアを排除すべく悪夢獣を差し向けるが、やがて悪夢獣は彼女の命令を無視して暴走を始めてしまう。
しかしプリキュアが悪夢獣を圧倒しユメタも自立に目覚めたことで、自分の所業を悔いて改心した。エピローグではユメタと共に新たな悪夢獣を排除している。

性格

息子への愛情はとても強いのだが、過保護というより「過干渉」な母親として描かれているのが特徴。
自分が子供の幸せを一番わかっているという根拠なき自惚れのようなものがあり、息子に対して自分の言うことに疑問を持たないように言外にプレッシャーをかけている。
自分の考えが間違っているといわれると、自分ではなく息子を否定されたと感じてしまい、自分ではなく息子のためを思って怒る。他人から見れば理不尽なモンスターペアレントに映るが、その怒りは親子愛によって生まれるものなため本人には一切の悪意がない。
このように明らかな毒親の兆候があるのだが、表面上は子供への愛に溢れる慈愛の母のような言動も多い。そのため、子供はともかく一緒に映画を見ている親にとってはエゴイストに感じられるというかなり際どいキャラクターとなっている。
制作スタッフは本作に「映画を一緒に見てくれている母親たちへのメッセージ」も強く込めていると各種メディアで証言しており、マアムはそれを体現したある種のアンチテーゼとしてのキャラクターであるとも言える。

中の人について

平野文女史は本作がプリキュアシリーズである。
平野女史はうる星やつらのヒロイン・ラムちゃんで有名。

関連タグ

プリキュアオールスターズNewStage3
うる星プリキュア!-上記中の人ネタ関連のコラボタグ。

関連記事

親記事

プリキュアオールスターズNewStage3 ぷりきゅあおーるすたーずにゅーすてーじすりー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「マアム(プリキュア)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2373

コメント