ピクシブ百科事典

宇宙大魔王

うちゅうだいまおう

宇宙大魔王とは、アニメ『映画 プリキュアミラクルユニバース』に登場する敵キャラクターである。※この記事は映画の重大なネタバレがあります!
目次[非表示]

概要

CV:梶裕貴

映画プリキュアミラクルユニバース』で登場する悪の存在。
物語序盤から中盤までは大統領側近&宇宙警備隊隊員のヤンゴとして登場。序盤でミラクルライト工場の事故を起こし、その罪を唯一無事だったピトンにかぶせ、彼によって召喚されたプリキュアを共犯者に仕立て上げ大半の者を捕らえた。
終盤では本性を現しその強大な力でプリキュア達を苦しめる。

自らが応援される側にならないと意味がないという強い信念を持っており、一般人たちが自分が無力であることを受け入れて「プリキュアを応援するだけ」で何かを成した気分になっていることを心底見下している。そんな一般人たちの弱い心を利用し、人々を洗脳して「ダークライト」で自らを応援するように仕向けて、その応援の力で無限のパワーアップを遂げている。
つまりはメタフィクション的に言えばミラクルライトのアンチテーゼというわけである。
しかし、ピトンが作っていたミラクルライトが真の力に目覚めたことと、「応援する側」の覚悟(強い側になびくのではなく、応援する対象がどんなに苦境に陥っても見捨てない勇気)によって逆転され、合体技「プリキュア・ミラクルユニバース・トゥインクル」により浄化。ヤンゴの姿に戻された。

プリキュアたちに倒された後は宇宙警察に逮捕されたが、十分に反省したようでプリキュアとピトンが惑星ミラクルの住人達から賞賛を受けているのを見て、ため息交じりにミラクルライトをともしながら「プリキュアとともに」とつぶやいていた。

コマさんタクシー ヤンゴの反省会ズラ。


もう二度とこんな悪いことをしちゃダメだよ。ヤンゴ。

余談

宇宙大魔王を演じた梶裕貴氏はプリキュアと同年に公開された某推理アニメの劇場版でも似たような役割のゲストキャラクターを務めており、アニメファンの間で物議を醸す事となった。

関連タグ

映画プリキュアミラクルユニバース プリキュアの敵一覧

関連記事

親記事

映画プリキュアミラクルユニバース えいがぷりきゅあみらくるゆにばーす

兄弟記事

コメント