ピクシブ百科事典

明堂院いつき

みょうどういんいつき

『ハートキャッチプリキュア!』の登場人物。
目次[非表示]

CV:桑島法子

概要

主人公・花咲つぼみ来海えりかが通う私立明堂学園中等部二年生の女の子。14歳(つぼみえりかとは別クラス)。
理事長の孫であり、生徒会長を務めている。
第23話でキュアサンシャインに変身し、プリキュアになる。パートナーの妖精はポプリ
自家は古くから続く明堂院流古武道の道場であり、門下生を何人も抱え、執事までいる広大な和風邸宅。

一人称は「ボク」、二人称は「あなた」。ただし、プリキュアに変身すると一人称が「わたし」に変わる(※家族の前では「わたし」とも言っている)。言葉遣いは中性口調。
呼称ゆりなど年上には「さん」付けで呼び、ストーリー当初は苗字に「さん」付けだったが、懇ろになったつぼみえりかと妖精・敵キャラには呼び捨てで呼ぶ。
同い年のつぼみやえりかよりも身長が頭一つ分くらい高く、チームではゆりに続いて二番目に大きい。

OPには最初から出ていたが本編には第3話にて初登場(※追加キュアかそうでないかに関わらず、初回でプリキュアに変身する予定のキャラクターが登場しないのはシリーズ初)
物語中盤まではサブキャラクターとして登場しており、生徒会長という立場もあって学校で登場することが多かった。
成績優秀、武道の達人と文武両道のイケメンで、つぼみの初恋の相手になった。
しかし、第7話において女の子であることが判明。そのときにクール→デレっぷりを披露して視聴者の心を鷲掴みにした。
第15話でファッション部に入部し、かわいい服を着ることが多くなった。

プリキュアに覚醒した第23話以降は主人公格の一人として毎回登場するようになった。ファッション部の活動にも積極的に参加している。

こころの花は牡丹。※ひまわりではない
花言葉は「王者の風格、高貴、恥じらい」

詳細 (以降ネタバレ注意)

代々長男が跡取りとなる明堂院流のしきたりから、病弱な兄さつきを守るために、自ら跡取りになることを決意。
そのため、日頃から明堂院家の跡取りに相応しい人物でいようと努め、男の子のように振る舞っており、つぼみとコブラージャは最初いつきを男と勘違いしている(いつき自身は自分が女の子であることは隠しておらず、学校でも周知の事実である)。
しかし、本当はかわいいぬいぐるみやオシャレな服が大好きで、心の中では自分も普通の女の子らしく振る舞いたいと思っているが、上述の経緯からそれを表に出さないようにしていた。第7話ではその抑圧された本心が原因でこころの花が弱り、デザトリアンの素にされている。

いつきの家族も跡取りらしくしようとして無理をしているいつきを気にかけており、第15話でいつきが道場破りに敗れたことを機に、祖父や兄から武道を離れて他人のためではなく自分の望む生き方をするように薦められる。
その後、砂漠の使徒が明堂院家に襲撃する中で、兄や家を守ること以外にも大好きだから武道をやっているという自分の気持ちに気づき、自分の力でみんなを守りたいと願った。
それからは自分の心に素直になり、可愛いものも我慢せず大好きな武道を跡取りとは関係無く続けることにした。
同時にファッション部に入部している。

第23話では、ポプリに見初められプリキュアになってこころの大樹を守ろうと勧誘されるが、
手術を前に悩む兄の力になれず、兄を守れない自分にその資格はないとその場は拒む。
しかし、デザトリアン化した兄の本意を聞き、ブロッサム達がピンチに陥る中で、力が無くとも必死にみんなを守ろうとするポプリに心を打たれ、自分もたとえ力が無くともみんなを守ろうと決意。
そしてシャイニーパフュームを手に取り、ついにキュアサンシャインに変身した

兄の言葉に多大な影響を受けており、プリキュアとして、みんなの心を照らす太陽となり、みんなの太陽のような笑顔を守りたいと決意している。

容姿

背が高く中性的な整った顔立ちで穏やかな物腰をしており、女子生徒の憧れの的。他の生徒と違い、学校では白い学ランを着ている。最終回では髪が多少伸びて女子の制服を着ていた。
私服はオレンジ色のリボンとハートのマークが入った黄色のチュニックを着ている。第15話にて、いつき本人がデザインしたものをえりかやつぼみを始めとしたファッション部一同で完成させた。

ボーイッシュ

いつきは可愛い格好をするのが好きというのを隠し続けていたというのがポイントとなるキャラだが、だからと言って男子としての格好が内心では苦痛だというわけではない。彼女は男子としての格好も自分のスタイルとして普通に受け入れている、
格好いい男子としての格好も、可愛い女の子としての格好も、両方とも自分だからどちらかを否定する必要はないんだというのがいつきに込められたテーマである。

作中ではいつきが男子の服を着ることをシリアスな悲劇的要素とはしていないし、逆に笑いを取るギャグのような演出にもしていない。未就学児童も対象にしたアニメだからこそ、この点はとてもデリケートに扱われている。
しかしこれは、いつきの性別を女子だとわざわざ説明するシーンが第7話以外にほぼないことにもつながっている。
第7話を見損ねたまま視聴を続けるといつきは女の子の格好になることに憧れている男子」と勘違いしてしまうのも不思議ではない。つぼみですら、いつきの性別をたまに忘れかけるぐらいなのだから
あと「プリキュアに変身すると、男子から女の子に変われる!」なんて思っちゃっている小さいお友達(に限らず「作品をよく知らない大人」とかも含む)もいるようで…。(セーラームーンでは性転換をする戦士がいるので、プリキュアでそういうのが出る可能性は否定できないが。)
一応余談として「男性初のプリキュア」は3年後一時的であるが登場している

性格

非常に兄想いで、劇中では明示されたわけではないが、視聴者からはブラコン扱いされがち。
代々長男が跡取りとなる明堂院流のしきたりから、病弱なさつきを守るために、自ら跡取りになることを選ぶほどに慕っている。
どんなに辛く悲しくても全てを受け入れ、いつも笑顔でやさしい兄を心から尊敬しており、自分も兄と同じようにありたいと思っている。
兄を敬愛するあまり、第23話で手術に恐怖する兄の心の内に気づかなかったことも。

またかわいいもの大好きであるが、明堂院家の跡取りらしく振舞おうと努め、クールな雰囲気を通しつつ自宅のタンスにはぬいぐるみが詰まっていたりと、第15話までずっと我慢していた。
それ以降は他の女子達と同じように、かわいいものはかわいいと素直に言うようになった。

合宿で早朝ランニングを決行したり、ゆりの厳しい言葉にも素直に返事をしたり、ファッションショー成功に燃え上がるなどノリはわりと体育会系。なので運動能力はとても高い。

パートナー妖精であるポプリには超がつくほど甘く、30話のようにわがままを言ったポプリを叱りつけて泣かせてしまった時はショックを受けていたほどであった。

家族構成

祖父:明堂院厳太郎
父:(名称不明)
母:明堂院つばき
兄:明堂院さつき

各話ネタ

どんどん追加してください。

テレビシリーズ

■第3話

  • 初登場。その容姿からつぼみをときめかせた。

■第7話
  • 女子生徒からプレゼントを受け取る。
  • 道場の門下生が「いつきお嬢様」と呼んだことにより性別判明。兄・さつきの存在及び可愛い物好きといういつきの本心が描写される。
  • コブラージャと素手で対等に戦ったが、カードを投げられ、受け取った隙にこころの花を抜き取られてデザトリアンにされる。
  • 学園の女子を捕まえまくり「この学校の女子の制服、可愛すぎる~。わたしだって着てみた~い!」とデザトリアン状態で吐露。いつきが女子だと知ったコブラージャは驚愕。
  • その後コブラージャがお転婆呼ばわりしたのに対し激怒。本心を爆発させた末「わたしは可愛いものが大好きなんだ!!!」と彼を容赦なく吹っ飛ばす。
  • その後無事浄化され、つぼみにファッション部に勧誘されるも一時保留。ぬいぐるみ好きな自分には少々素直になっていた。

■第15話
  • ファッション部の勧めで可愛い服を作ることになり、本心をひた隠しにしながらもデザインを担当。巻き込まれながら可愛い物が大好きな自分の本心を露にしていく。
  • 戦闘の最中プリキュアに退避勧告され、その姿に再度可愛い発言をする(当然2人からは怒られた)。
  • クモジャキーに体当たりしてプリキュアの援護をする。武道を用いて善戦し、プリキュアの敵幹部と対等に拳を交えることができる一般人は、今のところプリキュア覚醒前のいつきしかいない。(ゆりさん?彼女は変身能力を失っているだけで、放送当時でもれっきとしたプリキュアですよ。)その過程で、自分が好きだから武道をやっていることを再確認。
  • 「武道も可愛い物も大好き」としてファッション部に入部した。

■第22話
  • 台風に襲われた学校及び園芸部を案じて終盤に現れる。ぬいぐるみの振りをしているポプリに頬擦りし、プリキュア候補として内心見初められる。

■第23話
  • 自分にアタックしてきたポプリを見て顔芸。いつきが顔芸をするのは2回ぐらいしかない。
  • デザトリアンにされたさつきの水晶を拾う。
  • つぼみとえりかがプリキュアに変身するのを目撃。
  • デザトリアンを通してさつきの本心を知る。「…怖い。手術が怖い…。手術が決まって、みんな喜んでる。今更怖いなんて言えないよ。妹は僕のために頑張ってくれている。手術を怖がる情けない姿なんか妹に見せたくない!!」
  • ブロッサムとマリンを圧倒し、もっと暴れるように指示するサソリーナに反論。>お兄様は、そんなこと望まない!!お兄様は、人を傷つけて喜ぶはずがない!!」
  • 兄のさつきが素体のデザトリアンを説得しようとする「お兄様、目を覚ましてください!優しい心を取り戻してください!」…が通用せず。
  • 自分をデザトリアンの攻撃から守ったポプリになぜ無茶をしたのかを問う。ポプリの「守れなくても、みんなを守りたい」という答えにハッとする。
  • サソリーナの攻撃からポプリを守る。「ポプリは渡さない!!力がなくたって、守ってみせる。ポプリも、お兄様も、僕は大切なみんなを守って見せる!!」
  • いつきの思いにポプリが反応し、シャイニーパフュームが出現。プリキュアに変身し、「キュアサンシャイン」と命名する。

■第24話
  • 第23話でブロッサムとマリンが手も足も出なかったほど強力なデザトリアンを、一人で圧倒するという華々しいデビューを飾る。もう全部あいつ一人でいいんじゃないかな
  • しかし、その後のダークプリキュアとの戦いでは果敢に空中戦を挑むも歯が立たず、衝撃を受ける。
  • ポプリと共にこころの大樹の周りにバリアを張り大樹の退避に一役買う。

■第25話
  • サソリーナに髪の毛で拘束され追い詰められるがポプリの応援でパワーアップし髪を引きちぎり逆に浄化寸前まで追い詰める。

■第28話
  • コブラージャの作戦に賛同したマリンにあきれていた。

■第30話
  • 夏休みが終わった中「一緒にいなきゃダメ!」と駄々をこねるポプリに「メッ!」と叱る(その時の表情は可愛いものがあったが…)が、それにショックを受けたポプリは植物園を飛び出してしまった。
  • 放課後、雨の中必死にポプリを探す。その後ポプリを見つけたゆりに諭された後変身し、デザトリアンを浄化。ポプリとも和解した。

■第34話

■第41話
  • 任期が切れることを機に、プリキュアに専念するため生徒会長を辞任することをつぼみとえりかに明かす。
  • えりかに反対されるも、生徒会選に出馬しないという強い意志を見せたと同時に、会長選には、副会長の佐藤一二三に出馬してもらうことも明かす。
  • 生徒会長になれることに浮かれている一二三に注意。

■第44話
  • 単独で幹部との戦いに挑むも、コブラージャに背後から拘束されてしまい、クモジャキーにとどめを刺されそうになった所をまたもキュアムーンライトに助けられる。その後のデザトリアンとの戦闘では他の3人のプリキュアともども氷漬けにされてしまう。

■第45話
  • デューンと戦うも歯が立たず完敗。他のプリキュアとともに変身解除に追い込まれる。

■第46話
  • 対コブラージャ戦。コブラージャが投げたカードをサンシャイン・イージスで防ぐ。
  • コブラージャの「美しいボクと美しいキミが美しい戦いを繰り広げる。世界の終焉にはピッタリのようじゃないか」に真っ向から反論。「世界中の人を苦しめておきながら、何が美しいだ!!」
  • コブラージャのカード攻撃を防ぐも、ダークブレスレットでカードの力が増し、バリアを破られる。その後もコブラージャに格闘戦でも苦戦し、「美しいボクの手で、美しく散るがいい」と、トドメをさされそうになるが…
  • 「どんな時にでもみんなを守るために頑張るサンシャインの心が、ポプリには一番美しく見えるでしゅ!!」と、ポプリが反論。そして、ポプリに礼を述べる。
  • 人の心にまったく興味がないというコブラージャの攻撃をポプリとバリアを張って防ぐ。
  • 「どれだけ醜くても、無様でも構わない。私は、世界を…みんなの太陽のような笑顔を守りたい!!」
  • ポプリとサンシャインの言葉に心が揺れるコブラージャ。しかし、後戻りはできないとかなり強化されたカードを投げつけられるも、サンシャイン・イージスとサンシャイン・インパクトの2コンボでコブラージャのダークブレスレットを破壊し、「まだ間に合うよ、コブラージャ!その心の闇、私の光で照らしてみせる!」と笑顔で説得。そしてゴールドフォルテバーストで浄化。「美しい…。ボクの最期にふさわしい…。キミと戦えてよかったよ、キュアサンシャイン…」と言い残し、こころの花であるハマナスを残したコブラージャがどこかへ飛んでいくのを見送った。

■第47話
  • 薫子を救いに向かう中でえりかとスナッキーになりすましたりマリンとプリキュア大爆発をしたりとコメディリリーフとして活動(大爆発では2度目の顔芸)。

■第49話(最終回)
  • 最終決戦の半年後では、髪を伸ばしてセミロングになっている。身につけている制服も女子のものに変わっていた(一人称は引き続き「僕」)。

セミロンいちゅき
-


  • 実家の道場にクモジャキーの素体・熊本が入門してきたことには大層驚いたとのこと。
  • 自身の進路について「武道を続けながら色々なことにチャレンジしたい」と明言。何がしたいかについては秘密として明かさず、視聴者の想像にお任せといったところ。

特別出演

ハピネスチャージプリキュア!第20話


HUGっと!プリキュア第37話

映画

プリキュアオールスターズDX2


花の都でファッションショー…ですか!?
  • つぼみたちとともにパリに渡る。

プリキュアオールスターズDX3
  • 冒頭のファッションショーにつぼみやえりかとともにモデルで参加。
  • 仲間たちと分断されてイエローチームに入る。すごろくエリアでは道着を着て武術対決で勝利した。

プリキュアオールスターズNewStage
  • 冒頭のフュージョンとの戦いでは仲間や歴代プリキュアと戦い勝利する。
  • 後半ではえりかが道に迷ったせいで到着が遅れたが、それでも変身してフュージョンをひきつける。

プリキュアオールスターズNewStage2
  • 仲間やフレッシュプリキュア&スイートプリキュアメンバーと共に妖精学校で介されるプリキュアパーティに向かったが、パーティはグレルのワナで、妖精と変身アイテムを奪われた挙句水晶に封じられた。
  • 水晶から解放された後はキュアムーンライトと共にフォルテッシモで闇に染まった太陽を元に戻した。

プリキュアオールスターズNewStage3
  • マアムにより夢の世界に引きずり込まれるが、夢の内容は明らかにされていない。

春のカーニバル
  • 春のカーニバルに招待され、つぼみたちとともにハルモニアに向かう。
  • 終盤での戦いではブロッサム達仲間や後から来たスイートプリキュアメンバーとともに大勢のドロボーンと戦う。

奇跡の魔法!
  • キュアブロッサムを除く仲間達と共に魔女ソルシエールらに捕らわれて牢に幽閉されていた。トラウーマによる尋問に苦しめられることになるが、特にスカンクを出された時はキュアマリン達と共に物凄い形相で驚いていた。
  • キュアミラクル達がミラクルライトを振ったことで解放され、仲間や歴代プリキュアと共に最終形態のトラウーマに反撃。ビルから飛び降りたスマイルプリキュアメンバーを受け止めていた。その後パワーアップしたキュアミラクルとキュアマジカルに助力してトラウーマ打倒に一役買った。
  • 戦いの後で開かれたお花見では春野はるかの一言で朝日奈みらいリコ魔法使いと知り、仲間たちともに2人を取り囲んだ。

オールスターズメモリーズ
  • 謎の敵・ミデンによって仲間や歴代プリキュアとともに小さな子供にされてしまう。

3人目のプリキュアバレ流出事件まとめ

彼女はいわゆる追加キュアであり、それまで脇役一般人キャラであったいつきがプリキュアに選ばれるという展開は中盤の山場である。そもそも、追加戦士のプリキュアは敵キャラ・妖精といった加入までにプリキュアたちと強い因縁が描かれていた者たちばかりで、脇役一般人キャラからプリキュアへ昇格した追加戦士はいつきが初のケースであり、その後も8年後愛崎えみるが昇格した以外は1人も選ばれていない。

脇役一般人キャラからの昇格と言っても実際は企画段階からいつきがプリキュアになることは決まっていた。決してテコ入れでいつきをプリキュアにすることにしたわけではない。
しかし、あくまで序盤のいつきは「設定が濃い脇役の一人」として描くことが徹底されており、いつきがプリキュアに選ばれることを示唆する分かりやすい伏線描写はあえてなくしている。

だがしかし、本放送が始まったばかりの2月上旬頃、KYな東映関係者がキュアサンシャインのネタバレ画像(関係者が携帯の写メで撮ったものと思われるモザイクの掛かった玩具業者用の内部資料みたいなの)を某画像貼付け掲示板に投下した事により、一部の大友を中心に知れ渡ってしまい楽しみが台無しにされる事件が勃発してしまった。
この資料画像が致命的だったのはキュアサンシャインという戦士が追加されることだけでなく、その変身者の名前が「明堂院いつき」だと明記されていたことにある(モザイクが掛かっていても判別可能だった)。2月の時点ではいつきは本編では数多い脇役の一人以上に演出されていなかったため、逆にこのネタバレでファンから注目されるようになってしまった。本編で少しずついつきと主人公たちを近づけていき、因縁が深まったところで「あのボーイッシュな子がこんなかわいらしいツインテールのプリキュアに!」とサプライズ展開させる計画がすべて台無しである。
第10話放送後には一部の困った関係者がモザイクなしのキュアサンシャインが載ってる玩具カタログのキャプを流したおかげで、サンシャインの詳細な全身図が判明。以降pixivでもサンシャインの絵が次々に投下される事態が起こる。その為、ネタバレを嫌う方との騒動が起きたとかいう事も…

なお、前作のキュアパッション設定画も放映開始前にネット上に流出しており、さらにその時点で変身者の名前が「せつな」と判明していたので、多分今回で2度目の不祥事である。
しかも、今回はどういうわけか、ネット上のイリーガルなネタバレだけでなく、関係者からのポロリが相次いで収拾がつかなくなってしまった。下記にその実例をあげる。

 (監督の発言があるまでは「どうせコラ職人が作ったネタ画像だろ」と冷めた目で見てた人も多かったので完全に逆効果。また、「公式が違法バレを認定」と話題になって画像が拡散してしまった部分もある)
  • つぼみの中の人が自身のブログにハトプリの打ち入りで4人揃った写真をあげちゃった。
 (しかもタイトルがつぼみ&えりか&いつき&ゆり…もう笑うしかない)
  • マクドナルドがハッピーセットの告知でいつきの名前を書いてしまった。
 (すぐに修正されたが手遅れ)
  • 電撃オンラインのプライズフェアのレポでサンシャインの関連玩具の写真が載っていた。
 (これも後に削除されたが後の祭り)
  • ファッションセンターしまむらでまだ登場前なのに4人揃ったTシャツがフライングで売られていた。
 (釣られて買った親子続出)

などなど、バレ流出を逆手にとったような事態が連発。

そのため、「明堂院いつき」で検索する時にサンシャインの絵に出くわす確率が高くなっているけどもう公式発表が来たからいいや。

ひまわりは 天が下知る いつきかな

玩具販促色が強いアニメでは、玩具の卸や小売むけの解説資料が流出するのは昔から避けられないことではあるのだが、さすがに声優や監督からポロリが続出するのは異常事態である。
この翌年以降は、プリキュアシリーズの制作側は関係者からの情報管理を強化するようになり、ここまでひどい状況はなくなった。
現在でも玩具カタログ資料からの追加キュアネタバレは定番だが、この手の資料に追加キュアの外見や武器については書かれても、変身者の名前やストーリー上での展開については極力書かないようになった。
ついでに東映の依頼を受けたかどうかは定かではないが一部の絵師やコラ職人による嘘バレも毎年投下されるようになり(「和音版キュアビート」「キュアシンフォニー」など)、ネタバレで先の展開を知りたがってる層との熾烈な情報戦を生み出す事になるのである(のちの「2011年ビートミューズの乱」、「2013年エースの乱」、「2014年ハニーフォーチュンの乱」、「2015年スカーレットの乱」など。リンク先も参照)。

一方、制作側もこのような状況が毎年のように繰り返されていることを察してか、2016年キュアフェリーチェ以降は情報解禁を前倒ししており、登場・覚醒前から追加戦士の存在のみならず、その正体にまで言及するという、公式が積極的にネタバレしていると言われても過言ではない方向へシフトしつつある。

関連イラスト

いつきちゃん&キュアサンシャイン
これが…ぼく?


いつき制服
ブーゲンビレア



関連タグ


pixivに投稿された作品 pixivで「明堂院いつき」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8796526

コメント