ピクシブ百科事典

北斗の険

ほくとのけん

ゲーム「北斗の拳 世紀末救世主伝説」のチートバグ動画で、[[ニコニコ動画]]内で公開されていた。
目次[非表示]

概要

其の13から作者のPC故障によって長期にわたり中断されていたが、2017年に残念ながら全作品が削除され公開終了となった。

登場人物(登場順)

主人公で豊鶴灯託伝承者。の影響なのか常軌を逸した体形になっており常に体のどこかが回転していたり突然ホバー移動したり盛大にずっこけたりする。基本的に言動は原作通りだが唐突に「案内してくれ。死んでもらおう…」「この野郎ぶっ殺してやる!」等の暴言を吐いたりする。トヨの村の井戸で岩盤を割ろうとする際一度で割れず何度も岩盤を殴ってようやく割れるなどやや身体能力にも疑問がある。(なお岩盤を割って出てきたのは虹色の何かで、ケンシロウは「水を分けてもらって来よう…」と申し訳なさそうにしていた。)「俺だ。」と言う所を「女だ。」と言ったりジャギと対面した際には女声で再会を喜んでいたりと性別不詳疑惑がある。
「胸に七つの傷を持つ男」と呼ばれることがあるが、其の8では10以上の傷があることが判明、目撃したレイにドン引きされた。

  • ジード
凶悪な盗賊集団「串類」のボス。ケンシロウによって仲間を殺された後「居に七つの音を陵つ狼(胸に七つの傷を持つ男)」を探し出すためリンの村を襲撃し見つけたケンシロウに突如「一生何処へでもついていきます!」と恭順の意を見せたりしたが最後は北斗百裂拳を食らい絶命した(その際体が元の体形に戻った)。

  • バット
ケンシロウが入れられた牢屋で出会った少年。やはり頭部が異様に大きくなったりしている。
本人曰く「串、バットってんだ」らしい。何故かケンシロウの回想にも声だけで乱入し雰囲気をぶち壊しにした。また唐突に唸りはじめ何かを出したことも。ケンシロウが七色の何かを掘り当てた直後にバットの体も七色になってしまった。どうやら掘り当てた液体を飲んでしまったらしい。

  • リン
初登場時ケンシロウに異様に細い容器に入った水を渡したがケンシロウからは「無駄だ。」と言われてしまった。バットによれば喋れないらしいが説明された直後に「ケーン!」と喋ってしまいケンシロウとバットを慌てさせた。その後ケンシロウによって「喋れるようになるおまじない」を受け頭部がすさまじい回転した後喋れるようになった。(異様に低い声だったり断末魔の声が聞こえたりしたが)その後ケンシロウ達を追って一行に加わることとなる。(ケンシロウからは悪魔呼ばわりされたが)なお度々パンツが見えているが体形が奇形なので全く嬉しくない。

  • 長老
リンの村の長老。常に体が前後左右に揺れている。視聴者からはまろうじんの類だと解釈されている。

村に種モミ(羅モミだったり鉄モミだったり孔モミだったりする)を届けようとする老人。(人間?)ばかりが跳梁跋扈する世紀末において貴重な人の形をとどめた人間だが身体能力が異常になっていてヒャッハー達に追われながら唐突に加速して振り切ろうとしたり追い詰められて命乞いをしだしたかと思えば突如立ち上がりこっそり逃げ出したり果てはボウガンの矢が刺さり大量出血し致命傷を負ったかに見えたが平然と立ち上がり画面奥を超高速で走り回ったりするその姿はバットを戦慄させ視聴者からはやはりまろうじんの類だと認定された。

KING配下の一人。ミスミから種モミを奪おうとしたがケンシロウによって阻止され放ったボウガンの矢を「北斗「活きのいい獲物で殺りがいがありますね」」によって返され右目を失う。その後復讐として再びミスミを襲撃しボウガンの矢で致命傷を与えた…はずだったが相手がまろうじんだったためか平然と復活された上にケンシロウの怒りを買い「北斗「貴方は同じ事を繰り返すでしょう」」によって秘孔・頭維を40回近く繰り返し突かれ壁を突き抜ける3秒後に死ぬはずなのに28秒も生きるなどの異常行動の後に爆死する。

  • 守衛兵(女幼薬)
サザンクロスを巡回する守衛兵。バットからは女幼薬と呼ばれた。画面に映った途端体のパーツがバラバラに分解しながら飛んでいきバットから「ドジ踏みやがったな」となじられた。その後城の入り口のカギを開けるため守衛室に忍び込んだバットを発見した…かと思えば「なんだ俺の形は!!」と発言し自分の異様な体形に今更ながら気付いただけだったようだ。その後仲間と共にバットを追い詰めるが鍵が開いたことで入ってきたケンシロウによって全員一瞬で倒された上に何故か左足でグルグル回され床に何度も叩き付けられる結末を迎えた。ちなみに鍵のかかった入り口はバットが侵入している間にケンシロウによって破壊されていたようだがバットは律義に鍵を開けていた。

KING配下の一人。巨大な顔から手足が生えているという凄まじいインパクトの姿で視聴者の腹筋を破壊した。最期は北斗「この種モミはいただいていくぜ」を受けたことで不気味極まりない姿になり葬られるがケンシロウの頭も何故かハート様になってしまった。その後は亡霊になったのか声のみで度々登場している。

サザンクロスの主、KINGにしてケンシロウのライバルであり友人。ケンシロウからは「確変」と呼ばれたりする。凄まじいヘタレで奥義の名前が「南斗「俺はまだ死にたくねぇ!」だったり着地の際手を震わせていたり(ビビりあがったか、はたまたバランスを崩したのか…)バリアを欲しがったり北斗「なんかあなた不愉快だわ」(北斗十字斬)によって致命傷を負った後自らビルから身を投げ…られずヘタレ通しハート様の亡霊から「負け惜しみはそれぐらいにしなさぁい!」と何度も言われた挙句ビルの床側に飛びケンシロウから「ふざけやがってぇ!」と怒られたりした。最期はケンシロウによって生き埋めにされケンシロウに自分がいつ死ぬのか尋ねていた。(ケンシロウからはお前の命はあと1話と言われていたので話が終わった後に地中で死んだのだろう。)

南斗「俺はまだ死にたくねぇ!!」

一見、ただの南斗獄屠拳のようだが、実際は「すれ違いざまの一瞬に急降下して相手の一撃から逃げる(しかしなぜかケンシロウは出血した)」という、高度な技術を要するヘタレ技(「南斗腰抜奥義」)である。

ケンシロウの恋人であるが、ケンシロウとシンから名前を何度も間違えられる。ケンシロウは「ユ…」と言いかけてからわざわざドリアと訂正していたりするのでもしかするとわざと間違えているのかもしれない。体形はまともだが右腕と頭が唐突に回りだしたりとやはり異常。現金な性格のようでシンにサザンクロスをプレゼントされた途端あっさり「一生どこへでもついていきます!!」と彼になびきそうになってしまった。(その前に与えられた宝捜、ドレス…ジジイ!!では気を引けなかったらしいが)その直後原作通りのセリフに訂正しハート様にツッコミを入れられ空中浮遊の後城の高台から大回転しながら身を投げたらしい。

  • ユリア人形
シンが用意したユリアの偽物。突如割り込んできた長老の声によれば「その昔中国から伝わる」との事なので中国製と解釈される。人形の筈だがシンが最初にケンシロウに見せた際いつの間にかケンシロウの後ろに回り込んでいたり名前を間違えて呼びかけ続けるケンシロウに激昂して「この野郎ぶっ殺してやる!!」と叫びながら手を振り上げて向かって来たりシンの攻撃を何度も素早く避けたりと異常な高性能。

師父リュウケンの墓。…なのだがユリア人形同様シンの後ろにいつの間にか回り込んでいたり背景で回転し続けたりしている。

  • トヨ
バットの育ての親の老婆。タキのトヨが一人で村の枯れた井戸を掘っているとのセリフの後ナレーションの「羅漢仁王拳!」の声が入ったので羅漢仁王拳の使い手なのかもしれない。孤児や捨て子たちの面倒を見る優しさの一方でタキやバットに(ケンシロウが驚く程のスピードで)容赦ない攻撃をかけたりする一面も。ジャッカルたちの襲撃を受けどこかのスタンド使いのような色になった後絶命…するはずもなく「じゃが、わしはあきらめるわけにはいかんのじゃ」の一言と共に復活し視聴者から「まろうばあ」と認定された。

  • ジャッカル
バイク野盗軍団の首領。水を求めトヨの村を襲うがケンシロウが戻ってきたことで退散する。フォックスを見捨て囮にし逃げ切ったと思ったが直後アルパカのような姿のケンシロウに捕捉されバイク軍団を壊滅させられサザンクロスを一夜で落としたという男を援軍にしようとしたりと錯乱しながらデビルリバースを開放する。

  • フォックス
ジャッカルの右腕とされる男だったが立ち小便中にケンシロウの襲撃を受け、謎の電子音で援軍を呼ぼうとするがあっさりとジャッカルに見捨てられる。自棄になってケンシロウを倒そうとするがトヨに挑発され秘孔「深一(新一)」を突かれ(た事はないらしいが)ジャッカルの居場所を吐かせられた後吹き飛ばされ一度戻ってきた後壁に叩き付けられ処刑される。

過去七百人を殺し死刑執行されること13回の「おばちゃん!」。投獄されていたときはやたら小さい体だったが、日光を浴びたことでやっと元の巨体に戻れた。


バットの兄弟たちの面倒を見てくれる村のリーダーの女戦士。(なおその村はナレーションによれば「花が咲き、水も豊富にある天国の様な光景であった」との事だが実際には空はか い め つした色合いで花も建物も地面に沈んでいく有様で、とても天国とは呼べない代物であり、牙大王の、「よくもわしを、だましおったな~っ!!」という怒りの声が響いていた。)
ケンシロウとは初対面の筈だが何故かケンシロウには名前を知られていた。
何故か一人称が「男」だったり「我」だったりする。

ケンシロウ達がマミヤの村で出会った「調眠倒転様」の使い手。
やはりケンシロウとは初対面の筈だが何故か既にケンシロウには名前を知られていた(しかも何故か本当の名前はジャギだと思われていた。)
何故かケンシロウからは「貴様の南斗聖拳など、シンの足元にも及ばん」と度々罵倒されている。
リンをアイリと見間違える、何故か唐突に語尾に「~うな!!」や「~かに?」、「~山群狼拳」とつけて喋ってみだすなど、どこかボケた面が目立つ。

南 南 南 南 (南斗虎破龍)

レイが使用した横になりながら空中浮遊する無駄に大掛かりな技。
アミバが発見した新秘孔によるものらしい。)
ケンシロウに対して使用した際原作通り出血するのだが、「なに!?」と驚いていたことから、想定外の事態だったようだ。

  • 余裕三兄弟
マミヤの村の住人達だが、何故か常に踊っているように左右に飛び跳ねており、その際誰かの「な、何だ!?貴様らのその余裕は!?」という声が入ったため、某余分三兄弟に因んでこの名で呼ばれた。

  • アイリ
永く攫われていたレイの妹。顔は兄に瓜二つ、というより兄そのものと言った顔をしており、ケンシロウから「(兄妹だということが)よくわかる」と納得されたが、後にこの顔はヘルメットだったことが判明する。



関連イラスト

北斗の険に関するイラストを紹介してください。






関連タグ

ヒテッマン ヒテッマンリスペクト

外部リンク

現存する動画(転載)
其の1
其の2
其の3
其の4(第一章完)

pixivに投稿された作品 pixivで「北斗の険」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9881

コメント