ピクシブ百科事典

デビルリバース

でびるりばーす

悪魔の化身(デビルリバース)とは、武論尊・原哲夫の漫画『北斗の拳』に登場するキャラクター。
目次[非表示]

概要

CV:蟹江栄司(TVアニメ)、今村直樹(PS版)、稲田徹北斗無双)、茅野愛衣DD北斗の拳【第2期】)

多くの凶悪犯が投獄されていたという刑務所「ビレニィプリズン」に収容されている囚人。

その大きさは、顔だけで成人男性の身長を上回り、片手で人間を一掴みにする程で、おそらく『北斗の拳』全編の中で最も巨大なキャラクターである。
ただデカいだけのみならず、ケンシロウの蹴りを掴んで止めるなど非常に俊敏であり、後述する羅漢仁王拳を使いこなし風を操って相手を打ち滅ぼす。

過去700人を殺し、これまでに13回死刑を執行されたが尽く生き延びているという。最終的に懲役200年を宣告され、同刑務所の地下深くに閉じ込められていた。

その後、ケンシロウの逆襲から逃れるジャッカルの「最後の手段」として解放される。
過去に同じくビレニィプリズンに収容されたことがあるジャッカルは、その際にデビルから母(マザー)の肖像が入ったペンダントを密かに奪っており、そのペンダントをダシに自身が「生き別れの実の兄」だと嘘を吹きこみ、更にケンシロウを「弟を収容した張本人」にでっち上げる。ジャッカルの言葉に乗せられたデビルは怒りの矛先をケンシロウに向け、彼と対戦することになる。

その体躯の差もあり序盤はケンシロウを圧倒してみせるが、転龍呼吸法によって復活したケンシロウから奥義「北斗七死星点」を喰らい全身の肋骨を破壊され敗北。「兄」であるジャッカルを頼り彼を握り締めるが、ケンシロウによってジャッカルの持つ大量のダイナマイトに点火され、最期は「兄弟」共々爆死した。

片言な言葉遣いなどあまり知性を感じられない言動を見せるが、五千年の歴史を持ちながらその凄絶さ故に禁じ手とされている古代インドの殺人拳「羅漢仁王拳」を体得しているなど、その素性には謎が多い。前述のペンダントもジャッカルの懐に収まる程度のサイズであり、収容当初は人並みの大きさだったのかもしれない。

漫画『レイ外伝 蒼黒の餓狼』では、彼らしきキャラクターが一瞬だけ登場しており、某国の科学者たちが遺伝子操作で生み出した生命体という設定になっている。

東映版OPに登場する巨人はPSゲーム世紀末救世主伝説とイチゴ味第2巻では彼になっている。

余談

爆笑二次創作『真・世紀末死あたぁ伝説』ではケンシロウの弟弟子だったが、その巨体故に暗殺拳に合わないと破門される。破門後に羅漢仁王拳を会得し、ケンシロウと共に戦場で多大な戦果を挙げる。
1拳法家としてケンシロウと決着をつけることを望んでおりビレニィプリズンで拳を封じに来るのを待っていた。ケンシロウに倒された後は最後の力を振り絞ってジャッカルを道ずれにして息絶えた。

関連タグ

北斗の拳
悪役 悪魔 巨人 巨漢
ジャッカル

pixivに投稿された作品 pixivで「デビルリバース」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 28320

コメント