ピクシブ百科事典

ジャッカル(北斗の拳)

じゃっかる

ジャッカルは「北斗の拳」に登場する悪役。
目次[非表示]

「何もを襲う必要はねえ 要は象の肉を食えりゃいいんだ」

概要

CV:加藤正之(TVアニメ版)、大竹宏(1986年劇場版)、高塚正也(真・北斗無双)

バイク野盗軍団(アニメ版ではウォリアーズの名がある)の首領。
元は超凶悪犯のみを投獄した地底特別獄舎「ピレニィプリズン」脱獄囚だった。
原作ではKINGとは無縁の独立軍団のボスだったが、TVアニメ版ではKING配下の傭兵隊のリーダーである。
もっとも、KINGに忠誠を誓っている訳ではなく「神をも欺くことができる」と嘯くハイエナのような狡猾で卑劣な小悪党。「自分より強い人間とは戦わない」を信条とし、ケンシロウに不用意に絡んだ部下を「貴様らに俺の部下の資格はない」と吐き捨ててひねり殺した。

多量のダイナマイトを常に保持しており、体に巻きつけている。アニメ版ではダイナマイトを取り出して南斗爆殺拳!!」と叫んでいたが、ケンシロウに「火薬に頼って何が拳法だ」と言われている。また、手の甲に仕込んだ刃物を武器とし、人体を真っ二つにするくらいの腕前は持っている様子。

強敵や卑劣漢を問わず、とりあえず戦いには応じてくれた他の悪党とは違って、ケンシロウの強さを認めた上で直接相対することを全力で避け続け、その逃げに徹したスタイルはケンシロウをそれなりに手こずらせた。
確かに狡猾ではあるものの、それなりの戦略眼を備えていたとも言える。

活躍(悪行)

バットの生まれ故郷の村に水が出ると聞きつけ、ケンシロウが村を離れた隙に乗り込んだ。
村の子供たちを守っていたバットの育ての親・トヨばあさんが自分を銃撃した事に怒り、苦しんで死ぬようわざと急所を外してトヨばあさんを刃物で刺した。
銃声を聞いて駆けつけたケンシロウに対し、子供にダイナマイトを背負わせて逆方向に解き放つと言う卑劣な真似をしてケンシロウが子供たちを助けている隙にさっさと逃げ出した。

目的達成のためなら手段を選ばず、腹心のフォックスがケンシロウと遭遇する事を部下に告げられても「何を言ってるんだ? おれの右腕はここ(と言って右肩を指差す)にある」と吐き捨て、平然と捨て駒にした。
そのくせ、フォックスがケンシロウに殺され死体がビレニィプリズンに送りつけられると「なんでこの場所を喋った!」と身勝手な怒りを爆発させた。

怒りに燃えるケンシロウに次第に追い詰められていき、自分を殺してケンシロウに命乞いをしようとした部下をまとめて爆殺。
羅漢仁王拳を使う巨人デビルリバースを地下の収容所から解き放ち、自分が生き別れのだと言う猿芝居で騙してけしかけた。
しかしデビルリバースの羅漢仁王拳もケンシロウには通じず、秘孔を突かれ倒されてしまった。

最後は助けを求めて来たデビルリバースに掴まれて身動きが取れなくなり、ケンシロウに助けを乞うも「得意の芝居でもう一度説得してみるんだな」と吐き捨てられ、自身のダイナマイトでデビルリバース共々仲良く「あろ!」と言う絶叫と共に爆殺された。

余談

劇場版ではジャギの配下として登場するが、仮面の下の素顔を見て怯えたために激昂したジャギに殺害される。
DD北斗の拳では酔っ払いのモブとして登場。

モデルは映画「マッドマックス」のトーカッターで、アニメ版での彼の組織名の元ネタは、「マッドマックス2」の副題「The Road Warrior」。

関連項目

北斗の拳 悪党 下衆 デビルリバース

pixivに投稿された作品 pixivで「ジャッカル(北斗の拳)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1281

コメント