ピクシブ百科事典

フォックス(北斗の拳)

ふぉっくす

フォックスは、「北斗の拳」に登場する悪党

「こんな無抵抗の男を殺そうってのかい?」

概要

CV:戸谷公次、(1986年劇場版)青野武
盗賊団「ウォリアーズ」(原作では名称不明)の幹部で首領ジャッカルの右腕と称される男。
もっとも、ジャッカルを信頼している訳ではなく、あくまで生きて行く為に都合が良いのでお互いを利用し合っているだけの関係にすぎない。

長身で、眉を剃り落とし縦縞の刺青を額に入れている。チョンマゲのような変な髪型が特徴的。モブの村人曰く「なんて極悪な人相だ!」「悪者に違いねえ」とのこと。
跳頭地背拳という拳法の遣い手で、名前の由来のとおり死んだふりをして仰向けに倒れて敵を油断させ、背中のバネを使って跳び上がり相手を両手に装備した鎌で切り刻むのが得意。
極めて残忍な性格で、「人を殺した後は小便がしたくなる」と吐き捨てる程の殺人狂。

ジャッカル一味がバットの生まれの村を襲い、バットの育ての親トヨばあさんを殺した事に激怒したケンシロウにより追い詰められ、得意の跳頭地背拳で騙し討ちにしようとしたが背後に回られ何度も蹴りを入れられてしまった。
ジャッカルの居場所をケンシロウに尋ねられた際に拒もうとしたがすでに新一と言う秘孔を突かれていた為ジャッカルがビレニィプリズンに向かった事を白状してしまう。
その後改めてケンシロウに処刑を宣告され、逆上して体を反転させて襲いかかったが寝転がったままのケンシロウに死ぬほど顔面を蹴り飛ばされ、岩壁に叩きつけられて殺害された。
更に、見せしめの為にその死体をジャッカルに送り付けられた。

劇場版ではジャギの配下として登場。
ジャギの胸像を見せて村人に名前を言うよう強要し、答えた村人に鋸で他の村人の首を切らせ、拒絶したら即座に部下に撲殺させていた。
しかし、突如現れたレイに部下を全滅させられ、怒って攻撃を仕掛けようとしたところをケンシロウに止められパンチ一発で倒された。

真・世紀末死あたぁ伝説ではウォリアーズに助っ人としてとして潜り込んだケンシロウ配下のスパイ。彼がジャッカルを呼び出した所をケンシロウが抹殺する手筈だったがケンシロウとのやりとりをジャッカル達に見られて失敗した為ケンシロウに粛清された。コメントでは世紀末コロ助という渾名を付けられていた。

DD北斗の拳では、本編には登場しないものの、EDの映像に登場。
跳頭地背拳を披露している。

コメント