ピクシブ百科事典

羅漢仁王拳

らかんにおうけん

「北斗の拳」に登場する架空の拳法流派の一つ。
目次[非表示]

概要

 『北斗の拳』に登場する架空の拳法
 遥か古代にインド奥地で成立した殺人拳で、その破壊力は無限大だという! …のだがその割にはケンシロウには大して効いていなかったような気もする。その歴史は5000年と人類史最古レベルであり、北斗神拳(2000年前に成立)よりも古い。
 その名の通り金剛力士像のような構えを取るのが特徴で、余りの残忍さゆえに時の皇帝から使用を禁止されていたという。

使用者

デビルリバース(悪魔の化身)

 ビレニィプリズンに収監されていた最強の囚人で、北斗ワールド一の巨体を有する。ジャッカルが言う通り、この巨体をもってしても難しい700人殺しを行えたのも、デビルがこの羅漢仁王拳を会得していたからである。
 その巨体は動いただけで爆風を起こし、ケンシロウを(多少)苦しめたが、北斗神拳の前には敗れ去った。

関連項目

北斗の拳

北斗神拳 北斗琉拳 南斗聖拳 元斗皇拳

pixivに投稿された作品 pixivで「羅漢仁王拳」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 46

コメント