ピクシブ百科事典

ヒテッマンリスペクト

ひてっまんりすぺくと

「ヒテッマンリスペクト」とは、引退した『ヒテッマン』によって形作られた世界に魅了された人々による三次創作作品に付けられるタグである。
目次[非表示]

「ヒテッマンリスペクト」とは

引退したヒテッマンによって形作られた世界に魅了された人々による作品、また影響されている人を示すタグ。
あの人はもう思い出だけど、君を遠くで見つめている…はず。
ピクシブではニコニコ動画内の同タグが付けられた動画で起きた状況の再現を中心にヒテッマンワールドの世界・住民を描いた作品が多い。

怒コプター
にしコン2014
5分でまろうじん



おもな登場人物

まろうじん

<「やっほ^^」

  • まろうじん
    • 歩く死亡フラグ。
    • ヒテッマン氏が『RPGツクール2』プレイ時に作成した異常に強い敵キャラ。こちらの攻撃をものともしない回避力と防御力を持ち、常識外れの大ダメージでパーティメンバーを次々葬ってゆく。そのあまりのインパクト故か、ヒテッマンワールドにおいては悪の権化のような扱いを受けている。
    • なお項目の「やっほ^^」の台詞、語尾の記号は初出時はハートマーク。

はまだ


  • はまだ
    • SFC『ファイアーエムブレム 紋章の謎』に登場する一般兵。「わしはまだ 死にたくないのだ」という会話がちょうどいいタイミングで途切れたことにより、こう呼ばれるように。
    • 「わかっているのか、おい!」と問われて「はあ…。」と返すのがお約束になっている。
    • ジョルジュ隊長に対して「ジュルジュよ※」といきなり呼び捨てにしている。
テキストバグではなく、SFC版における誤字で、発言者はアストリア。リメイク作のDS版でも修正されずそのまま使用されている。

急に鏡まんが描きたくなった。


  • 鏡まん
    • 『ときめきメモリアル』の登場人物「鏡 魅羅」がバグって誕生した。
    • ゲームセンターでのデート中に「こんな子供の遊びには興味ないわほー」と発言しながらも楽しんでいることから、おちゃめな人なのかも。

おざきMAKERを つかってみる。


  • 尾崎先生
    • 『ジャンボ尾崎のホールインワン・プロフェッショナル』でアドバイスをくれる人。プロゴルファー尾崎将司選手に似ているが、気のせいだろう。
    • 代名詞である『000000000000000000』をはじめ、『はつよめに』『もうめんどうみきれよう』等、様々な迷言を残した。

辻先生


  • 辻先生
    • 『しゃべる!DSお料理ナビ』で、調理手順を教えてくれる先生。
    • しかし、いざ調理開始となると、急に声が裏返ったり、逆にダミ声になったりで聞き取りづらいこともあれば、ケタ外れの分量や、逆に992分の991(=ほぼ1)という超精密な分量を要求するという無茶ぶりを何食わぬ顔でしてくるのだ。
    • ある時は、調理中にも関わらず(うわ。 な行動をとったりする。
    • またある時は「オイシイオイシイ」を繰り返していくうちに↓
☝( ゚ω。)<オイシイウメシュオイシイウメシュオイシ・・・オ゛オ゛オ゛オ゛オ゛オ゛エ゛エ゛エ゛エ゛エ゛エ゛エ゛エ゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛・・・・・
    • お菓子(い)作り専門として、新たに『南凉子』というキャラクターが登場したが、こちらはこちらでさらにカオスなことになっている。

2012年日本代表メンバー 2


  • きれぼしJAPAN
    • ヒテッマン氏が『ワールドサッカーウイニングイレブン5 ファイナルエヴォリューション』にて制作、結成した架空のサッカー日本代表チーム。
    • メンバーそれぞれが独特の容姿とネーミングを有している。

たるおとまろうこん



にしコン2016


  • きれいなプニキ
    • 2016年夏に開催された「にしきがおコンテスト2016」の優勝作品。
    • プニキの名の通り、元はあの黄色い熊である。
    • その耽美な顔つきは視聴者達のたちまちか い め つさせるほどの破壊力を発揮。
    • そしてウィンドウに表示された「お別れを言いに来たの?」という台詞が界隈の今後を暗示させる・・・。
    • 余談だが、このきれいなプニキ以外にも決勝に残ったにしきがおがあるが、こちらもいろんな意味でヤバいものとなっている。

2016にしきがおコンテスト三銃士






用語集

イルーム音楽


  • イルーム音楽
    • ヒテッマンワールドで流行している、音程・歌詞などが歪められた音楽の総称。《鏡まん》いわく、「脳が腐りそうよ(褒め言葉)」とのこと。
    • 「イルームフェスティバル」(通称:イルフェス)なるイルーム音楽の祭典があるらしい。
    • 異常に尻上がり・尻下がりな音程になると「ハットリくん現象」、異常にテンポが速くなると「~~エンツ」など、イルーム音楽にもいくつかの種類がある。

  • きれぼし脳
    • チートバグの愛好家、チートバグ動画の愛好家を指す。
    • 元はSFC『ドラゴンクエスト3』での台詞。なお、「きれぼし」はバグが発生した場面でヒテッマン氏が動画で使用していた主人公の名前。
    • さらに言うと「きれぼし」は「ばしゃときゅう」+「ながれぼし!」のメッセージのミックスから生まれた「ばしゃときれぼし!」から来ている。
    • 動画で用語コメントが出ると「きれぼし脳 いたね?」と返しがつく。

  • にしきがお
    • ヒテッマンワールドで流行している、バグった顔の総称。
    • FC『キャプテン翼』で発生した現象で、元は対戦相手「にしきがおか」の表記が欠けたもの。

  • あじゃどう
    • 主に感謝の意味を表す言葉。
    • 元々はSFC『ファイナルファンタジー6』でモグが発したメッセージであり、コソどろ一びきオオカミともみあって崖から落ちそうな所を助けてもらった際の台詞…がバグったもの。

  • トレーシー現象
    • 操作キャラが勝手に動いてしまう現象を指す。
    • 『MOTHER2』において主人公の妹・トレーシーに話しかけた時によく発生していたことで名づけられた。この現象が発生すると以下のコメントが表示されることが多い。
    • 「どこいくねーん」
    • 「帰ってゲームするぜ!」
    • 「あっ 逃げないでくださいよ」「あ、逃げるんだ!」

  • 落雷フリーズ
    • FC『獣王記』で発生したバグ。本来このゲームは「主人公が落雷で目覚める」という演出でスタートするのだが、あろうことかその落雷と同時にゲームがフリーズしてしまった。
    • 獣王記に限らず、ゲーム中に落雷表現があると「獣王記やりまーす」というコメントが表示されることがある。

  • あれ、テイデンかミ
    • 『星霊狩り』プロローグでのテキストバグ。カタカナの「ミ」が定位置に隠れており、台詞に上書きされてしまった。「じゃミ言語」の一種。
    • 画面が突如真っ暗になったりすることでコメントされる。
    • 語尾に「?」を付けないのが正しいが、コメントやタイトルでは「?」を付けて使用されることが多い。
    • 同ゲームでは主人公の叫びが変化した「フワーッ!」も出ている。

  • かいめつ
    • グラフィックが壊滅状態となること。『星のカービィ 夢の泉の物語』の絵かき歌でカービィの顔が"あっというまに"にしきがおになってしまった時が元ネタ。
    • 絵かき歌の「まるかいて おまがふた」の部分が表示されたと思われる。
    • また、人体や顔がグラフィック崩壊することで「グろし!」とコメントする視聴者もいる。
    • 亜種として「;か;い;る;い;お;ま;め;;」なるものも存在する。

  • ちんもくかい
    • FC『ファイナルファンタジー3』において登場した謎のメッセージ。
    • 文字通り「沈黙した人たちの集まり」として捉えられており、BGMやテキストが流れなくなって場の雰囲気が気まずい状態を表す。

  • (うわ。
    • いわゆる下ネタや、それを連想させる卑猥なテキストバグやグラフィックが表示されたりすると多くコメントされる。
    • 元ネタは「バグめきメモリアル(バグ+ときめきメモリアル 通称『バグメモ』)」の好雄の台詞である。
    • 「女の子のことなら任せておけって(うわ。
    • R-18に相当していない使用法としては、男性キャラなのに色っぽい女性のセリフを発する三輪長官などが挙げられる。
    • 類似する用語に、同じくときメモシリーズ発祥の「やめてね。」がある。なお、こちらはバグ用語ではない。

  • BAS
    • Bug Assisted Speedrun」の略称。
    • バグによって何もしなくても勝手にステージクリアしてしまうこと。例として、移動したり特定のアイテムを獲得するなどがある。
    • しかし、大抵の場合はそびえ立つ高すぎる壁や、条件を満たさずに進もうとして詰まったり、フリーズして進めなくなる場合が多い、失敗フラグの一種。
    • 1ステージがBASったことで慢心していると、次ステージで突如進めなくなって、以下のコメントが表示される。
    • 「あっ」
    • 「つみです」「でなおしてまいれ」(FC『谷川浩司の将棋指南2』での対戦相手の台詞が元)
    • 「おめぇはよぉ!考えが甘いんだよ!」

  • KGB
    • 「きをつけな だんなのうごきは KGBによまれてるぜ」
    • キャラクターが上から下に移動し、また上から現れるといった動作を繰り返すことを言う。上下でなくとも、画面外に出てループするような動きであればこう呼ばれる。
    • 元はFC『ゴルゴ13』でのモブの台詞。
    • KGBとは旧ソ連の国家保安組織であり、本来は「カーゲーベー」という読み方が正しい。

  • ドラャーミサイル
    • ドラャーミサイル発射!
    • 第4次スーパーロボット大戦』でのテキストバグ。三輪長官が搭乗するレストグランシュの武器である「ランチャーミサイル」と、同機の最強武器である「ドライバーキャノン」が合体してできた武器である。
    • 肝心の威力はというと、非常に強力なのだが、強力すぎる故に攻撃を受けた相手は「ちんもくかい」状態となる。
    • 「ドライーミサイル」なる武器もあるが、効果は同じである。
    • スパロボのチートバグは少ないのだが、チートバグとして紹介されるとこのコメントが表示されることが多い。

  • ありがとうございましたしんでしまった!
    • ドラゴンクエスト3』でのテキストバグ。敵にやられてしまった際に出るメッセージ「しんでしまった」に、なぜか「ありがとうございました」とついてしまった。ドMかミ
    • ヒテッマンリスペクト動画シリーズで、主に終わりの挨拶に使用されることが多い。
    • その他の終わりの挨拶として
    • 「おいら ゴマちゃん ありがと!」
    • ΩND
    • 「アア、オワッタ・・・・・・・・!」 など。

  • 滅びよ★
    • 悪魔城ドラキュラ』シリーズの月下の夜想曲で(製作者nut氏 シリーズ名バグ魔城ドラキュラ)でリヒター・ベルモンドが発言したセリフのテキストバグ。★ 長く苦しい戦いの末、ドラキュラ伯爵と対峙したリヒター・ベルモンド。その第一声が 「滅びよ★」であった。ノリが軽すぎてシリアスシーンが台無しとなった瞬間である★ このノリが軽すぎるセリフに面食らったドラキュラ伯爵は絶句、さらにTake2でも同じセリフを発したり、彼の登場する回のセリフでは必ず”★”が付いているのでかなり気に入っているのだろう。★
    • 余談だが、シリーズ最初のセリフで視聴者の腹筋に大ハマリしたためか、バグ流行語大賞2016に輝き、2017年wikiTOPに掲載されることになった★ さらに2位「ズーフ」、3位「待ちかねた★★★」と合わせてバグ魔城がトップ3独占となっている★ 3位の待ちかねた★★★に付いては下記を参照。★ そして滅びよ!★

  • 待ちかねた★★★
    • 上記同様、『バグ魔城ドラキュラ』でリヒター・ベルモンドが発言したセリフのテキストバグ。★上記の 滅びよ★ ですっかり"★"のイメージが定着したリヒター・ベルモンドが主人公のアルカードと対峙した時の第一声でいきなり 「待ちかねた★★★」 と前回よりも更に"★"が増えている。久々の出番でテンションが上がってしまったのだろうか…★ さらにアルカードにも語尾が伝染し「後は俺がやる。★★」などと言い出してしまう始末。★ 又、アルカードによって正気に戻っても「俺としたことが…。 くそッ、なんてことだ★」 などと言っていたため、生来の癖だと思われる。★★
    • ニコニコ動画では、動画投稿を待ちわびる視聴者達が、あいさつコメントに使うようになった。★又、後に投稿された、「うちのリヒターの様子がおかしい」では、「待ちかねた★★★★★★★★★★★」とさらに悪化していた。★★★


その他

ここでは人物とも用語とも言い難い、しかし印象的なチートバグによる産物を紹介する。

にしコン2014


    • ニコニコ生放送にて行われた「にしきがおコンテスト2014」で投稿された作品(上記中央のイラスト)。

怒コプター


  • ランボー怒りのヘリコプター
    • FC「ランボー」におけるバグ。
    • イラストのように、ヘリコプターの左半分が『』になっている。そのため、テキストで表すと『怒ァ』である。
    • 「怒」が後ろに来る逆のバージョンもあり、この時「C怒」とコメントされている。

関連タグ

ヒテッマン

外部リンク

「リボーの族長が勝手にやったことだ…」
「やはりそうでしたか!」
ニコニコ動画の記事
ヒテッマンリスペクトwiki

pixivに投稿された作品 pixivで「ヒテッマンリスペクト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 459234

コメント